Webex は今、ユーザーが Webex アプリから Webex 標準ミーティング、Webex パーソナル会議室ミーティング、および Webex チーム ミーティングに参加するとき、新たなミーティング エクスペリエンスを提供します。

Webex の Webex Meetings とパーソナル会議室ミーティング

Webex は、Webex の Webex 標準ミーティングや Webex パーソナル会議室ミーティングに参加するときに、次のような機能をサポート。

  • Webex 標準ミーティングまたは Webex パーソナル会議室ミーティングの主催者である場合、Webex から直接ミーティングを開始し主催できるようにました。 主催者として、ミーティングを録画し、ミーティングをロックし、ユーザーをミュートしミュート解除し、ミーティングに誰かを入室させ、ミーティングから誰かを削除し、ミーティングを終了できる機能が付きます。 主催者ロールを誰かに移転して、退席し、その人物が後からミーティングを終了させることもできます。

  • Webex から Webex ミーティングに参加するか開始する場合、Cisco Webex Meetings アカウントの設定にもよりますが、コールインとコールバックのオプションを含む、電話音声のオプションを使えるようにました。

  • [参加者] リストには、Webex Teams アプリからミーティングに参加した場合に表示されるのと同じ参加者情報が表示されます。

Webex Teams Meetings 用のミーティング機能

Webex ミーティングアカウントを持った人がスペースを作成すると、そのスペース作成者がミーティング スポンサーになります。 スペースの任意のスペースのメンバーがスペースからミーティングをスケジュールするか開始すると、ミーティング スポンサーの主催者アカウントにもよりますが、そのミーティングではコールインとコールバック オプションを含む電話音声オプション、録音、ゲスト ミーティング アクセスなど、Webex の有料版と同じ機能が利用できるようにました。 スペースにいる誰もが、主催者一人に任せることなく、ミーティングを録画し、他の人をミュートしミュート解除し、ユーザーを入室させるまたは削除することができるようになりました。 これらのミーティングは Webex スペースに関連付けられているので、継続的なチーム関与、文脈、永続的な履歴が必要なプロジェクトには理想的です。

スペースのミーティングは、200 名までの参加者をサポートします (以前は 100 名までの参加者のサポートでした)。

Webex チーム ミーティングでは、ミーティング コントロールがされ、スピーカー ビューと共有コンテンツの間を容易に切り替えること、ユーザーリストを表示すること、レイアウトにその他の変更を加えることができるようになりました。 また今誰が話していて、コンテンツを共有していて、誰がミュートされているまたは音声に接続していないのかを表示できます。

詳細はこちら

Webex でのミーティング エクスペリエンスについて詳しい情報は、以下の記事をご覧ください。

管理者であれば、Cisco Webex 組織、Cisco Webex サイト、およびユーザー アカウントが、Webex での新しいミーティング エクスペリエンスを得るための要件を満たしているかどうかを確認できます。 さらに詳しい情報については、「Cisco Webex でのミーティングエクスペリエンスの前提条件」をご覧ください。