顔認識は、ミーティングで名前ラベルを作成するために使用されます。 ミーティングの開始時に、最大 4 人のユーザーのミーティングの最初の 60 秒間の名前ラベルを表示できます。 名前ラベルは一番端に表示されます。 その後、発言者が発言を開始すると、発言者名が短い時間表示されます。

名前ラベル情報はメタデータとして送信され、一番端にレンダリングされます。 サードパーティの SIP ビデオ会議デバイスおよび古い Cisco ビデオ会議室デバイスでは、この機能はサポートされていません。 名前ラベルは、Webex 登録済み DX、SX、MX、および Room シリーズのデバイスと Webex Boards でレンダリングされます。 名前ラベルは、Webex 登録されている Room シリーズのデバイスおよび Webex Boards から送信されます。

組織の Cisco Webex Control Hub からの顔認証を有効にする場合、電子メールを送信して、ユーザーを登録に招待できます。 フォローして自分自身の写真を追加し、サインアップできるリンクが含まれます。

この機能に関連するプライバシーとセキュリティの詳細については、コグニティブ コラボレーションペーパーのデータ処理と プライバシーを読む必要があります。


名前ラベルは、コード化された会議またはソフト クライアントでは利用できません。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [組織設定][顔認識] に移動します。

2

[顔認識] をオンに切り替えます。 [ユーザーを招待] をクリックしてメールテンプレートを取得し、組織内のユーザーを招待してサインアップします。