を選択し、使用したいフォーマットを選択します。 ヘッダーやリストを追加したり、太字、イタリック、下線のスタイルを適用したりすることができます。

  • を選択して、メッセージにリンクを挿入し、[リンク アドレス] フィールドに URL をコピーして貼り付け、メッセージに表示するリンク テキストを入力し、[追加] をクリックします。

フォーマットを管理したい場合、 をクリックし、[Markdown を有効にする] をオンにします。 同じメッセージ内で、書式設定するすべての方法を使用することはできません。 任意のリッチ テキスト書式を適用し、ほかのスペースまたはアプリケーションからテキストを貼り付けた後でマークダウンに切り替えた場合、それらのスタイルを失います。


 

他のスペースまたはアプリケーションからテキストをコピー アンド ペーストすることもできます。 これを行うときに、元のテキスト書式が Webex で使用可能なリッチ テキスト スタイルに変換できます。 その後、元のテキストに Webex で使用可能でないスタイルを含む場合、書式設定が正確に一致しない場合があります。

を選択し、使用したいフォーマットを選択します。 ヘッダーを追加したり、太字、イタリック、下線のスタイルを適用したりすることができます。

  • を選択して、メッセージにリンクを挿入し、[リンク アドレス] フィールドに URL をコピーして貼り付け、メッセージに表示するリンク テキストを入力し、[追加] をクリックします。

フォーマットを管理したい場合、 をクリックし、[Markdown を有効にする] をオンにします。 同じメッセージ内で、書式設定するすべての方法を使用することはできません。 任意のリッチ テキスト書式を適用し、ほかのスペースまたはアプリケーションからテキストを貼り付けた後でマークダウンに切り替えた場合、それらのスタイルを失います。


 

他のスペースまたはアプリケーションからテキストをコピー アンド ペーストすることもできます。 これを行うときに、元のテキスト書式が Webex で使用可能なリッチ テキスト スタイルに変換できます。 その後、元のテキストに Webex で使用可能でないスタイルを含む場合、書式設定が正確に一致しない場合があります。

メッセージは、ライトなマークアップ言語である Markdown でフォーマットできます。 メッセージ エリアの [マークダウン] をクリックして、使用できる形式と使用する必要がある特殊文字のリストを表示します。