WebRTC を使って、Cisco Board、Room デバイス、または Desk Pro から Google Meet ミーティングに 参加できます。 これはシステム管理者によってセットアップされ、使用しているデバイスのタイプによって異なります。

One Button to Push で参加する

One Button to Push は、ハイブリッド カレンダーが有効になっているデバイスで使用可能です。 ユーザーが Google Meet ミーティングをスケジュールし、Cisco デバイスを含める場合、ミーティングが開始する直前にデバイス画面に参加ボタンが表示されます。 [参加] をタップ するだけでミーティングに参加できます。

ミーティングに加わると、デバイスはデフォルトでグリッド レイアウトと通話制御により、Google Meet からのビデオ ストリームをメイン画面に表示します。

プレゼンテーションが共有されると、デバイスにプレゼンテーションが表示されます。 画面上で共有されるコンテンツはインタラクティブではありません。 通話コントロールとセルフビューは数秒後に画面から消えます。

ミーティングにダイヤルインで参加する

Webex デバイスで Google Meeting に参加するには、カレンダーの招待またはミーティングリンクの最後に指定されているコードが必要です。 コードを受け取った後で、デバイスの [Google Meet] ボタンを選択して 参加できます。



ミーティングに加わると、Webex デバイスはデフォルトでグリッド レイアウトと通話制御により、Google Meet からのビデオ ストリームをメイン画面に表示します。

プレゼンテーションが共有されると、デバイスにプレゼンテーションが表示されます。 画面上で共有されるコンテンツはインタラクティブではありません。 通話コントロールとセルフビューは数秒後に画面から消えます。

制限事項

これらの機能はミーティング中は使用できません。

  • デバイスを使った共有は利用できます。 共有オプションをタップし、ブラウザに 指定された URL を入力することで、これを行います。

  • 参加者リスト

  • ホワイトボーディング

  • 遠端カメラ制御

  • レイアウトはデフォルトでグリッドです

  • デュアル画面のデバイスでは、メインディスプレイにミーティングが表示されます