古い証明書が期限切れになるため、新しい証明書を使用するように Cisco Webex Teams が設定されていることが通知されます。 プロセスについては参照することができます。

サービス停止を防ぐために、Webex Teams は IdP でメタデータを更新する必要性を管理者に通知します。 新しいメタデータ ファイルは、SSO 更新プロセスを実行するときに、Webex からダウンロードできます (https://admin.webex.com のホームページから開始)。 Webex Teams からの新しいメタデータ ファイルは、現在、古い証明書と新しい証明書の両方がリストされており、ADFS はログイン プロセス中に 1 つの証明書のみを許可するため、これにより問題が発生します。

正しい情報で更新し、システム停止を避け、ADFS での追加手順を回避するために、信頼できるパーティを得る容易な方法については次のとおりです。

Webex Teams が使用する新しい証明書を信頼できるパーティにインストールします。 Webex Teams の信頼できる当事者 (Spark というラベルが付けられている場合があります) に対するオプションを開き、[署名] を選択します。

[追加] をクリックします。 証明書を探し、それをアップロードするように指示メッセージが表示されます。 その後、古い証明書を削除することができます。 ADFS は新しい証明書で更新されました。

信頼できるパーティにアップロードされている暗号化証明書がある場合、その証明書も同様に更新することをお勧めします。

すでに ADFS エラーが発生していて、Teams の信頼できるパーティばある場合、メタデータ ファイルに保存されている古い Symantec 証明書を削除して、新しい信頼できるパーティを作成する必要があります。 Symantec の証明書の末尾は、5pdnN3O8= です。 キー識別タグを削除して、ADFS でそれを読み取る問題を避けてください。

Cisco Webex Control Hub では更新を行う必要がありません。 SSO は、期待通り動作し続けるはずです。 何かの問題がある場合は、支援を受けるために、サポートに連絡してください。