参加者をミュートまたはミュート解除する

デバイスの音声をミーティングに接続したら、[ミュート] をタップして自分をミュートにします。 自分でミュート解除するにはマイクアイコンをタップしてください。


デバイスが VoIP を使用して接続されている場合、デバイスのロック画面から自分をミュートすることができます。

特定の参加者をミュートにするには、[参加者] をタップし、その参加者のエントリをタップして、[ミュート] をタップします。 再びアイコンをタップして参加者のミュートを解除します。

すべての参加者をミュートするには、[参加者] > [ミュート] > [全員をミュート]をタップします。 すべての参加者をミュート解除するには、[参加者] > [ミュート] > [すべてのミュートを解除]をタップします。


ミーティングの主催者だけが他の参加者をミュートまたはミュート解除することができます。

音声接続オプションを変更する

[音声接続のオプション] メニューをタップして、次のいずれかを選択します。

  • Wi-fi 接続を使用していない場合、3G または4G データ プランを使用するため音声にインターネットを使用します。 Webex 音声または VoIP のみを使用している音声会議に参加する場合は、広帯域音声を使用します。


    広帯域音声を持たない参加者が広帯域音声を使用しているミーティングに参加すると、すべての参加者の音声の品質が低下します。 Webex Meetings はダウングレードする前に警告メッセージを表示しません。

  • [コールバック] を使用してあなたの電話番号を入力します。


    アプリの設定で自動コールバックを有効にしている場合は、自動的に通話を受信します。

  • コールインを使用して、表示されるコールイン番号を入力します。 [国際コールイン番号] をタップして他の国のコールイン番号一覧を表示します。

  • 音声を切断して通話を聞きます。

ビデオ接続オプションを変更する

ミーティング中にデバイスの前面または背面のカメラを使用するには、[ビデオ接続オプション] メニューをタップして選択します。

ビデオの背景を変更する

ミーティングの参加者が集中することができるように、ミーティング中に背景をぼかすか、仮想のバックグラウンドを設定することができます。 バックグラウンドを変更すると、周辺も変更されます。

ミーティング中に [ビデオ] をタップし、[仮想背景] をタップします。 選択:

  • ピントを合わせながら周囲をぼかします。

  • デバイスのギャラリーから仮想背景を追加します。

  • アプリによって提供されるデフォルトの仮想バックグラウンドの 1 つを使用します。

ビデオを再び送信する準備ができたら、[適用] をタップします。


仮想バックグラウンドとバックグラウンドのぼかしをサポートするため、iOS デバイスには A9 プロセッサ以上が必要です。

チャット メッセージの送信

プライベートなチャット メッセージを送信するには、[参加者] をタップし、メッセージの受信者をタップします。 [チャット] をタップしてメッセージを入力したら、[送信] をタップします。

すべての参加者にメッセージを送信するには、[参加者] をタップし、[チャット] をタップします。 メッセージを入力して [送信] をタップします。

[キャンセル] をタップしてチャットウィンドウを閉じます。

参加者の役割の変更

ミーティングで他のユーザーの役割を変更するには、 [参加者] をタップし、役割を変更する参加者をタップします。 次に、[プレゼンターにする] または [主催者にする] をタップします。


ミーティングのスケジュール時に [誰でも共有可能] を有効にすると、参加者はいつでもコンテンツを共有することができます。 ミーティング中にこのオプションを無効にすることはできません。

参加者の表示された名前の変更

主催者として、コールイン ユーザーの表示名を変更することができます。 [参加者] をタップし、名前を変更する参加者をタップします。 [名前の変更] をタップして、適切に識別するために名前を編集します。


参加者の名前を変更すると、ミーティングのすべての参加者に対して変更が反映されます。

出席者をさらに招待

[参加者] をタップし、[招待] をタップします。 招待する出席者のメール アドレスを入力するか、 [連絡先] をタップして、デバイスの連絡先から出席者を追加することができます。 完了したら [送信] をタップします。

コンテンツの共有と表示

iOS デバイスからミーティング中にコンテンツを共有する方法の詳細については、 iOS デバイスで Webex ミーティング中にコンテンツを共有して注釈を付けるを参照してください。

