スケジュール済みミーティングを開始する

Meetings アプリを開いてサインインした後、次のことを実行できます。

  • 左にスワイプして [マイ ミーティング] に移動し、ミーティングに入室時に [開始] をタップする

  • Siri 音声コマンドを使用してスケジュールされた Webex ミーティングを開始する


共同ホストはモバイル アプリからミーティングを開始できます。

ワンクリック ミーティングを開始

ワンクリック ミーティングを開始するには、Meetings アプリを開き、[ミーティングを開始] をタップします。

次のいずれかの方法で iOS デバイスから Webex ミーティングに参加できます。

1

Webex アカウントにサインインしてください。

2

以下のいずれかの作業を行ってください。

  • 左にスワイプして、[ マイ ミーティング して、ミーティングエントリ の [参加 ] をタップします。
  • [ミーティングに参加] をタップし、ミーティング番号、パーソナル会議室 URL、または主催者のユーザー名を入力して、[参加] をタップします。
  • Webex アカウントを持ってない場合、 Meetings アプリを 開き、[ ミーティングに参加] を タップします ミーティング番号または主催者のパーソナル会議室 URL を入力し、名前とメールを入力して、[参加] をタップします。
  • iOS 検索から、自分のパーソナル会議室または最近参加したパーソナル会議室を検索します。 検索結果から参加するミーティングをタップします。
  • iOS カレンダーから、ミーティング エントリの [参加] をタップします。

     

    モバイル アプリがインストールされていない場合でも、ミーティングの音声部分に参加できます。

  • ミーティングに参加するには、Siri 音声コマンドを使用してください。
  • ミーティング招待状メールから、リンクされたビデオ アドレスをタップしてミーティングに参加します。

     

    モバイル アプリがインストールされていない場合でも、ミーティングの音声部分に参加できます。

  • Meetings を Ford Sync 3 AppLink で使用する場合、ミーティングに参加している間、自動車のダッシュボードにアクティブなスピーカーの名前が (アクティブなスピーカーの姿ではなく) 表示されるようになりました。 ハンドルまたはダッシュボードのコントロールを使用して、AppLink をオンにして、音声コマンドを使用します。

サイトの管理者が通知を送信するためにサイトを設定した場合、主催者がミーティングを開始する前またはその時にアプリがアラートします。

主催者がミーティングをスケジュールすると、出席者がミーティングに参加する前に参加を許可することができます。 主催者の名前は主催者が参加するまでミーティング情報には表示されません。

主催者のパーソナル会議室で開催されるミーティングに参加するとき、主催者が入室するか、あなたの入室を許可するまでロビーで待機します。 主催者が入室したとき、またはあなたの入室を許可したときにミーティングに参加できます。 あなたがロビーで待機していることを主催者に知らせるには、[主催者に通知] を選択します。

デバイスへのコールバックを受信するか、インターネットを介して VoIP を使用するか、またはビデオアドレスを入力して、ミーティングの音声会議に接続してください。

[音声接続のオプション] メニューをタップして、次のいずれかの音声オプションを選択します。

  • 音声にインターネットを使用—Wi-Fi 接続を使用しない限り、3G または 4G のデータプランを使用します。 Webex 音声または VoIP のみを使用している音声会議に参加する場合は、広帯域音声を使用します。

     

    広帯域音声を持たない参加者が広帯域音声を使用しているミーティングに参加すると、すべての参加者の音声の品質が低下します。 Meetings ではダウングレードする前に警告メッセージを表示しません。

  • コール ミー—電話番号を入力します。

     

    アプリの設定で自動コールバックを有効にしている場合は、自動的に通話を受信します。

  • コールイン—表示されるコールイン番号を入力します。 [国際コールイン番号] をタップして他の国のコールイン番号一覧を表示します。

    アクセス コードまたはミーティング番号と出席者 ID をメモしておきます。 ミーティングに参加するにはこれらの番号を入力する必要があります。

    使用できる番号の一つにダイヤルし、プロンプトが表示されたら、アクセス コードまたはミーティング番号と出席者 ID を入力します。 出席者 ID を持っていない場合、誰かが入室を許可してくれるまで # を押してロビーで待ちます。


     

