自動ライセンス割り当てを使用する必要がある理由

  • サービスを使用するための適切なライセンスが新しいユーザーに自動的に付与されます。

  • ライセンスを割り当てる、遅い手動の方法は避けるようにしてください。

  • Control Hub の既存ユーザーにライセンスを割り当てる。

グループライセンスの割り当てまたは組織ライセンスの割り当て?

組織全体に対するライセンス割り当てを構成できますか?

はい。組織全体に対するライセンス割り当てを設定できます。

組織内の特定のグループに対するライセンス割り当てを構成できますか?

はい。組織内の特定のグループに対するライセンス割り当てを構成することができます。

この機能を使用するには、Webex でグループを使用する必要があります。 Webex ディレクトリ コネクタからグループを同期する方法の詳細については、「Cisco Active Directory」を参照してください。

両方のタイプのライセンス割り当てを一緒に使用できますか?

いいえ。組織で有効にできるオプションはいずれか 1 つのみですが、いつでもオプションを変更できます。

組織ベースのライセンスからグループベースのライセンスに範囲が変更された場合は何が起こりますか?

範囲を変更する場合、組織ベースからグループベースの割り当てに変更すると、Webex は組織レベルで作成した割り当てを削除します。 この操作により、既存のユーザーに対するライセンス割り当てを変更する必要はありません。

それから、新規のグループベースのライセンス割り当てを定義する必要があります。

組織ライセンス割り当てからライセンスを取得する人は?

組織ベースの割り当ては、新規ユーザーを組織に追加する場合に常に適用されます。 これは、(常にチェックされている) 組織のライセンス割り当てページの 将来のユーザーチェックボックスによって表示されます。

割り当てを既存のユーザーに適用する オプションを選択できます。 このオプションでは、組織にすでに存在しているすべてのユーザーに割り当てられているライセンスを変更します。 変更を保存すると、それが発生します。

[既存のユーザー] を選択した場合、既存ユーザーのライセンス を保持するオプションも選択できます。 たとえば、一部のユーザーがすでに高度メッセージングを使用している場合、そのライセンスを除外するために割り当てを変更すると、これらのユーザーは高度なメッセージング機能を維持します。 ボックスにチェックを入れなくても、既存のユーザーはそれらの機能を失う可能性があります。

グループ ライセンス割り当てからライセンスを取得する人は?

グループに参加する新規ユーザーには、グループベースの割り当てが常に適用されます。 これは、(常にチェックされている) グループライセンス割り当てページの 将来のユーザーチェックボックスによって表示されます。

割り当てを既存のユーザーに適用する オプションを選択できます。 このオプションを選択すると、そのグループにすでに存在しているすべてのユーザーに割り当てられているライセンスが変更されます。 変更を保存すると、それが発生します。

[既存のユーザー] を選択した場合、既存ユーザーのライセンス を保持するオプションも選択できます。 たとえば、グループの一部のユーザーがアドバンスト メッセージングをすでに持っている場合、そのライセンスを除外するために割り当てを変更すると、これらのユーザーは高度なメッセージング機能を維持します。 ボックスにチェックを入れなくても、グループの既存ユーザーはこれらの機能を失います。

グループを変更するユーザーは、常に新しいグループからライセンスを取得します。 移動前に持っていたライセンスも保持するか、移動時に古い割り当てを失うかどうかを選択できます。 ライセンスを保持するためのグループベース管理および>管理 >ユーザー管理で >をコントロールできます。

ライセンス割り当てがどのように機能しますか?

既存ユーザーのライセンスを変更できますか?

はい。ライセンス割り当てを追加または変更する際に、[既存のユーザー] オプションをチェックすることで、既存ユーザーのライセンスを追加できます。 この機能でライセンスを削除したい場合、既存ユーザーに対しライセンスを保持する(既定で選択済み)のチェックを外します。

ライセンス割り当てを使用して、既存のユーザーにサービスを割り当てまたは削除できますか?

はい。ライセンス割り当ての下部にある [既存のユーザー] チェックボックスをオンにしている場合、既存ユーザーにサービスを割り当てまたは削除できます。

既存のユーザーからライセンスを削除する場合は、ライセンスの保持オプションを無効にする必要があります。 これは、組織とグループの両方の割り当てに適用されます。

ライセンス割り当てを変更すると何が起こりますか?