ミーティングを録画する

録画を開始するには、[詳細] をタップし、[録画] をタップします。 録画中に [詳細] > 一時停止 をタップし録画を一時停止して、[詳細] > 再開 記録を続行します。

録画を終了したら、[詳細] > [停止] をタップして、録画を終了します。 ミーティング終了後、録画にアクセスするための情報が記載されたメールを受信します。

簡易モードを有効または無効にする

簡易モードでは、ミーティングの音声部分に接続したままで、ビデオを送受信することができません。 この方法により、ミーティング中にデバイスのバッテリー残量を節約し、注意する部分を減らすことができます。

ミーティングの音声会議に接続しながら、[詳細] > [簡易モード]をタップします。 簡易モードを無効にするには、[戻る] をタップするか、右にスワイプします。


ミュート中に簡易モードを有効にすると、ミュート状態が維持されます。

People Insights の使用

モバイル デバイスでの People Insights の使用に関する詳細については、次のリンクを参照してください。

パーソナル会議室をロックまたはロック解除する

あなたがパーソナル会議室にいない場合には参加できません。 パーソナル会議室に入ると、誰が参加できるかを管理することができます。

パーソナル会議室をロックするには、[詳細] > [会議室をロック]をタップします。 ロックされたパーソナル会議室をロック解除するには、[詳細] > 会議室をロック解除をタップします。


パーソナル会議室のロック時に参加者がロビーに入ると、[参加者] の上に赤のインジケーターが表示されます。

パーソナル会議室のロビーを管理する

パーソナル会議室のロビーで待機している出席者を確認するには、[参加者] をタップします。 参加者をタップして許可し、[許可] をタップしてミーティングに参加することを防止するため、参加または削除できるようにします。

ミーティングから退出または終了

ミーティングの主催者ではない場合は、 [ミーティングを終了] をタップし、[ミーティングから退出] をタップします。 ミーティングの主催者の場合、[ミーティングを終了] をタップして、[ミーティングを終了] をタップして、ミーティングを完全に終了することができます。


あなたがミーティングの主催者で、ミーティングを退席したいがミーティング自体は継続させたい場合は、別の参加者の主催者権限を割り当ててください。

参加者をミュートまたはミュート解除する

デバイスの音声をミーティングに接続したら、[ミュート] をタップして自分をミュートにします。 自分でミュート解除するにはマイクアイコンをタップしてください。


デバイスが VoIP を使用して接続されている場合、デバイスのロック画面から自分をミュートすることができます。

特定の参加者をミュートにするには、[参加者] をタップし、その参加者のエントリをタップして、[ミュート] をタップします。 再びアイコンをタップして参加者のミュートを解除します。

すべての参加者をミュートするには、[参加者] > [ミュート] > [全員をミュート]をタップします。 すべての参加者をミュート解除するには、[参加者] > [ミュート] > すべてのミュートを解除をタップします。


ミーティングの主催者だけが他の参加者をミュートまたはミュート解除することができます。

音声接続オプションを変更する

[音声接続のオプション] メニューをタップして、次のいずれかを選択します。

  • Wi-fi 接続を使用していない場合、3G または4G データ プランを使用するため音声にインターネットを使用します。 Webex 音声または VoIP のみを使用している音声会議に参加する場合は、広帯域音声を使用します。


    広帯域音声を持たない参加者が広帯域音声を使用しているミーティングに参加すると、すべての参加者の音声の品質が低下します。 Webex Meetings はダウングレードする前に警告メッセージを表示しません。

  • [コールバック] を使用してあなたの電話番号を入力します。


    アプリの設定で自動コールバックを有効にしている場合は、自動的に通話を受信します。

  • コールインを使用して、表示されるコールイン番号を入力します。 [国際コールイン番号] をタップして他の国のコールイン番号一覧を表示します。

  • 音声を切断して通話を聞きます。

ビデオ接続オプションを変更する

ビデオ プレビューにある [カメラの切り替え] をタップして、デバイスの背面と前面のカメラを切り替えます。

チャット メッセージの送信

プライベートなチャット メッセージを送信するには、[参加者] をタップし、メッセージの受信者をタップします。 [チャット] をタップしてメッセージを入力したら、[送信] をタップします。

