自分をミュートおよびミュート解除する

41.10 以降のサイトについては、「 Webex および Webex ウェビナーの音声設定Webex Meetings選択する」を参照してください

現在のバージョンを確認するには、「お使いの Webex Meetings バージョン番号を確認する」を参照してください。

41.9 以前のサイトの場合は、以下の手順に従ってください。

ミュートまたはミュートを解除するには、[ミュート]ミュート または [ミュート解除]ミュート解除 をクリックします。


 

Windows の場合は Ctrl + M、 Mac の場合は Command + Shift + M を使用して自分のミュートとミュート解除を行うこともできます。

ミュートされている間に話したい場合は、スペースバーを押しながら、一時的にミュート解除することができます。 話し終えたら、スペースバーを放して再度ミュートします。 参加者が自分自身でミュート解除できない場合、通知を受け取ります。

ミュート中に発言する場合、まず自分をミュート解除するか、または挙手をして主催者にミュート解除をしたい旨を知らせるというメッセージが表示されます。


 

60 秒以上何も言っていない場合でも、再び会話を開始すると、自分のミュートを解除するメッセージが画面に表示されます。

またはビデオ デバイスの *6 を押して自分をミュートまたはミュート解除することもできます。

[ミュートされています] 通知

音声のためにコンピューターを使用する場合は、ヘッドセット コントロールを使用して自分をミュートまたはミュート解除できます。 ミュートの状態はミーティング コントロールと [参加者] パネルに表示されます。 同様に、デスクトップ アプリからミュートおよびミュート解除すると、ヘッドセットにも適用されます。

ミーティングまたはウェ ビナーで参加者がミュート解除できない場合、あなたがミュートを解除できるのは、あなたが要求を送信した後です。 リクエストを受け取ったら、[自分のミュートを解除] をクリックします。 マイクをオフにし続ける場合は、[ミュート状態を維持する] をクリックします。

共有中にミュートする

共有時に、画面の上部 にあるミーティングまたはウェビナーのコントロール パネルにある [ミュート] をクリックして、マイクをミュートにします。

共有ツールバーからのミュート

主催者または共同主催者として他の参加者をミュートする

ミーティングまたはウェビナーの開催者または共同開催者である場合、ミーティングまたはウェビナーをモデレートするためのオプションがあります。 個人または全員を一斉にミュートしたり、参加者が自分のミュートを解除したりしないようにしたり、参加者が参加したときに自動的にミュートしたりできます。 参加者のミュートは、バックグラウンドのノイズが聞こえる場合、または参加者が順番に話す場合に役立ちます。

1

特定の参加者またはビデオ デバイスの利用者をミュートまたはミュート解除するには、[参加者] パネルの名前のとなりで [ミュート]ミュートまたは [ミュート解除]ミュート解除 を選択します。 [ミュート解除] ををクリックするとすると、参加者に自分自身のミュートを解除するよう求めるリクエストが送信されます。

2

自分とプレゼンタ以外の全員を一斉にミュートするには、[参加者] パネルをクリックし、[全員をミュート] または [全員のミュートを解除] を選択します。

3

ミーティングまたはイベントへの参加時にすべての参加者を自動的にミュートにするには、[参加者] パネルで [参加時にミュート] をクリックします。

参加者が自分でミュート解除できないようにする

デフォルトでは、ミーティング参加者は発言する際、自分でミュートを解除したり、発言後にミュートしたり、自由にできます。 大規模なミーティング、教室、トレーニング環境のように、混乱を避けて発言者を選ぶ必要がある特定の状況では、[出席者が各自でミュート解除することを許可する] のチェックを外しておけば、ミュート解除の権限を与えない限り、出席者はミュートのままとなります。

これは出席者から質問を受ける場合に役に立つ機能です。 たとえば、出席者が発言したい場合に、挙手をするよう求めることができます。 挙手の詳細については、「Webex Meetings と Events で挙手する」を参照してください。

主催者および共同主催者は、個別のブレイクアウト セッションで、出席者が自分でミュート解除できるかどうかをコントロールすることもできます。


主催者、共同主催者、プレゼンタは、常にミュートを解除できます。

ブレイクアウト セッションに主催者または共同主催者がいない場合、出席者は自由にミュートまたはミュートの解除ができます。

[参加者] パネルから、[その他のオプション] をクリックし、[出席者が各自でミュート解除することを許可] をオフにします。

チェックが入っていない場合、出席者は許可されない限り自分でミュートを解除することができません。

主催者、共同主催者、プレゼンタは、常にミュートを解除できます。

ブレイクアウト セッションに主催者または共同主催者がいない場合、出席者は自由にミュートまたはミュートの解除ができます。

Webex Webinars では、これらの設定はパネリストにのみ適用されます。デフォルトでは、出席者はミュートに設定されており、ミュート解除には常に許可が必要となります。

[出席者が各自でミュート解除することを許可] メニュー オプション

モデレートされたミュート解除モードを使用する

バージョン 41.2 以降のミーティング およびウェビナーでは、モデ評価されたミュート解除モードが利用 できます。

モデレーションされたミュート解除モードを使用すると、主催者と共同主催者は、ユーザーに自分自身のミュート解除を促すのではなく、参加者や SIP ベースのビデオ デバイスを直接ミュート解除できます。 たとえば、教師が生徒に呼びかけるときに、生徒のミュートを解除することができます。 モデタイズされたミュート解除モードのミーティングとウェビナーには、ミーティングまたはウェビナーウィンドウの上部に通知が表示され、全員に知らせります。

管理者がモデ評価されたミュート 解除モードを有効にしている場合、ミーティングとウェビナーをスケジュールしたり、パーソナル会議のミーティングで有効にできます。

ミュート解除したい参加者の名前の隣の [参加者] パネルの ミュート解除アイコン[ミュート解除] をクリックします。