ライセンス割り当てからサービスを削除する場合、またはライセンス割り当てを削除する場合、ライセンスの保持に関する 2 つのオプションを取得します。 ライセンスの保持を有効にするか、無効にできます。 ライセンスの保存を保持する場合、ライセンス割り当てライセンスを持つユーザーは、元々割り当てられたすべてのサービスを維持します。 オフのときに、ライセンスが削除されます。

変更されたライセンス割り当てによりライセンスを取得している新規ユーザーは、削除したサービスを取得できません。 ライセンス割り当て全体を削除した場合、新規ユーザーはライセンスを自動的に受け取らしません。

入れ子になったグループは親グループからライセンス割り当てを継承できますか?

いいえ。グループのライセンス割り当ては、グループの直接メンバーである新規ユーザーにライセンスのみを割り当てる必要があります。 入れ子になったグループのユーザーは、親グループのライセンス割り当てからライセンスを取得しません。 Control Hub では、グループの階層は同一です。

グループ間でユーザーを移動する方法は、ライセンスに影響しますか?

ユーザーを 1 つのグループから別のグループに移動する場合、ライセンスの保存または保存の 2 つのオプションを取得します。 [ライセンス割 り当て] ページには、グループトランジション用のライセンスの保存を選択する別の設定があります。 この設定は、グループトランジションなどの非同期操作のライセンス保持オプションをコントロールします。

ユーザーがライセンス割り当てがある 2 つ以上のグループにある場合はどうしますか?

ユーザーが複数のグループにある場合、ユーザーは、すべてのグループに適用される割り当てからライセンスを増加します (重複した割り当てがない限り)。


 

この例外は、ユーザーが同じ Meetings サイトのホスト ライセンスと出席者のロールを割り当てる複数のライセンス割り当てにある場合、これらのユーザーにはそれらの Meetings サイトのホスト ライセンスだけが割り当てられます。 ただし、十分なホスト ライセンスが足りない場合、ユーザーは出席者の役割を取得できます。*

* 以前、ライセンスが使用できる場合でも、割り当てでは出席者のロールを持つユーザーを割り当て以前は行いました。 これは更新されたので、ユーザーは割り当てられたホスト ライセンスを取得します。

出席者の役割とホストライセンスの両方を割り当てるグループライセンス割り当てに属する新しいユーザーは、ホストライセンスが使用できない場合でも、ユーザーが少なくとも出席者の役割を取得したと確認します。 ホスト ライセンスが利用可能な場合、これらのユーザーはホスト ライセンスを取得します。

ユーザーが両方のグループから同じライセンスを受け取っている場合はどうなりますか? 2 つのライセンスを消費しますか?

いいえ。ユーザーに同じサービスを複数回割り当てることはできません。

ただし、このルールには次の例外があります。 複数のミーティングサイトがある場合、ユーザーに複数のミーティングライセンス(各サイトに 1 つずつ)を付与できる場合があります。

ライセンス割り当てを使用して、ユーザーにWebex Callingライセンスを割り当てできますか?

いいえ。Webex Calling では自動ライセンス割り当てはサポートされていません。 ライセンス割り当てWebex Callingキーを選択できない。

Control Hub の Meetings ライセンスはどうですか?

Control Hub で管理されているサイトに Meetings ライセンスを割り当てることができるか

はい。 [サイトの管理] からリンクされたユーザーは自動ライセンス付与の対象になります。

そのため、組織に基づく割り当てがある場合、リンクされたユーザーは、Control Hub 組織に入る前に、割り当てで指定されたライセンスを自動的に受け取します。

複数の Meetings サイトがある場合は何が起こりますか?

ミーティングサイトごとにライセンスが分かれています。 そのため、それぞれに異なるグループ割り当てを持つ 2 つのサイトがある場合、ユーザーを 1 つのグループから別のグループに移動すると、これらのユーザーは両方のミーティング サイトのライセンスを取得します。

出席者ロールをライセンス割り当てで割り当てできますか?

