Webex アシスタントは次で入手できます。

  • Room シリーズデバイス

  • Webex Boards

Webex アシスタントを利用可能にするには、組織で有効になっている必要があります。

Webex アシスタントを使用して、ミーティングへの参加、パーソナル会議室への通話、デバイスの制御などを行うことができます。Webex アシスタントの使用を開始するには、「OK Webex ...」とコマンドを言います。Webex アシスタントを閉じるには、「解除」と言います。

Webex アシスタントを最大限に活用するには、カスタマイズされたエクスペリエンスのために、Webex Teams アプリをルームデバイスまたはボードに接続します。Webex Teams アプリを Room デバイスまたはボードに接続する方法の詳細については、Cisco Webex Teams の使用に関する Cisco Webex Device の選択を参照してください

以下は Webex アシスタントの使用例です。Webex アシスタントのすべての音声コマンドは、この項目に記載されている例と同じように動作します。使用可能なコマンドの完全なリストを見つけるには、「Webex アシスタントの使用を開始する」の記事を参照してください。


デバイスがミュートされていると Webex アシスタントが応答しません。引き続き使用するには、Touch 10 コントローラまたは Webex Board のデバイスのミュートを解除します。

導入例 1: プロアクティブに参加するミーティングのプロンプト

Touch 10 コントローラが利用可能な場合は、個々のデバイスからの予防的なプロンプトをオンまたはオフに切り替えることができます。Webex アシスタントに対するプロアクティブな参加のオン/オフの切り替えを参照してください。

プロアクティブな参加を使用するには、ミーティングボタンを 1 つ設定するのと同じ方法で、ミーティングに会議室を追加する必要があります。カレンダーから Webex ミーティングをスケジュールする方法はこちらでお読みください。

1

会議用に会議室が予約されている場合、Webex アシスタントで、参加するかどうかを尋ねるプロンプトが表示されます。

会議への参加を求めるプロンプトは、会議が開始される 30 秒前に表示されるようになります。これは、スケジュールされた開始時間の 5 分後に消えます。

2

会議に参加するには、[はい (Yes)] または [参加 (Join)] と発声し、デバイスがミーティングに参加します。参加する意思がない場合は "消去 (Dismiss)" と言ってください。



導入例 2: ディレクトリからの通話

1

コマンドを開始するには、"OK Webex"というウェイクアップワードを使用してください。名前で誰かに電話をかけたい場合は、「OK Webex、Barbara に電話してください」と言います。


 

番号を使用して、または名前の綴りを使用して通話することもできます。「OK Webex、B-A-R-B-A-R-A に電話してください」と言います。

ローカルの電話番号にのみ発信できます。内線番号およびその他の内部番号はサポートされていません。



2

Webex Assistant はディレクトリからオプションを表示します。「もっと表示する」と言って候補をスクロールするか、オプションを選択して「オプション 1」と言ってください。



3

オプションを選択すると、Webex Assistant はその人に電話をかけます。

導入例 3: パーソナル会議室のミーティングへの参加


組織内のユーザのパーソナル会議室にのみ参加できます。

1

「OK Webex」と言い、パーソナル会議室に参加します。


2

Webex アシスタントは、使用した名前に基づいたオプションを提供します。参加する会議室を検索し「オプション 1」と言います。


Webex アシスタントがパーソナル会議室に参加します。



3

Touch 10 または Webex Board では、ホストではなく、ミーティングに追加されるよう選択します。

導入例 4: パーソナル会議室ミーティングへの参加

パーソナルルームミーティング (PMR) に参加するには、お使いの Webex Teams アプリを使用してデバイスに接続する必要があります。

1

「OK Webex、パーソナル会議室に参加します」と言います。


2

Webex アシスタントでは、この会議室に参加するかどうかを確認するよう求められます。「はい」と言います。


Webex アシスタントがパーソナル会議室に参加します。



3

Touch 10 または Webex Board では、ホストであることを選択して、暗証番号を入力します。ミーティングが開始されます。

導入例 5: Webex アシスタントがお手伝いします

1

Webex Assistant に何ができるかをチェックするには、「OK Webex、あなたは何ができる?」と尋ねます。


項目をスクロールするには、タッチ 10 または Webex Board の画面をスワイプします。

2

目的のタスクが見つかったら、「OK Webex...」と音声コマンドを開始します。

[ヘルプ] メニューを閉じる場合は、「ディスミス」と言います。