XML API 39 および XML API 11 の詳細については、「Cisco Webex Meetings XML API の更新概要 (XML API 39 以前)」を参照してください。

XML API 40 の詳細については、「Cisco Webex Meetings XML API の更新概要(XML API 40 以降)」を参照してください。

XML API 11 SP9 以前の更新については、Cisco DevNet に移動してください。

API 41.7.0 更新

XML API 41.7.0 更新

ここをクリックして、XML API 41.7.0 スキーマをダウンロードします

モバイルの録画の削除と編集は、サイト管理オプションで制御する必要があります。 主催者が録画を再割り当て、編集、無効化、削除するのを許可

影響を受ける API とスキーマの変更

GetSite: ツールで enableNBRMCModify 、および separateNoRecordingEdit という名前の新しい要素を返します。

応答例

GetSiteResponse:

GetSite

<?xml version="1.0" encoding="ISO-8859-1"?>
<serv:message xmlns:serv="http://www.webex.com/schemas/2002/06/service" xmlns:com="http://www.webex.com/schemas/2002/06/common" xmlns:ns1="http://www.webex.com/schemas/2002/06/service/site" xmlns:event="http://www.webex.com/schemas/2002/06/service/event">
    <serv:header>
        <serv:response>
            <serv:result>SUCCESS</serv:result>
            <serv:gsbStatus>PRIMARY</serv:gsbStatus>
        </serv:response>
    </serv:header>
    <serv:body>
        <serv:bodyContent xsi:type="ns1:getSiteResponse" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
            ....
            <ns1:tools>
                    ...
                    <ns1:enableNBRMCModify>false</ns1:enableNBRMCModify>
                    <ns1:separateNoRecordingEdit>true</ns1:separateNoRecordingEdit>
                    ...
            </ns1:tools>
        </serv:bodyContent>
    </serv:body>
</serv:message>

API 41.6.3 更新

XML API 41.6.3 更新

ここをクリックして、XML API 41.6.3 スキーマをダウンロードします

GetSite の応答の次の新しい要素: supportLargeEvent

影響を受ける API とスキーマの変更

GetSite: 新しい名前の要素 supportLargeEventsiteCommonOptions で返します。これにより、API を呼び出したユーザーはそのサイトが Webex Event (新) の大規模イベントに対応しているかどうかを知ることができます。

スキーマの変更

応答例

GetSiteResponse:

GetSite

<?xml version="1.0" encoding="ISO-8859-1"?>
<serv:message xmlns:serv="http://www.webex.com/schemas/2002/06/service" xmlns:com="http://www.webex.com/schemas/2002/06/common" xmlns:ns1="http://www.webex.com/schemas/2002/06/service/site" xmlns:event="http://www.webex.com/schemas/2002/06/service/event">
    <serv:header>
        <serv:response>
            <serv:result>SUCCESS</serv:result>
            <serv:gsbStatus>PRIMARY</serv:gsbStatus>
        </serv:response>
    </serv:header>
    <serv:body>
        <serv:bodyContent xsi:type="ns1:getSiteResponse" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
            ....
            <ns1:siteCommonOptions>
                    ...
                    <ns1:enablePreMeetingLobby>false</ns1:enablePreMeetingLobby>
                    <ns1:supportLargeEvent>true</ns1:supportLargeEvent>
            </ns1:siteCommonOptions>
        </serv:bodyContent>
    </serv:body>
</serv:message>

API 41.6.0 更新

XML API 41.6.0 更新

ここをクリックして、XML API 41.6.0 スキーマをダウンロードします

プロビジョニングでの Webex Events 2.0 に対する XMLAPI サポート

影響を受ける API

GetUser: 新しい要素 largeEventCapacity を返します。この要素は、このユーザー アカウントでの新しい Events 2.0 (EC 2.0) の容量を示しています。 たとえば、ユーザー アカウントに CI_EC3K ライセンスがある場合、 largeEventCapacity の値は 3000 です。

スキーマの変更

応答例

GetUserResponse:

XMLAPI LstRecording の CreateTime の録画開始時刻への適用

影響を受ける API

LstRecording: LstRecording 応答で返されます。 CreateTime これは、ユーザーが実際に [録画] ボタンを押したときです。

の詳細

以前、XML API は、データベースで録画が作成されたときのタイムスタンプを LstRecording 応答での作成時間として使用していました。 これで、ユーザーが実際に録画を開始した時間を使用するようになります。 この変更は、すべてのサービス録画に適用されます。 スキーマの変更はありません。

API 41.5.0 更新

XML API 41.5.0 更新

ここをクリックして、XML API 41.5.0 スキーマをダウンロードします

XMLAPI には主催者として Webex のスケジュール済みミーティングを PSTN から開始する機能があります

影響を受ける API

  • CreateUser:ユーザーの PMR が有効かどうかにかかわらず、ユーザー ロールが主催者、フル管理者、閲覧のみの管理者、またはユーザー管理対象サイトの管理者でない場合に hostPIN を生成します。