はい。 割り当てに Meetings ライセンスがある場合は、ライセンス割り当てを使用して、出席者ロールを割り当てるオプションが得されます。


 

出席者としてユーザーを割り当てるには、Webex サイトで出席者アカウント機能が有効になっている必要があります。 CSV ファイルに [出席者アカウント] 列が表示されない場合は、 カスタマー サクセス マネージャー (CSM)、パートナー サクセス マネージャー (PSM)、または Cisco テクニカル アシスタンス センター (TAC) に連絡して、Webex サイトでこの機能を有効にしてください。

Webex が複数のサブスクリプションからライセンスを割り当てる仕組み

複数のサブスクリプションから同じ割り当てにライセンスを適用できます。 最初に 100 個のメッセージングライセンスのサブスクリプションを購入してから、Webex を希望するユーザーが増えたためサブスクリプションを 50 個追加購入した場合などがこれに当てはまります。

このような場合、ライセンスをすべて使い切るまで、Webex によって古いサブスクリプションから順番に割り当てられます。 Control Hub でサブスクリプションの作成日を確認できます。

API または CSV で新規ユーザーを追加し、特定のライセンスで割り当てる場合、組織ベースの自動ライセンス テンプレートはユーザーに適用されますか?

いいえ。作成と同時に新規ユーザーにライセンスを割り当てる場合、組織ベースの自動ライセンス テンプレートは、そのユーザーに適用されません。

ライセンス割り当てテンプレートはデフォルトで組織全体に適用されます。 Webex でグループを使用する場合は、代わりにグループベースのライセンスを選択できます。

1

Control Hub にサインインします。

2

[ユーザーとライセンス の管理 > 移動します

3

ライセンスの割り当て範囲を選択します。

  • 組織ベースの管理 (既定)
  • グループベースの管理

 
組織は、組織ベースのライセンス テンプレートまたはグループベースのライセンス テンプレートの間でのみ選択して、両方ではなく、ユーザーに適用できます。 組織ベースおよびグループベースのライセンステンプレートは、相互に排他的です。
4

[グループベースの管理 ] を選択した場合は、ユーザーがグループ メンバーシップを変更するときに起こるものを選択する必要があります。

  • ユーザー が別のグループに転送するときに ライセンスを保持する場合、ユーザーはライセンスを保持し、新しいグループのライセンスも割り当てられます。
  • ユーザー が別の グループに転送するときにライセンスを保持するがオフの場合、ユーザーは新しいグループのライセンスを取得すると、古いグループの割り当てからライセンスを失います。

次に行うこと

組織ベースの管理を選択した場合、[セットアップ] をクリック して 、組織全体のライセンス割り当てテンプレートを作成します。 組織 レベルで新規ユーザーの自動ライセンスを構成するを参照してください

グループベースの管理を選択した場合、選択した情報を保存し、グループのテンプレートを構成します。 グループ レベルで新規ユーザーの自動ライセンスを構成するを参照してください

1

Control Hub 組織にサイン インし、[ https://admin.webex.comユーザー] ページに 移動 します。

2

[ライセンス] をクリックします

3

[組織ベースの管理] を選択してから [セットアップ] を選択します。

4

利用可能なサービス(Calling、Meetings、Messaging)から選択します。

Webex Meetings ライセンスを選択すると、ウィザードのページが 1 つ増えます。 [次へ] をクリックしてアカウントの種類を選択します。

  • 主催者: このライセンス割り当てに管理されたユーザーは自動的にホスト権限を取得し、ミーティングライセンス数は 1 減します。
  • 出席者: このライセンス割り当てに管理されるユーザーは、自動的に出席者の権限。 ミーティングライセンス数は減りません。

 

出席者アカウント タイプは、Webex サイト管理者ロールを持つユーザーは利用できません。 これらのユーザーに出席者アカウントを割り当てるには、Webex Meetings サイトの管理者権限をユーザーから削除する必要があります。

5

[範囲 を適用 ] セクションで、次のいずれかを選択して、ライセンスの変更を適用する範囲を決定できます。

  • 今後のユーザー: 今後のユーザーにのみライセンスを適用する場合は、このオプションを選択します。

  • 既存ユーザー: 既存のユーザーにもライセンス割り当ての変更を適用する場合は、このオプションを選択します。 [既存のユーザー] を選択する場合、[既存の ユーザーに対するライセンスの保持] を 選択します。 つまり、組織割り当てからライセンスを削除する場合、すでにこれらのライセンスを持つユーザーは影響を受けないのです。 割り当てを使用してユーザーからライセンスを削除する場合は、ボックスのチェックを外します。

    既存のユーザーを選択する場合は、[保存] をクリックして、ライセンスの変更は組織のすべての既存のユーザーに適用されます。

組織ライセンスの割り当て

 