すべての参加者にメッセージを送信するには、[参加者] > チャット > 全員とチャットをタップします。 メッセージを入力して [送信] を選択します。

[キャンセル] をタップしてチャットウィンドウを閉じます。

参加者の役割の変更

ミーティングで他のユーザーの役割を変更するには、 [参加者] をタップし、役割を変更する参加者を押し続けます。 次に、[プレゼンターにする] または [主催者にする] をタップします。


ミーティングのスケジュール時に [誰でも共有可能] を有効にすると、参加者はいつでもコンテンツを共有することができます。 ミーティング中にこのオプションを無効にすることはできません。

参加者の表示された名前の変更

主催者として、コールイン ユーザーの表示名を変更することができます。 [参加者] をタップし、名前を変更する参加者を押し続けます。 [名前の変更] をタップして、適切に識別するために名前を編集します。


参加者の名前を変更すると、ミーティングのすべての参加者に対して変更が反映されます。

出席者をさらに招待

[参加者] をタップし、[招待] をタップします。 [メールで招待] をタップして、招待する出席者のメール アドレスを入力するか、[招待者の選択] をタップして、デバイスの連絡先から出席者を追加します。 終了したら、[完了] をタップします。

コンテンツの共有と表示

Android デバイスからミーティング中にコンテンツを共有する方法の詳細については、 Android デバイスで Webex ミーティング中にコンテンツを共有して注釈を付けるを参照してください。

ミーティングを録画する

録画を開始するには、[詳細] をタップし、[録画] をタップします。 録画中に [詳細] > 一時停止 をタップし録画を一時停止して、[詳細] > 再開 記録を続行します。

録画を終了したら、[詳細] > [停止] をタップして、録画を終了します。 ミーティング終了後、録画にアクセスするための情報が記載されたメールを受信します。

簡易モードを有効または無効にする

簡易モードでは、ミーティングの音声部分に接続したままで、ビデオを送受信することができません。 この方法により、ミーティング中にデバイスのバッテリー残量を節約し、注意する部分を減らすことができます。

デバイスの移動が毎時間 25 マイルより速いことを検出した場合に、自動的にシンプル モードを有効にすることもできます。 たとえば、ユーザーがミーティング中に運転している場合、アプリ はデバイスの移動を検出し、簡易モードを有効にします。 この機能は、[詳細] > [設定] > [一般] > [自動モーション検出]に移動することで、で有効または無効にすることができます。

ミーティングの音声会議に接続しながら、[詳細] > [簡易モード]をタップします。 簡易モードを無効にするには、[戻る] をタップするか、右にスワイプします。


ミュート中に簡易モードを有効にすると、ミュート状態が維持されます。

People Insights の使用

モバイル デバイスでの People Insights の使用に関する詳細については、次のリンクを参照してください。

パーソナル会議室をロックまたはロック解除する

あなたがパーソナル会議室にいない場合には参加できません。 パーソナル会議室に入ると、誰が参加できるかを管理することができます。

パーソナル会議室をロックするには、[詳細] > [会議室をロック]をタップします。 ロックされたパーソナル会議室をロック解除するには、[詳細] > 会議室をロック解除をタップします。


パーソナル会議室のロック時に参加者がロビーに入ると、[参加者] の上に赤のインジケーターが表示されます。

パーソナル会議室のロビーを管理する

パーソナル会議室のロビーで待機している出席者を確認するには、[参加者] をタップします。 参加者をタップして許可し、[許可] をタップしてミーティングに参加することを防止するため、参加または削除できるようにします。

ミーティングから退出または終了

ミーティングの主催者ではない場合は、 [ミーティングを終了] をタップし、[ミーティングから退出] をタップします。 ミーティングの主催者の場合、[ミーティングを終了] をタップして、[ミーティングを終了] をタップして、ミーティングを完全に終了することができます。


あなたがミーティングの主催者で、ミーティングを退席したいがミーティング自体は継続させたい場合は、別の参加者の主催者権限を割り当ててください。