    出席者 ID は、ミーティング中の名前を音声に接続します。 出席者 ID を入力しない場合、音声接続は参加者リスト中のコールインユーザーとして表示され、自分の名前とは別に、アプリケーションから音声を制御することができます。

  • 音声を切断—通話を聞きます。

[ 音声と > 設定] で、[ 音声とビデオのプレビューをスキップ] をオンにし、デフォルトの参加オプションを保存できます。

また、自分の基本設定を指定することで、参加するミーティングにデバイスを自動的にミュートにすることができます。 アプリの設定で、[参加時にミュート] をオンにします

OS11 以降を使用している場合、ミーティング中に接続済みの音声を切り替えることができるようになりました。 例えば、Bluetooth ヘッドセット、Bluetooth スピーカー、またはデバイスのスピーカーを使用することができます。

Apple CarPlay をサポートする自動車を所有するユーザーは、自動車のダッシュボードから Webex Meetings にアクセスできます。 既存のサポートされている 任意の Siri コマンドを使用して、「Webex を使用して次のミーティングに参加する」または「Webexを使用して John に通話する」など、ミーティングに 参加します

CarPlay は、SmartDeviceLink (SDL)をサポートする自動車および SDL をサポートしていない自動車に完全に対応しています。 Siri 音声コマンドを使用して自動車のダッシュボードからミーティングに参加し、ダッシュボード上にミーティング中の完全な Webex ユーザー インターフェイスを表示できます。 CarPlay では [ミュート]、[ミュート解除]、[ミーティングから退出]機能を利用できます。


WBS39.6 の更新時に、[通話の追加] ボタンが無効になりました。 このボタンは無効になりますが、Apple CarPlay は引き続き利用できます。

IOS 13 を使用している場合、デバイスのロックが解除されている間は、自動車のダッシュボードの Siri 音声コマンドにのみアクセスできます。 ただし、自動車のダッシュボード上で Webex Meetings を表示するには、デバイスをロックする必要があります。 その他の既知の問題と制限についての詳細は、次を参照してください。 https://help.webex.com/fsrg4w/Cisco-Webex-Meetings-Mobile-iOS-Release-Notes#reference_71AF549D09E85C4D6B1521A1E05B7848.

1

ミーティングを開始、またはミーティングに参加するには、Siri 音声コマンドを使用してください。

2

ミーティングを終了するには、[終了] をタップするか、「Webex ミーティングから退室する」などの Siri 音声コマンドを発声します。

サイト管理者がサイトを設定して許可する場合は、シングルタップでミーティングの音声に参加するために出席者が使用できる音声のみのミーティング参加リンクを含めることができます。 ミーティングをスケジュールする際には、お客様はコールインユーザーをサポートし、[招待状からパスワードを除外する] オプションが無効になっている必要があります。

出席者の場合、コールイン番号リンクをタップしてミーティングに参加してください。 主催者は、Webex サイト、デスクトップ アプリ、またはモバイル アプリからミーティングを開始する必要があります。

スケジュール済みミーティングを開始する

Meetings アプリを開いてサインインした後で、左にスワイプして [マイ ミーティング] に移動し、ミーティング エントリの [開始] をタップします。


共同ホストはモバイル アプリからミーティングを開始できます。

ワンクリック ミーティングを開始

ワンクリック ミーティングを開始するには、Meetings アプリを開き、[ミーティングを開始] をタップします。

次のいずれかの方法で Android デバイスから Webex ミーティングに参加できます。

1

Webex アカウントにサインインしてください。

2

以下のいずれかの作業を行ってください。

  • 左にスワイプして、[ マイ ミーティング して、ミーティングエントリ の [参加 ] をタップします。
  • [ミーティング に参加]をタップミーティング番号パーソナル会議室 URL、またはホストのユーザー名を入力し、[参加] をタップ します
  • SIP URI を以下の形式で入力します。
    • <meeting_number>@webex.com: スケジュールされた Webex ミーティング

    • <personal_room_id>@<sitename>.webex.com: パーソナル会議室でのワンクリック ミーティングまたはスケジュールされたミーティング

