Webex のボット

ボットは、Webex の機能を拡張してサードパーティのアプリを包含するのに役立ちます。Webex スペースにボットを追加し、スペースからサードパーティのアプリと直接対話できます。 ボットをスペースに追加すると、ヘルプ メッセージをボットに送信することができ、応答にはボットがサポートするコマンドが含まれます。

任意のタイプのスペースにボットを追加することができます。 他のユーザーとプロジェクトスペースにボットを追加し、スペースのサードパーティのアプリと直接対話することができます。 または、自分とボットのスペースを作成して、サードパーティのアプリと対話できるようにすることもできます。

Cisco Webex App Hub には、Cisco およびサードパーティの開発者によって開発されたボットとアプリのカタログがあります。

Watercooler ボットを追加して設定する

スペースに Watercooler ボットを追加しておくと、ユーザーがランダムに組み合わされて独立したスペースに取り込まれ、一定間隔でランダムな内容の質問を受けたり、時にはスペース内の参加者全員でボットからランダムな内容で共通の質問を受けたりします。

1

[メッセージ] に移動してスペースを選択し、Watercooler ボットを追加します。


 

Watercolor ボットと参加するユーザーと一緒に、新しいスペースを作成することもできます。

2

[ユーザー] を選択し、[ユーザーの追加] を選択してから次の Watercooler ボット名を入力します。 Watercooler.bot@webex.bot

追加すると、ボットからウェルカム メッセージが届きます。

3

Watercooler ボットが参加者を定期的にペアリングするよう設定するには、[はじめに] をクリックし、スペース内の参加者をボットが組み合わせる頻度を選択します。

  • 1 回

  • 毎日

  • 毎週

  • 2 週間ごと

4

[今すぐ開始] をクリックします。


 

スペース内で「@watercooler hi」と入力してボットにメンションすると、この設定をいつでも変更できます。

5

スペース内の全員に Watercooler ボットから質問をさせるには、[グループ質問] をクリックします。


 

またはスペース内で「@watercooler question」と入力し、ボットにメンションすることで、いつでもグループの全員に質問を投げかけることができます。

Watercooler ボットのペアリングに参加しない

Watercooler ボットにペアリングを設定しておくと、ボットから新しいユーザーとの次回のペアリングに参加するかどうかを確認するメッセージが届きます。

1

一連の質問をまとめてスキップするには、その都度 [不参加] をクリックします。

2

以後すべてを受け取らないようにするには、スペースに「help」と入力します。