  • SetUserhostPINphones.hostPIN を使用して設定します。ただし personalMeetingRoom.hostPIN が XML リクエストにない場合 場所 (前提条件: フィーチャー トグル AllowStartScheduledMtgFromPhoneが有効)。

  • GetUser:ユーザー PMR が有効がどうかにかかわらず phones.hostPIN を返します (前提条件: フィーチャー トグル AllowStartScheduledMtgFromPhone が有効)。

スキーマの変更

GetUserResponse:

SetUser:

応答例

GetUserResponse:

SetUser:

サイトが Unified Webex Meetings サイトにリンクされている Control Hub である場合、XMLAPI GetSite 応答のモバイル クライアント用の 2 つの新しい要素

影響を受ける API

  • GetSite: GetSite :2 つの新しい要素を返し、録画タブの表示または非表示のロジックのあるモバイル クライアントをサポートできるようになりました。

    • enableRecordingAccess :true または false。Webex スーパー管理者はトグルから録画アクセスを有効または無効にできます ( EnableRecordingAccesses)。

    • storageEmptyStatus :true または false。両方のサイトが NBR 機能をサポートしておらず、NBR ストレージ スペースを 0 として割り当てている場合は、ステータスの応答は true、そうでない場合は false です。

スキーマの変更

サンプル リクエスト: GetSite

サンプル応答: Getsite

非 ASCII 文字を含むメールの件名は、RFC2047 でエンコードされます。 ASCII 文字だけのメールの件名には、エンコードはされません。

影響を受ける API

API のリクエスト、応答、ペイロードに影響はありませんが、メール件名のエンコード動作が変更されます。 メールの件名に非 ASCII 文字が含まれる場合は、RFC2047 でエンコードされます。 ASCII 文字のみを含むメールの件名は、エンコードされません。

スキーマの変更

スキーマの変更はありません。

API 41.4.0 更新

XML API 41.4.0 更新

ここをクリックして、XML API 41.4.0 スキーマをダウンロードします

イベントのスケジュール済み Webex Events を作成するには、参加と退出のトーンで、サイトレベルのデフォルトを活用できます。

XMLAPI は入退出トーンを制御するための現在の新しいロジックと一致します。 Webex Events のすべてのトーンは、サイト管理の別の設定により管理されました。 場所: GetSite XMLAPI は追加フィールド entryExitToneEC を返して値を示します。 最初、サイト管理者がトーンにデフォルトを設定した場合、[イベントの作成] は XMLAPI のデフォルトを適用することで、この設定を活用しません。

影響を受ける API

XML API: GetSite は 1 つの新しい要素 entryExitToneEC を返して値を示します。

XML API: CreateEvent、SetEvent、GetEvent バック エンド ビジネス ロジックは次の値を読み込みます: entryExitToneEC に追加します。

スキーマの変更

XML API: GetSite 応答サンプル:

<ns1:defaults>
    <ns1:emailReminders>true</ns1:emailReminders>
    <ns1:entryExitTone>ANNOUNCENAME</ns1:entryExitTone>
    <ns1:entryExitToneEC>NOTONE</ns1:entryExitToneEC>
    <ns1:voip>true</ns1:voip>
    <ns1:teleconference>
        <ns1:telephonySupport>NONE</ns1:telephonySupport>
    </ns1:teleconference>
    <ns1:joinTeleconfNotPress1>true</ns1:joinTeleconfNotPress1>
    <ns1:updateTSPAccount>false</ns1:updateTSPAccount>
</ns1:defaults>

影響を与える API:

  • GetSite

  • CreateEvent

  • SetEvent

  • GetEvent

XMLAPI が大規模なイベント (Webex Event 2.0) の詳細情報を返します

  1. Webex Meeting が大規模なイベントまたはウェブキャストの場合、 GetSessionInfo はミーティング パスワード、ミーティング数字パスワード、パネリスト パスワード、パネリスト数字パスワードなどの詳細情報を返します (スキーマに変更はありません)。

  2. XMLAPI は大規模なイベントやウェブキャストの機能の作成と編集には対応していないため、 CreateMeeting および SetMeeting は大規模なイベントまたはウェブキャストの場合、新しい例外 (110064、イベントとウェブキャストのセッション タイプはサポートされていません) を返します。

影響を与える API

API 名

説明

備考

GetSessionInfo

Webex Meeting が大規模なイベントまたはウェブキャストの場合、 GetSessionInfo はミーティング パスワード、ミーティング数字パスワード、パネリスト パスワード、パネリスト数字パスワードを返します。

