Webex のボット

ボットは、Webex の機能を拡張してサードパーティのアプリを包含するのに役立ちます。Webex スペースにボットを追加し、スペースからサードパーティのアプリと直接対話できます。 ボットをスペースに追加すると、ヘルプ メッセージをボットに送信することができ、応答にはボットがサポートするコマンドが含まれます。

任意のタイプのスペースにボットを追加することができます。 他のユーザーとプロジェクトスペースにボットを追加し、スペースのサードパーティのアプリと直接対話することができます。 または、自分とボットのスペースを作成して、サードパーティのアプリと対話できるようにすることもできます。

Cisco Webex App Hub には、Cisco およびサードパーティの開発者によって開発されたボットとアプリのカタログがあります。

Confluence Cloud ボットをスペースに追加する

スケジューリングを始める前に

チームの Confluence Cloud アカウントの管理者権限が必要です。

1

スペースで、[ユーザ] をクリックし、[ユーザの追加] をクリックします。

2

Confluence Cloud ボットの名前「confluencecloud.bot@webex.bot」を入力し、Enter キーを押します。

ボットは次のような確認メッセージを送信します。
3

[Confluence アカウントをリンクする] をクリックします。

4

次の情報を入力します。

  • 接続ラベル:接続に使用する自分の名前です。
  • メール:Confluence にサインインするために使用するメールアドレスです。
  • API トークン:https://id.atlassian.com/manage/api-tokens で作成できます。
  • ドメイン:Confluence にサインインするドメインです。たとえば、 https://workspace.atlassian.net).

Webex は接続に成功したことを通知します。

Confluence 通知を管理する

スケジューリングを始める前に

チームの Confluence Cloud アカウントの管理者権限が必要です。

1

ボットが追加されたスペースで、[ヘルプ] を入力し、Enter キーを押します。

2

[通知の管理] をクリックします。 ボットは、Web ブラウザで開くためのリンクを送り返します。

3

リンクをクリックすると、自分とボットの両方がメンバーになっているすべてのスペースのリストが開きます。

4

スペースの通知を作成するには、そのスペースの下で [新しい通知の追加] をクリックし、通知の名前を入力してフィルタを追加し、[保存] をクリックします。

スペースから Confluence ページを検索する

1

ボットが追加されたスペースで、[ヘルプ] を入力し、Enter キーを押します。

2

ボタンをクリックすると、過去に操作または表示したページが表示されます。 たとえば、[自分が作成] をクリックすると、自分が作成したページの一覧が表示されます。

3

Web ブラウザで開くページをクリックします。