[既存のユーザー] 設定を選択 しても、セッション間で維持されません。 このページを保存して離れた後で、次にこのページに戻る時に、[既存のユーザー] 設定の選択が再度解除されます。

6

ライセンス割り当て内のライセンスを確認し、[保存] をクリック します

ライセンス割り当てがアクティブです。 ユーザーを組織に追加すると、Webex は選択したライセンスをユーザーに自動的に割り当てるのです。 ユーザーがアクティブになると、関連するサービスを使用できます (初めて Webex にサインインした際)。

 
ライセンス割り当ては、ユーザーの作成時に特定のライセンスが割り当てられた組織に追加されたユーザーには適用されません。 ライセンス割り当てで自動的にライセンスを割り当てる場合は、新規ユーザーにライセンスを手動で割り当てたくない場合。

Webex 組織を組織と Active Directory同期すると、新規ユーザーには、そのグループのライセンス割り当てで選択したライセンスが付与されます。 これらのグループをグループポリシーとActive Directory同期させる必要があります。 Webex は一部の配信グループへの自動Active Directory対応していない。

未検証のドメインのアクティブではないユーザーにライセンスを割り当てた場合、ユーザーが初めてサインインしてアクティブになるまでライセンスは有効になりません。

ドメインが検証済みまたは要求済みで、サインインする前に新規ユーザーが Webex サービスを使用できるようにする必要がある場合、シングル サインオン(SSO)を構成し、Cisco Directory Connector によってユーザーが Webex クラウドに同期される前に自動メールが送信されないようにする必要があります。

始める前に

グループベースの自動ライセンス管理を選択する必要がある場合があります。ライセンス割り当て範囲 を選択するを参照してください

 

ユーザーが複数のグループにある場合、これらのユーザーには、存在しているグループに適用されるライセンスからライセンスが割り当てられます (重複するライセンスがない限り)。

ただし、ユーザーが同じ Meetings サイトに対して、ホスト ライセンスと出席者の役割を割り当てる複数のグループにある場合、ユーザーにはその Meetings サイトのホスト ライセンスだけが割り当てられます。 しかし、十分なホスト ライセンスが足りない場合は、ユーザーには出席者の役割が割り当てられます。

1

https://admin.webex.com にサインインし、[ユーザー] > [グループ] の順に移動します。

2

管理するグループを見つけてクリックし、[ライセンスの割り当て ] セクションを見つけて下 さい。

3

[セットアップ] をクリックします。

4

このグループの新規ユーザーに割り当てる使用可能なサービス (通話、ミーティング、メッセージング、ハイブリッドサービス) から選択します。


 
Contact Center ライセンスが利用できません。

適切なライセンスを選択Webex Meetingsウィザードには別のページがあります。 [次へ] をクリックしてアカウントの種類を選択します。

  • 主催者: このライセンス割り当てに管理される新しいユーザーは自動的にホスト権限を取得し、ミーティングライセンス数は 1 減らされます。
  • 出席者: このライセンス割り当てに管理される新規ユーザーは出席者の権限を自動的に増やします。 ミーティングライセンス数は減りません。

 

Webex サイト管理者ロールを持つユーザーは出席者アカウント タイプを利用できません。 これらのユーザーに出席者アカウントを割り当てるには、Webex Meetings サイトの管理者権限をユーザーから削除する必要があります。

5

[範囲 を適用 ] セクションで、次のいずれかを選択して、ライセンスの変更を適用する範囲を決定できます。

  • 今後のユーザー: 今後のユーザーにのみライセンスを適用する場合は、このオプションを選択します。
  • 既存ユーザー: 既存のユーザーにもライセンス割り当ての変更を適用する場合は、このオプションを選択します。 [既存のユーザー] を選択する場合、[既存の ユーザーに対するライセンスの保持] を 選択します。 つまり、グループ割り当てからライセンスを削除する場合、すでにこれらのライセンスを持つユーザーは影響を受けないのです。 割り当てを使用してユーザーからライセンスを削除する場合は、ボックスのチェックを外します。

    [既存のユーザー] を選択する場合は、[保存] をクリックすると、ライセンスの変更がグループのすべての既存ユーザーに適用されます。

6

[保存] をクリックします。

ライセンス割り当てがアクティブです。 Webex はライセンスを自動的に割り当てるので、グループ メンバーはアクティブになったときにそれらのサービスを使用することができます。
ライセンス割り当てにより割り当てられたライセンスを変更するには、組織ライセンス割り当てまたはグループライセンス割り当てと同じステップに従います。ライセンス割り当てウィザードへの別のパスです。
1

https://admin.webex.com の組織にサインインし、[ユーザー] ページを開きます。

2

ライセンス割り当てページに移動します:

