ブレイクアウト セッションは、9 月末までにサイトで利用可能になります。

ブレイクアウト セッション

ブレイクアウト セッションは、WBS40.9 以降のサイトで利用できます。 使用している Webex Meetings バージョンを確認するには、[Cisco Webex Meetings バージョン番号の確認] を参照してください。

ブレイクアウト セッションは、メイン Webex ミーティングから分割された小さなグループです。 ミーティング参加者のサブセットを使用して、音声やビデオでコラボレーションやアイデアの共有を行うことができます。 ブレイクアウト セッションを使用するメイン ミーティングの外で、少数の参加者とプライベートに話したいときに、ワークショップ、教室、またはのために適しています。

既知の問題と制限事項

Webex Meetings でのブレイクアウト セッションの既知の問題と制限について学習します。

ブレイクアウト セッションでの役割

主催者と共同主催者がブレイクアウト セッションを作成し、参加者を割り当て、準備ができたらセッションを開始します。

出席者はコンテンツを共有したり、チャットなどのコラボレーションツールを使用したりして、より小さな、より焦点のあるディスカッショングループでコラボレーションすることができます。 「ブレイクアウト セッションに参加するためのベストプラクティス」を参照してください。

ブレイクアウト セッションの音声とビデオ

各ブレイクアウト セッションは別の音声とビデオ会議です。 ミーティングに参加したときに音声に接続されている場合、ブレイクアウト セッションに参加すると自動的に切り替わります。 自分の 音声をミュートまたはミュート解除 したり、 ブレイクアウト セッション中の任意の時点でビデオを開始または停止することができます。メイン セッションと同様です。

すべてのブレイクアウト セッションが終了すると、音声がメイン ミーティングに自動的に切り替わります。 ブレイクアウト セッション中にビデオがオンになっている場合は、すべてのブレイクアウト セッションが終了した後もオンのままになり、メイン ミーティングに戻ります。

ブレイクアウト セッションで使用可能なミーティング機能

ブレイクアウト セッションの管理

機能

ミーティング主催者と共同主催者

出席者

ブレイクアウト セッションを作成して開始する

  • ミーティング中のブレイクアウト セッションの最大数: 100

  • ブレイクアウト セッションの参加者数は、プランのミーティングの収容人数によって制限されます。 例えば、1000 人を許可するプランでは、それぞれに対して 10 人までの セッションを最大 100 個、それぞれに 50 人を最大 20 セッション、というように作成できます。

  • 参加者を自動または手動で指定することを選択します。

  • 参加者がメインのミーティングに戻ることを許可する方法とタイミングを制御します。

ブレイクアウト セッションを追加、名前変更、または削除する

ブレイクアウト セッションで出席者を移動または交換する

ブレイクアウト セッションから参加者を退席させる

すべての出席者に、メイン ミーティングに戻ることを依頼する


 

ブレイクアウト セッションが終了していない場合、出席者がメイン ミーティングに戻ると、出席者の音声がミュートされます。 ミーティング中に発言したい場合は、出席者に自分でミュートを解除するよう促します。

すべてのブレイクアウト セッションを終了する

ブレイクアウト セッションに参加する

機能

ミーティング主催者と共同主催者

出席者

ブレイクアウト セッションに参加または退席する

ブレイクアウト セッション中に自分のビデオを開始または停止する

ブレイクアウト セッション中に自分の音声をミュートまたはミュート解除する

ブレイクアウト セッション中にコンテンツを共有する

チャットを使用して、ブレイクアウト セッションの他の人にメッセージを送信する

ブレイクアウト セッション中にヘルプを要求する

ブレイクアウト セッション中のヘルプの要求に応答する

ブレイクアウト セッションでメッセージを一斉送信する