スキーマは変更できません。

CreateMeeting

SetMeeting

ユーザーが CreateMeeting API を使って大規模なイベントのセッション タイプを作成または SetMeeting をコールして実際には大規模なイベントやウェブキャストである Webex Meeting を編集しようとした場合、新しい例外 110064 を返します。 イベントおよびウェブキャストのセッション タイプはサポートされていません。

動作は変更されます。

API 41.3.0 更新

XML API 41.3.0 更新

ここをクリックして、XML API 41.3.0 スキーマをダウンロードします

XML API の新しい変更は Webex Events 2.0 機能をサポートしています

影響を受ける API

両方の API: GetSessionInfo および GetMeeting は要素 enableEvent および enableWebniar も返します。

要素名

説明

enableEvent

Webex ミーティング で EC 2.0 をサポート

enableWebniar

Webex ミーティングでウェビナーをサポート


XMLAPI サポートは、EC 2.0 の 2 つ以上の要素を返します。 現在の XML API リリースは EC2.0 ミーティングのスケジュールと設定をサポートしていません。

スキーマの変更

GetSessionInfo は EC 2.0 の要素 enableEvent および enableWebniar を返します。

GetMeeting は EC 2.0 の要素 enableEvent および enableWebniar を返します。

応答例:

GetSessionInfo 応答:

<ep:accessControl>
                <ep:listStatus>PUBLIC</ep:listStatus>
                <ep:registration>false</ep:registration>
                <ep:passwordReq>true</ep:passwordReq>
                <ep:isEnforceAudioPassword>false</ep:isEnforceAudioPassword>
                <ep:isEnforceAudioLogin>false</ep:isEnforceAudioLogin>
                <ep:enableEvent>false</ep:enableEvent>
                <ep:enableWebniar>false</ep:enableWebniar>

                <ep:enablePreMeetingLobby>true</ep:enablePreMeetingLobby>
            </ep:accessControl>

GetMeeting 応答:

  <meet:supportPKI>false</meet:supportPKI>
                <meet:HQvideo>true</meet:HQvideo>
                <meet:HDvideo>true</meet:HDvideo>
                <meet:viewVideoThumbs>true</meet:viewVideoThumbs>
                <meet:enableEvent>false</meet:enableEvent>
                <meet:enableWebniar>false</meet:enableWebniar>

                <meet:enablePreMeetingLobby>true</meet:enablePreMeetingLobby>
            </meet:enableOptions>

XMLAPI の新しい変更はミーティング前のロビー機能をサポートします

影響を受ける API

XML API: GetSiteLstSummarySessionGetSessionInfo 、および GetMeeting はプレミーティング ロビーの新しい要素 enablePreMeetingLobby を返します。

スキーマの変更

XML API: GetSite はプレミーティング ロビーの要素 enablePreMeetingLobby を返します。

XML API: LstSummarySession はプレミーティング ロビーの要素 enablePreMeetingLobby を返します。

XML API: GetSessionInfo はプレミーティング ロビーの要素 enablePreMeetingLobby を返します。

XML API: GetMeeting はプレミーティング ロビーの要素 enablePreMeetingLobby を返します。

応答例:

GetSite 応答:

<ns1:siteCommonOptions>
                    <ns1:SupportCustomDialRestriction>false</ns1:SupportCustomDialRestriction>
                    <ns1:SupportTelePresence>false</ns1:SupportTelePresence>
                    <ns1:SupportTelePresencePlus>false</ns1:SupportTelePresencePlus>
                    <ns1:EnableCloudTelepresence>true</ns1:EnableCloudTelepresence>
                    <ns1:EnableCMRForAllUsers>true</ns1:EnableCMRForAllUsers>
                    <ns1:enablePersonalMeetingRoom>true</ns1:enablePersonalMeetingRoom>
                    <ns1:SupportAlternateHost>true</ns1:SupportAlternateHost>
                    <ns1:SupportXMLAPIReturnScheduledPMR>false</ns1:SupportXMLAPIReturnScheduledPMR>
                    <ns1:SupportAnyoneHostMeetings>true</ns1:SupportAnyoneHostMeetings>
                    <ns1:enablePreMeetingLobby>true</ns1:enablePreMeetingLobby>
                </ns1:siteCommonOptions>

LstSummarySession 応答:

<ep:isException>false</ep:isException>
                <ep:isNextUpcomingInstance>true</ep:isNextUpcomingInstance>
                <ep:seriesMeetingKey>0</ep:seriesMeetingKey>
                <ep:isScheduledPMR>false</ep:isScheduledPMR>
                <ep:enableEvent>false</ep:enableEvent>
                <ep:enableWebniar>false</ep:enableWebniar>
               <ep:enablePreMeetingLobby>true</ep:enablePreMeetingLobby>
            </ep:session>

GetSessionInfo 応答:

