1

ミーティングで、[メニューバーを表示] をクリックし、[ミーティング] をクリックします。

2

[ミーティング] ドロップダウンから、[ミーティング設定] をクリックします。

3

[ビデオ] をクリックし、設定したい項目の隣にあるチェック ボックスにチェックを入れます。


 

一部のチェック ボックスにはデフォルトでチェックが入っており、調整できません。

  • 仮想背景を変更 - 仮想背景を使用して余計なものを見えなくし、自分の環境のプライバシーを維持します。 背景のぼかしや変更、または背景画像の追加ができます。 仮想背景の詳細については、「Webex Meetings スイートで仮想背景を使用する」を参照してください。

  • 自分のビデオをミラーリング - ミラー ビューでセルフビュー ビデオを見ると、鏡に映った自分の姿を見ているかのようにビデオが表示されます。 ビデオのミラーリングの詳細については、「Webex Meetings でセルフビュー ビデオのミラー ビューをオフにする」を参照してください。


     

    これは自分のセルフビューだけが対象です。 ビデオは他のミーティング参加者には正常に表示されます。

  • ズームして合わせる - ビデオを画面に合わせて表示します。 このオプションを選択すると、Webex はカメラをズームして画面全体に表示します。

  • カメラの明るさを調整 - カメラに映るコンテンツの可視性が向上します。

    自動 - Webex がカメラとの距離や現在の照明条件に基づいて測定し、調整します。

    手動 - 明るさのレベルを自分で調整するにはこのオプションを選択して、[明るさ] スライダーを使用します。

  • カメラ解像度 - カメラの最大ビデオ解像度を変更します。 以下のいずれかの解像度を選択できます:

    360p

    720p

    1080p


     

    ドロップダウン メニューにこのオプションを表示するには、アカウントで 1080p ビデオ解像度の機能が有効になっている必要があります。

4

[詳細設定] をクリックします。

  • ビデオのハードウェア アクセラレーションを許可:可能な場合、サポートされているグラフィックス プロセッシング ユニット (GPU) にビデオ処理をオフロードすることで、CPU の負荷を軽減します。


     

    ハードウェア アクセラレーションは、Intel GPU でのみサポートされています。 Nvidia および AMD GPU はサポートされていません。 システムでこの機能がサポートされていない場合、オプションはグレー表示されます。

  • コンテンツ共有のハードウェア アクセラレーションを許可 - 可能な場合、サポートされている GPU にコンテンツ共有の処理をオフロードすることで、CPU の負荷を軽減します。


     

    ハードウェア アクセラレーションは、Intel GPU でのみサポートされています。 Nvidia および AMD GPU はサポートされていません。 システムでこの機能がサポートされていない場合、オプションはグレー表示されます。

  • 仮想背景の GPU アクセラレーションを有効にする:サポートされている GPU にコンテンツ共有の処理をオフロードすることで、CPU の負荷を軽減します。


     

    ハードウェア アクセラレーションは、Intel GPU でのみサポートされています。 Nvidia および AMD GPU はサポートされていません。 システムでこの機能がサポートされていない場合、オプションはグレー表示されます。

  • ビデオ キャプチャ - Microsoft Framework はカメラ キャプチャとビデオ レンダリングをサポートしています。 リストからオプションを選択します。

    Auto — Auto(デフォルト)は、利用可能な最速のフレームワークを選択します。

    自動オプションをオーバーライドし、システム カメラまたはハードウェアのディスプレイに関する互換性の問題を回避するには、Microsoft Media Foundation または Microsoft DirectShow を選択します。

1

[Webex Meetings] をクリックします。

2

ドロップダウン メニューから、[ミーティング設定] をクリックします。

3

[ビデオ] をクリックし、設定したい項目の隣にあるチェック ボックスにチェックを入れます。


 

一部のチェック ボックスにはデフォルトでチェックが入っており、調整できません。

  • 仮想背景を変更 - 仮想背景を使用して余計なものを見えなくし、自分の環境のプライバシーを維持します。 背景のぼかしや変更、または背景画像の追加ができます。 仮想背景の詳細については、「Webex Meetings スイートで仮想背景を使用する」を参照してください。

  • 自分のビデオをミラーリング - ミラー ビューでセルフビュー ビデオを見ると、鏡に映った自分の姿を見ているかのように、ビデオが表示されます。 ビデオのミラーリングの詳細については、「Webex Meetings でセルフビュー ビデオのミラー ビューをオフにする」を参照してください。


     

    これは自分のセルフビューだけが対象です。 ビデオは他のミーティング参加者には正常に表示されます。

  • ズームして合わせる - ビデオを画面に合わせて表示します。 このオプションを選択すると、Webex はカメラをズームして画面全体に表示します。

  • カメラの明るさを調整 - カメラに映るコンテンツの可視性が向上します。

    自動 - Webex がカメラとの距離や現在の照明条件に基づいて測定し、調整します。

    手動 - 明るさのレベルを自分で調整するにはこのオプションを選択して、[明るさ] スライダーを使用します。

  • カメラ解像度 - カメラの最大ビデオ解像度を変更します。 以下のいずれかの解像度を選択できます:

    360p

    720p

    1080p


     

    ドロップダウン メニューにこのオプションを表示するには、アカウントで 1080p ビデオ解像度の機能が有効になっている必要があります。

4

[詳細なビデオ設定] をクリックします。

  • ハードウェア アクセラレーションを許可:可能な場合、サポートされているグラフィックス プロセッシング ユニット (GPU) にビデオ処理をオフロードすることで、CPU の負荷を軽減します。


     

    ハードウェア アクセラレーションは、Intel GPU でのみサポートされています。 Nvidia および AMD GPU はサポートされていません。 システムでこの機能がサポートされていない場合、オプションはグレー表示されます。