Webex の Office 365 の認証を追加すると、以下の権限を要求します:

次の表では、各権限と必要な理由について説明します。

権限

Webex アクセスに提供される情報

Webex Meetings での権限の使用方法

アクセス権を与えたデータへのアクセスを管理します。

ユーザーが Microsoft の Webex Meetings 統合 で操作を行うたびに、同じ権限を要求する必要なく、Webex が Microsoft のユーザー情報にアクセスすることができます。

  • アプリが明示的にこのスコープを要求していない場合、更新トークンを受け取りません。 アクセスを管理する必要があります。

    例えば、Webex は Microsoft API にコールして、ユーザーがカレンダーを参照するたびにカレンダーの招待などの情報を取得します。

すべてのユーザーのフルプロファイルを読み取る。

People Insights 機能および Microsoft Teams 統合に必要です。

  • Webex ミーティングおよび Webex Teams のための People Insights を有効にします。

  • Microsoft Teams の Cisco Webex Meetings ボットとタブの統合でユーザーの Webex アカウントを照合するために、ユーザーとそのメールアドレスを識別します。

ユーザー カレンダーを読み取る。

ユーザー カレンダーのイベントを読み取る。

Webex Meetings に関連付けられているカレンダーイベント、およびイベントのプロパティ (時間、出席者、件名、Webex ミーティング オプションなど)を読み取ります。

すべてのメールボックスにある連絡先を読み取る。

Microsoft Teams 統合 ミーティングのスケジューリングに必要なMicrosoft Office 365 アドインは、連絡先グループを招待するために必要です。

  • Microsoft Office 365 の Webex Meetings スケジューラがミーティングをスケジュールすることを許可し、ユーザーが連絡先から連絡先グループを招待できるようにします。

  • Microsoft Teams でミーティングをスケジュールするときに、チャネル メンバーが招待することを推奨します。

  • データが Webex に保存されていません。

すべてのグループを読み取る。

Microsoft Office 365 アドインは、連絡先グループを招待するために必要です。 Webex Teams スペース ミーティングのスケジューリングに必要です。

  • Microsoft Office 365 用の Webex Meetings スケジューラがミーティングをスケジュールし、ユーザーが連絡先から連絡先グループを招待できるようにします。

  • Microsoft Teams でミーティングをスケジュールするとき、チャネル メンバーを招待することを推奨します。

  • データが Webex に保存されていません。

ディレクトリ データを読み取る

People Insights 機能および Microsoft Teams 統合に必要です。

  • People Insights により、Webex Meetings のミーティング参加者のプロファイルと Webex Teams のユーザーの People Insights プロファイルをディレクトリから入力できます。

  • Webex ミーティングをスケジュールするときに、Microsoft Teams 統合が招待者のメールを先読みできます。

すべてのメールボックスのカレンダーを読み取りして書き込みします。

Microsoft Office 365 アドインによるWebex Teams クライアントのスケジュール/リストミーティング、Microsoft Teams 統合、およびカレンダー サービス スケジュール (@webex)のスケジューリング。

  • Webex Meetings に関連付けられたカレンダーを作成、更新、および削除するための読み取りおよび書き込みアクセス。

  • Microsoft Teams からのスケジュールを許可し、対応するカレンダーエントリを追加、更新、削除します。