次の表は Webex Meetings スケジューラアドインのさまざまな機能を比較したものです。

設定、特長、および機能

管理者認証

個別認証

オンプレミス認証(手動更新)

展開および

テナント管理者を追加

既定

Cisco Webex サイト管理または Control Hub で、[Microsoft Outlook 統合を有効化するが、Webex Meetings の Microsoft 365 アカウント情報へのアクセスを不許可] チェックボックスをオンにします。

ログイン

Microsoft および Webex アカウントにサインイン

Microsoft および Webex アカウントにサインイン

Webex アカウントにサインイン

Outlook クライアントバージョン

Outlook クライアントの最新バージョン。 Webex スケジューラアドインの最小要件に関する詳細は、「Microsoft Office 365 用 Cisco Webex スケジューラの既知の問題と制限」を参照してください

Outlook クライアントの最新バージョン。 Webex スケジューラアドインの最小要件に関する詳細は、「Microsoft Office 365 用 Cisco Webex スケジューラの既知の問題と制限」を参照してください

Outlook クライアントのすべてのバージョンをサポート

認証

Webex から Microsoft アカウント情報へのアクセス

Webex から Microsoft アカウント情報へのアクセス

いいえ

主催者 PIN の表示

はい

はい

はい

Webex パーソナル会議室ミーティングのスケジューリング

はい

はい

はい

ワンタイム Webex Meetings のスケジューリング

はい

はい

はい

出席者は主催者より前に参加可能

はい

はい

はい


 

ミーティングが定期的なミーティングの一部である場合、出席者は主催者より前にミーティングに参加できません。

招待者からの共同主催者の選択

はい

はい

はい


 

Webex は招待者をメールアドレスで識別します。 Microsoft アカウントと Webex アカウントの両方に一致するメールアドレスを持つ招待者だけが、共同主催者として設定できます。

主催者アカウントを持つユーザーが代理主催者になることが可能

はい

はい

はい

音声タイプの変更

はい

はい

はい

出席者への国際コールイン番号の表示

はい

はい

はい

無料通話番号の有効化と表示。

はい

はい

はい

参加および退席トーン

はい

はい

はい

招待メールにパスワードを含めない

はい

はい

はい

ブレイクアウト セッション

はい

はい

はい

デフォルトのミーティングテンプレート設定、またはミーティングテンプレートの変更

はい

はい

はい

代理でスケジュール

はい

はい

はい


 

他のユーザーの代わりにスケジュールするには、アドインのドロップダウンメニューからオプションを選択します。

自動生成されたパスワードの変更

はい

はい

はい

トラッキング コード

はい

はい

はい

カレンダーの招待からの Webex Meetings のキャンセル

はい

はい

はい


 

定期的なミーティングの一部であるミーティングをキャンセルする場合、そのシリーズすべてのミーティングもキャンセルされます。 これらのミーティングは Webex カレンダーには表示されません。

ミーティングタイプの選択

はい

はい

はい

Webex カレンダーのミーティングリスト

はい

はい

はい


 
定期的なミーティングは、Webex カレンダーでは単一のミーティングとしてのみ表示されます。 ユーザーは定期的なミーティングの過去または今後のミーティングを見つけられなくなります。 定期的なミーティングの一部であるミーティングに参加するには、Outlook カレンダーを使用することを推奨します。

カレンダーの同期

自動

自動

手動


 

ミーティングの詳細が変更されるたびに、ユーザーはアドインの [ミーティングを更新] ボタンをクリックする必要があります。