  • Webex アカウントを持ってない場合、 Meetings アプリを 開き、[ ミーティングに参加] を タップします ミーティング番号または主催者のパーソナル会議室 URL を入力し、名前とメールを入力して、[参加] をタップします。
  • 自分または最近参加したパーソナル会議室を検索します。 検索結果から参加するミーティングをタップします。
  • ミーティングに参加するには、Google Assistant 音声コマンドを使用してください。
  • Google Home デバイスを使用し、ミーティングに参加するために Google Assistant 音声コマンドを使用してください。
  • ミーティング招待状メールから、リンクされたビデオ アドレスをタップしてミーティングに参加します。

     

    モバイル アプリがインストールされていない場合でも、ミーティングの音声部分に参加できます。

  • 手書きした、またはタイプミーティング番号会議室 ID をスキャンして 、Webex ミーティングまたはパーソナル会議室に参加します。
  • Meetings を Ford Sync 3 AppLink で使用する場合は、ハンドルまたはダッシュボード コントロールを使用して AppLink をオンにし、ボイス コマンドを使用してください。

サイトの管理者が通知を送信するためにサイトを設定した場合、主催者がミーティングを開始する前またはその時にアプリがアラートします。

主催者がミーティングをスケジュールすると、出席者が主催者の前にミーティングに参加することを許可することができます。 主催者の名前は主催者が参加するまでミーティング情報には表示されません。

主催者のパーソナル会議室で開催されるミーティングに参加するとき、主催者が入室するか、あなたの入室を許可するまでロビーで待機します。 主催者が入室したとき、またはあなたの入室を許可したときにミーティングに参加できます。 あなたがロビーで待機していることを主催者に知らせるには、[主催者に通知] を選択します。

デバイスへのコールバックを受信するか、インターネットを介して VoIP を使用するか、またはビデオアドレスを入力して、ミーティングの音声会議に接続してください。

[音声接続のオプション] メニューをタップして、次のいずれかの音声オプションを選択します。

  • 音声にインターネットを使用—Wi-Fi 接続を使用しない限り、3G または 4G のデータプランを使用します。 Webex 音声または VoIP のみを使用している音声会議に参加する場合は、広帯域音声を使用します。

     

    広帯域音声を持たない参加者が広帯域音声を使用しているミーティングに参加すると、すべての参加者の音声の品質が低下します。 Meetings ではダウングレードする前に警告メッセージを表示しません。

  • コール ミー—電話番号を入力します。

     

    アプリの設定で自動コールバックを有効にしている場合は、自動的に通話を受信します。

  • コールイン—表示されるコールイン番号を入力します。 [国際コールイン番号] をタップして他の国のコールイン番号一覧を表示します。

    アクセス コードまたはミーティング番号と出席者 ID をメモしておきます。 ミーティングに参加するにはこれらの番号を入力する必要があります。

    使用できる番号の一つにダイヤルし、プロンプトが表示されたら、アクセス コードまたはミーティング番号と出席者 ID を入力します。 出席者 ID を持っていない場合、誰かが入室を許可してくれるまで # を押してロビーで待ちます。


     

    出席者 ID は、ミーティング中の名前を音声に接続します。 出席者 ID を入力しない場合、音声接続は参加者リスト中のコールインユーザーとして表示され、自分の名前とは別に、アプリケーションから音声を制御することができます。

  • 音声を切断—通話を聞きます。

[ 音声と > 設定] で、[ 音声とビデオのプレビューをスキップ] をオンにし、デフォルトの参加オプションを保存できます。

また、自分の基本設定を指定することで、参加するミーティングにデバイスを自動的にミュートにすることができます。 アプリの設定で、[参加時にミュート] をオンにします


お使いのデバイスのモデルによっては、音声のみのミーティング参加リンクを使用してミーティングに参加できないことがあります。 詳細については、「既知の問題と制限事項 (Android)」を参照してください。

サイト管理者がサイトを設定して許可する場合は、シングルタップでミーティングの音声に参加するために出席者が使用できる音声のみのミーティング参加リンクを含めることができます。 ミーティングをスケジュールする際には、お客様はコールインユーザーをサポートし、[招待状からパスワードを除外する] オプションが無効になっている必要があります。

出席者の場合、コールイン番号リンクをタップしてミーティングに参加してください。 あなたが主催者の場合、Webex サイト、デスクトップ アプリ、またはモバイル アプリからミーティングを開始する必要があります。


使用している Android デバイスとメール アプリによっては、ミーティングに参加するためにパスワードを入力する必要がある場合があります。