<ep:accessControl>
                <ep:listStatus>PUBLIC</ep:listStatus>
                <ep:registration>false</ep:registration>
                <ep:passwordReq>true</ep:passwordReq>
                <ep:isEnforceAudioPassword>false</ep:isEnforceAudioPassword>
                <ep:isEnforceAudioLogin>false</ep:isEnforceAudioLogin>
                <ep:enableEvent>false</ep:enableEvent>
                <ep:enableWebniar>false</ep:enableWebniar>
                <ep:enablePreMeetingLobby>true</ep:enablePreMeetingLobby>
            </ep:accessControl>

GetMeeting 応答:

<meet:supportPKI>false</meet:supportPKI>
                <meet:HQvideo>true</meet:HQvideo>
                <meet:HDvideo>true</meet:HDvideo>
                <meet:viewVideoThumbs>true</meet:viewVideoThumbs>
                <meet:enableEvent>false</meet:enableEvent>
                <meet:enableWebniar>false</meet:enableWebniar>
                <meet:enablePreMeetingLobby>true</meet:enablePreMeetingLobby>
            </meet:enableOptions>

XML API GetSite の応答の情報動作変更の開示

影響を受ける API

XML API: GetSite は次のロールを含む管理者アカウントの要素にのみ応答します: SiteAdminRO_SiteAdmin 、および UserAdmin

<ns1:activeUserCount>...</ns1:activeUserCount>
<ns1:EEActiveUserCount>...</ns1:EEActiveUserCount>
<ns1:activeCETHost>...</ns1:activeCETHost>
<ns1:auoActiveUserCount>...</ns1:auoActiveUserCount>
<ns1:MCActiveUserCount>...</ns1:MCActiveUserCount>
<ns1:ECActiveUserCount>...</ns1:ECActiveUserCount>
<ns1:TCActiveUserCount>...</ns1:TCActiveUserCount>
<ns1:SCActiveUserCount>...</ns1:SCActiveUserCount>

動作は変更されます

管理者ロールだけに次の応答ライセンス データを持つことを許可します: GetSite。 主催者または出席者は、 GetSite 応答でそれらのライセンスを取得しません。

以下は API です。 GetSite'ssiteadmin または閲覧のみの siteadmin またはユーザー管理者の応答例です:

API 41.2.0 更新

XML API 41.2.0 更新

ここをクリックして、XML API 41.2.0 スキーマをダウンロードします

サイトで Webex テレフォニーをサポートする場合は、XMLAPI で「CMR ハイブリッド VOIP」をサポートする必要があります

影響を受ける API

  • GetSite は新しい要素 IsWebexTelephony を応答で返します。

  • CreateUser および SetUsercmrHybridVoip 要素を IsWebexTelephony が他の条件と共に true である場合に更新できます。 IsTSPUsingTelephonyAPI は返されなくなりました。

スキーマの変更

XML API: GetSite 応答は次の追加の要素を返します: IsWebexTelephony

GetSite 応答には、次の新しい要素が含まれます:

<ns1:telephonyConfig>

<ns1:isWebexTelephony>true</ns1:isWebexTelephony>
<ns1:isTSPUsingTelephonyAPI>false</ns1:isTSPUsingTelephonyAPI>
<ns1:serviceName>Personal Conference No.</ns1:serviceName>
<ns1:participantAccessCodeLabel>Attendee access code</ns1:participantAccessCodeLabel>
<ns1:subscriberAccessCodeLabel>Host access code</ns1:subscriberAccessCodeLabel>
<ns1:attendeeIDLabel>Attendee ID</ns1:attendeeIDLabel>

.....

</ns1:telephonyConfig>

LstSummarySession は EC2.0 をサポートします

影響を受ける XML API

LstSummarySession は EC 2.0 をサポートするために、新しい 2 つの要素を返します

要素名

説明

enableEvent

Webex ミーティング で EC 2.0 をサポート

enableWebniar

Webex ミーティングでウェビナーをサポート

スキーマの変更

XML API: LstSummarySession< enableEvent> および < enableWebniar> 要素を追加します

XML API の応答: LstSummarySession

EC 2.0 の応答

<ep:isNextUpcomingInstance>true</ep:isNextUpcomingInstance>

                <ep:seriesMeetingKey>0</ep:seriesMeetingKey>
                <ep:isScheduledPMR>false</ep:isScheduledPMR>
                <ep:enableEvent>true</ep:enableEvent>
                <ep:enableWebniar>true</ep:enableWebniar>
            </ep:session>

XMLAPI は MCT 統合のためのサイト ユーザーの Webex-voice-assistant オプションを返します

Affected API

GetUser は新しい要素 webexAssistantEnabled(true または false) を応答で返します。

スキーマの変更

getUserResponse:

応答例

API 41.1.0 更新


XML API 41.1 のスキーマに変更があります。