Cisco Webex Teams アプリの機密情報の検索

  • レポートを作成し表示するために、コンプライアンス担当者のロールが割り当てられている必要があります。

  • データ保存ポリシーまたは法保持の状態に応じて、削除されたコンテンツを検索することができます。

  • 組織を離れたユーザーのコンテンツを検索することができます。 データは 2019 年 3 月より保管され、指定したデータ保持ポリシーに従っています。

  • 以下のコンテンツを通じて検索することができます。

    • 会社の誰かが参加者である 1 人の他のユーザーが参加者であるスペースからのすべてのコンテンツ。 これには、会社を離れた人のスペースが含まれます。

    • 社内の誰かがスペースを作成したグループ スペースからのすべてのコンテンツ。 これには、作成されたものの、他のすべての参加者がスペースから離れたスペースがあります。

    • 別の会社にいるユーザーが作成したグループ スペースを元にあなたの会社のユーザーが作成したコンテンツ。

    次のアクティビティがレポートでキャプチャされます。

    • メッセージ—スペースに投稿されたメッセージのコンテンツ。 メッセージが編集されると、元のメッセージと編集したメッセージの両方が含まれますが、2 つのメッセージの間にコンテキストはありません。 ユーザーがスレッドに応答すると、応答は保存されますが、応答とスレッドのソースの間にコンテキストはありません。

    • イベント—ユーザーがスペースに参加または退席したとき、またはユーザーがモデレーター ロールに割り当てられたか、割り当てを解除されたとき。

    • ファイル共有—ホワイトボードで作成したスペースやスナップショットで共有されるファイル。

    • ホワイトボード-スペース中の各ホワイトボードの画像がレポートに返されます。 画像は、レポートの日付範囲の最終日のホワイトボードのバージョンを示します。

  • 過去 90 日間で投稿されたコンテンツで検索するか、Pro Pack を持っている場合は 90 日以上前のコンテンツでも検索可能です。

  • 最大 10 日以内のレポートをダウンロードできます。 10日以上経過したレポートは期限切れとみなされ、そのデータにアクセスするにはレポートを再実行する必要があります。

  • コンプライアンス担当者によって実行されたすべての検索は、監査のためにログ記録されます。

  • eDiscovery は以下のプロキシをサポートしています。

    • 認証なし

    • ベーシック

    • Windows の NTLM —このプロキシは、オペレーティングシステムからの資格情報を使用して動作するように構成されていなければなりません。資格情報の手動入力はサポートされていません。

    • Windows (Kerberos) —このプロキシは、オペレーティングシステムからの資格情報を使用して動作するように構成されていなければなりません。資格情報の手動入力はサポートされていません。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [トラブルシューティング] > ステータス > [eDiscovery の表示]に進みます。

2

検索情報を追加します。

  • メールアドレス—最大で 500 個のコンマ区切りのメールアドレスを手動で入力するか、または CSV 一括追加 をクリックしてCSV ファイルを選択します。
  • スペース名—最大 5 個のコンマ区切りのスペース名を入力します。

    スペース名の照合が適用されます。 たとえば、メモを検索すると、結果には メモ、メモ、 および 脚注が含まれます。

  • 日付範囲—検索の日付範囲を選択します。

メール アドレススペース名に複数の値を入力すると、検索エンジンは次のようにこれらの値を使用します。 [ (email_address1 OR email_address2) AND (space_name1 OR space_name2)]

3

レポート情報の入力:

  • レポート名 — レポートの名前を入力します。
  • 説明—[オプション] レポートの説明を追加します。
4

[レポートの検索および生成] をクリックします。

検索はキューに入っていて、レポートの状態を確認することができます。 レポートを作成する時間の長さは、検索条件に一致するデータの量によって異なります。

レポートの ZIP ファイルが 5 GB または10万個のファイルの上限に達すると、別の ZIP ファイルが同じ名前で作成されますが、後続に -1 を使用し、-2 というように続きます。

eDiscovery ダウンロード マネージャーをインストールする

  • レポートを表示するには、eDiscovery ダウンロード マネージャーをダウンロードする必要があります。

  • eDiscovery ダウンロード マネージャーを実行するためには、コンプライアンス担当者の役割が必要です。

  • コンピューターに大きなレポートをダウンロードするための十分なスペースがあることを確認してください。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [トラブルシューティング] > ステータス > [eDiscovery の表示] に移動し、[ダウンロード マネージャー] をクリックします。

2

オペレーティング システムの eDiscovery ダウンロード マネージャーを選択し、指示に従ってアプリケーションをインストールします。

コンプライアンス レポートの表示

自分が作成したコンプライアンスレポートのみを表示することができます。 レポートのステータスを確認し、eDiscovery ダウンロード マネージャーを使用してレポートをダウンロードすることができます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [トラブルシューティング] > ステータス > [eDiscovery の表示]に進みます。

2

[REPORTS] をクリックして、すべてのレポートを確認します。

レポートには次のいずれかのステータスがあります。

  • 検索中: レポートは情報の検索を続行します。

  • 完了: レポートが完了しました。

  • 停止中: 問題が発生したため、レポートの実行が中止されました。

  • キャンセル: レポートはキャンセルされました。

  • 期限切れ: このレポートの期限が切れました。

3

レポートをクリックすると、レポートの詳細 (ステータス、生成日、説明、レポートの内容の概要など) を確認することができます。

  • レポートのダウンロード: eDiscovery ダウンロード マネージャーを使用してレポートをダウンロードします。 レポートが保存されているダウンロード場所ディレクトリを選択し、 要約レポートを CSV ファイルとしてダウンロードするか、または 完全なレポートを EML ファイルの ZIP ファイルとしてダウンロードするか選択します。

    レポートのダウンロードにかかる時間は、レポートのサイズ、場所、およびネットワーク帯域幅によって異なります。

    Outlook を使用して EML ファイルを表示すると、Outlook 用のアドインが EML ファイル中のメッセージの内容をブロックすることがあります。 Outlook をセーフモードで起動してメッセージの内容を表示することができます。

  • 新規レポートの作成—新しいレポートを生成するために検索条件を検索画面に追加します。

  • レポートの削除—レポートをリストから削除します。

  • レポートの更新—レポートのデータを更新します。 10日後に有効期限が切れるレポートを再実行することができます。

コンプライアンス担当者の役割

完全な管理者は、コンプライアンス オフィサーの役割を組織内のいずれかの人物に割り当てることができます。 完全な管理者は、コンプライアンス オフィサーの役割を自分自身に割り当てることはできず、別の完全な管理者が役割を割り当てる必要があります。

例えば、会社が法的手続きの詳細を要求した場合、コンプライアンス担当責任者として、Cisco Webex Control Hub から Cisco Webex eDiscovery Search and Extraction ツールにアクセスできます。 ここから Cisco Webex スペースで行われたすべての会話、およびそれらのスペースで共有されたファイルを含むレポートを生成することができます。

コンプライアンス担当責任者として、法的手続きのデータを保存することができます。このデータは、Cisco Webex eDiscovery Search and Extraction ツールにアクセスするときにも返されます。 詳細については、「Cisco Webex Control Hub における法的保持のためのコンプライアンス データの管理」を参照してください

管理者はデータ保持ポリシーを構成することによって、保管しておくメッセージとファイルの量を制限することができます。 そのしきい値に到達すると、一番古いコンテンツから捨てられます。