一時ファイルのソリューション (TFS) を使用して Chrome からミーティングに参加するには?

一時ファイルのソリューション (TFS) を使用して Chrome からミーティングに参加するには?

Google Chrome から管理権限なしでミーティングに参加するには?

Google Chrome で一時ファイルのソリューションを使用するには?

ロックダウン環境で Google Chrome を使用してミーティングに参加するには?

Google Chrome を使用してミーティングに参加しようとすると「しばらくお待ちください」で止まります。

エラー: Google Chrome を使用してミーティングに参加すると「Java が機能していません」と表示されます。

メモ:

インターネット コンピューター サポートまたはIT部門から、これらステップの一部についてヘルプが必要かもしれません。

原因:

Chrome でミーティングに参加できず、かつ以下のスクリーンのうちのいずれかが見える場合は、プラグインが無効なままブラウザが実行されています。

プラグインが無効な場合は、以下を試してみてください

一時ファイルのソリューション (TFS) によって、管理権限がなくても、Google Chromeから WebEx ミーティングまたはセッションに参加することが可能になります。

TFS インストーラーを使用して、Chromeから参加するには:

  1. 下のスクリーンショットに表示されたリンクをクリックすると、TFS インストーラーが実行されます。




     
  2. ブラウザの左下隅に、.EXE ファイル用の小さな窓が現れます。



    ファイルをクリックします。
  3. 点滅したときに [実行] をクリックします。

「接続しています…」メッセージが出ます。その後ミーティングに参加できます。

Google Chrome で TFS を強制的に使えるようにするには:

Chrome をプラグインなしで起動するには、以下いずれかの方法を使用してください。

ショートカットまたはコマンドラインを使用します。

  • デスクトップ上の Google Chrome ショートカットを、以下パラメーターを追加することで修正します。-disable-plugins

    すなわち "C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe" -disable-plugins
  • cmd.exeを入力して、DOS コマンド プロンプトを起動し、上のコマンドをコマンド ラインから貼り付けます。(メモ: Chrome へのパスが、この例と少し相違する場合があります)

 

Google 設定メニューを使用する

  1. ブラウザのツールバーでChrome メニューをクリックします。
  2. [設定] をクリックします。
  3. [高度な設定を表示する]を選択します。
  4. [内容設定]をクリックします。
  5. プラグインの下で、[すべてブロック]を選択します。
  6. [完了] をクリックします。
  7. ミーティングに再度参加し、上に表示されたTFSプロンプトに従ってください。

この投稿記事は役に立ちましたか?