  • グループベースの管理では、[グループ] を クリック し、割り当てを変更するグループを選択します。 グループ設定ページに ライセンス割 り当てセクションが表示されます。
  • 組織ベースの管理については、[ライセンス] をクリック します
3

[変更]をクリックします。

4

この割り当てに使用するライセンスを選択します (通話、ミーティング、メッセージング)。

適切なライセンスを選択Webex Meetingsウィザードが別のページを表示します。 [次へ] をクリックしてアカウントの種類を選択します。

  • 主催者: このライセンス割り当てに管理される新しいユーザーは自動的にホスト権限を取得し、ミーティングライセンス数は 1 減らされます。
  • 出席者: このライセンス割り当てに管理される新規ユーザーは出席者の権限を自動的に増やします。 ミーティングライセンス数は減りません。

 

出席者アカウント タイプは、Webex サイト管理者ロールを持つユーザーは利用できません。 これらのユーザーに出席者アカウントを割り当てるには、Webex Meetings サイトの管理者権限をユーザーから削除する必要があります。

5

[範囲 を適用 ] セクションで、次のいずれかを選択して、ライセンスの変更を適用する範囲を決定できます。

  • 今後のユーザー: 今後のユーザーにのみライセンスを適用する場合は、このオプションを選択します。
  • 既存ユーザー: 既存のユーザーにもライセンス割り当ての変更を適用する場合は、このオプションを選択します。 [既存のユーザー] を選択する場合、[既存の ユーザーに対するライセンスの保持] を 選択します。 つまり、割り当てからライセンスを削除する場合、すでにこれらのライセンスを持つユーザーは影響を受けないのです。 割り当てを使用してユーザーからライセンスを削除する場合は、ボックスのチェックを外します。

    既存ユーザーを選択する場合は、[保存] をクリックすると、ライセンスの変更がグループまたは組織の既存のすべてのユーザーに適用されます。

6

割り当て内のライセンスを確認し、[保存] をクリック します

ライセンス割り当てを削除するには、組織ライセンス割り当てまたはグループライセンス割り当てと同じ手順に従います。別のパスがあります。 ライセンス割り当てモードを変更する場合、モードから移動するモードからの割り当ては自動的に削除されます。
1

https://admin.webex.com の組織にサインインし、[ユーザー] ページを開きます。

2

ライセンス割り当てに移動します:

  • グループベースの管理では、[グループ] を クリック し、割り当てを削除するグループを選択します。 グループ設定ページに ライセンス割 り当てセクションが表示されます。
  • 組織ベースの管理については、[ライセンス] をクリック します
3

ゴミ箱アイコンをクリックします ([変更] ボタンの隣)。

警告を承認します。

4

[ 削除] をクリックして、ライセンス割り当てを削除する必要があります。

この操作によって、以前ユーザーに割り当てられたライセンスは削除しません。 つまり、Webex はグループまたは組織の将来のメンバーに自動的にライセンスを割り当てないのです。 希望する場合は、これらのライセンスを手動で割り当てるか、新しいユーザーを追加する前に新しいライセンス割り当てを設定することができます。
複数グループのユーザーが割り当てを受け取らない
ユーザーが 2 つのグループのメンバーの場合、ユーザーは両方のグループによって割り当てられたライセンスを受け取る必要があります。 2 グループのユーザーにライセンスが割り当てられていない問題が見つかりました。 この場合、ユーザーはライセンスを割り当てたグループに入り、もう 1 つのグループにいて、Basic Messaging ライセンスを削除しました。
ライセンスのトグルを保持するための変更が [キャンセル] に続きます
管理者が Control Hub でライセンスの保持のトグルを無効にすると、無効にするには追加のクリックが必要な警告が表示されます。 管理者が警告ダイアログから取り消した場合、トグルは元の (有効) 状態に戻しません。
Control Hub UI は重複するライセンスの割り当てを検証しません
管理者がライセンス割り当てを変更すると、ユーザーは重複するライセンスを持っている可能性があります。 これは許可されません。Control Hub がバックエンド ライセンス メカニズムと同期した後、UI は更新します。