この記事は、エンタープライズ アカウントを管理するサイト管理者に焦点を当てています。 Webex Meetings の個人用アカウントをお持ちの場合、詳細は [アカウントの管理] を参照してください。

Control HubWebex サイトを追加する

Control HubWebex サイトを追加して、Webex サイト管理または Control Hub でユーザーを管理するかどうかを決定できます。

パートナーから Webex サービスを購入した場合、Control Hub で Webex サイトを管理する場合は、パートナーに連絡してください。

1

Control Hub にサインインします。

2

左側ナビゲーション ペインの [サービス] で、[ミーティング] をクリックします。

3

[サイトを追加] をクリックします。

4

サブスクリプションを選択し、新規サイトを追加して [次へ] を選択します。

5

[次へ] をクリックします。

6

サイト名を入力し、タイムゾーンを選んでユーザーを管理する場所を指定します。


 
サイトが通常の展開サイクルに先立って機能に確実にアクセスできるようにするには、[早期リリースのための Webex サイトのセットアップ] のチェックボックスを選択します。 この設定は後で変更できません。
7

[サイトを追加] を選択し、[次へ] を選択します。


 

ほとんどのユーザーが位置している場所のタイムゾーンを選択します。

8

サイト間でライセンスの配布を行い、[保存] を選択します。

Control Hub で Webex サイトを削除する

Control Hub で 管理されている Webex サイトを削除できます。 サブスクリプションに関連付けられた少なくとも 1 つの Webex サイトがなければなりません。

  • Webex サイトを削除すると、サイトに紐づけられているすべての録画が削除されます。 あなたのサイトを削除する前に Webex 録画をダウンロードしておくことをおすすめします。

  • Webex サイトが削除されるとサイト上で、スケジュールされているミーティングは利用できなくなります。 ユーザーに対して別の、または新しい Webex サイトを使うよう告知する必要があります。

1

Control Hub にサインインします。

2

左側ナビゲーション ペインの [サービス] で、[ミーティング] をクリックします。

3

削除するサイトを選択し、[サイトを削除] をクリックします。

4

[削除] をクリックします。


 

この操作は実行できません

5

削除しているサイトに関連付けられているライセンスを再配布してから [削除] をクリックします。

Control Hub で Webex ライセンスを再配布する

Control Hub を使って他の Webex サイトにライセンスを再配布できます。 このプロセスは、組織の人を別の Webex サイトに切り替える場合に便利です。 このオプションは Control Hub で 2 つ以上の Webex サイトを管理している場合にのみ利用できます。

1

Control Hub にサインインします。

2

左側ナビゲーション ペインの [サービス] で、[ミーティング] をクリックします。

3

[再配布] を選択します。

4

ライセンスを再配布したら、[保存] をクリックします。

Control HubWebex サイト バージョンを指定する

異なる Webex サイトバージョンには異なる機能が含まれるため、自分のバージョンを知っておくことはとても大事です。

1

Control Hub にサインインします。

2

左側ナビゲーション ペインの [サービス] で、[ミーティング] をクリックします。

3

自分の Web サイトを選択し、[サイトを設定] をクリックします。

4

[共通設定] の下で、[サイト情報] を選択します。

5

サイトのページとクライアント バージョンは [サイト情報] の下に表示されます。

Control Hub で Webex サイトを管理する

Webex サイトを管理する代わりに Control HubWebex サイトから管理する場合、いくつかの違いがあります。 Webex サイト設定、ユーザー管理、レポート表示すべてを Control Hub から実行できます。

Control HubWebex サイトを管理する場合、次の Webex サイト管理の機能とオプションは利用できません。

  • セキュリティオプション。

    • ログインに x 回失敗した場合にアカウントをロックする。

    • 非アクティブな状態が [n] 日続いたらアカウントを無効にする。

    • ユーザーがパスワードを忘れた場合に表示するオプションを指定します。

    • サインアップフォームにセキュリティ確認を表示する。

    • パスワード条件を管理する。

    • セルフ登録。

新しい Webex サイトの既定バージョンを設定する

Cisco パートナーは新しいサイトにインストールされる Webex のデフォルトのバージョンを指定することができます。 デフォルト バージョンのインストールが行なわれる場合、顧客ごとのベースで最小サイトバージョンを変更することができません。 この設定はプロビジョニング済みのサイトが提供される顧客には反映されません。

1

Partner Hub にサインインします。

2

左側ナビゲーションペインの [設定] で、[Webex] までスクロールします。

3

[Cisco Webex Teams アプリケーション バージョン] の下で、[最新のクライアント バージョンで新しい Webex サイトをプロビジョニングする] を選択するか、またはこのボックスのチェックをオフにして、ドロップダウン リストから異なる Webex バージョンを選択します。