Microsoft AppSource から Webex スケジューラをインストールする

アプリは自動的に最新バージョンのアドインに更新されるので、Webex サイト管理者は Microsoft AppSource から Webex スケジューラをインストールし、展開することを推奨します。

Microsoft 365 管理者および Microsoft Exchange オンプレミス管理者は、Microsoft AppSource から Webex スケジューラをインストールして展開することができます。

1

Microsoft AppSource に移動します。

2

Cisco Webex Meetings スケジューラ アプリを検索する。

3

[今すぐ取得] を選択して画面上の手順に従います。

ローカルのマニフェスト ファイルから Webex スケジューラをインストールします

Microsoft AppSource にアクセスできない場合、ローカルのマニフェスト ファイルから Webex スケジューラをダウンロードして展開することもできます。 しかし、ローカルのマニフェスト ファイルからインストールしたスケジューラの展開は静的です。 今後スケジューラを更新する際は、マニフェスト ファイルから Webex スケジューラを再インストールして再展開する必要があります。

1

Microsoft 365 管理者ポータルにログインします。

2

[設定] > [アプリの統合] に移動し、[カスタムアプリのアップロード] > [マニフェストファイルのリンクを指定] を選択します。

3

https://meetings-api.webex.com/wbxaddin/normal/manifest_official.xmlを入力し、[検証] をクリックします。


 

URL を入力する際には、https 拡張子を含む必要があります。

4

ユーザー割り当ておよび展開方法を選択し、[展開] を 選択します


 

[展開] を選択Google 版 Cisco Webex Meetings指定されたユーザーが Outlook アプリを開いてミーティングをスケジュールすると、アドイン が利用できます。

1

Exchange 管理センターにサインインします。

2

[組織] > [アドイン] に移動し、[+] > [URLから追加] を選択します。


 

Exchange 2013 または 2016 を使用している場合、[ファイルから追加] を選択します。

3

Exchange の環境に応じて以下を行います。

  • Exchange 2019https://meetings-api.webex.com/wbxaddin/normal/manifest_official.xml を入力し、[インストール] をクリックします。
  • Exchange 2013 または Exchange 2016 —Exchange 2013 または Exchange 2016 を使用している場合、https://meetings-api.webex.com/wbxaddin/normal/manifest_official.xml に移動し、ページを右クリックし、[名前を付けて保存] を選択して、リンクを XML ドキュメントとしてダウンロードし、ファイルをアップロードし、[インストール] をクリックします。