WBS33 以降では、画面の上部にあるミーティング コントロールから、ビデオ フォーカスをロックする参加者を選択します。

あなた自身、特定の参加者、または発言者をメインビデオに映し出して固定します。 あなたが主催者の場合、全員に対して映し出すビデオを選択することができます。


ビデオ デバイスから参加するユーザーは、アクティブ スピーカーを引き続き見ることができます。

すべての参加者はサムネイルビデオで映し出す相手を選択することができます。 サムネイルビデオを固定する場合、この操作はあなたのビューのみで適用されます。


主催者による特別な設定が入っている場合はサムネイルビデオを固定することはできません。 すべての参加者は各々の好みでサムネイルビデオを固定することができます。

1

[ステージ] ビューまたは [フォーカス] ビューで、画面の上部にある [このビデオを特定の参加者にロックする] を選択します。

主催者が参加者のビデオをすでにロックしている場合、 を選択できません。 代わりに、ビデオがロックされているユーザーの名前の横にロックアイコンが表示されます。

2

参加者の場合、手順 3 に進みます。 主催者の場合、以下のうち 1 つから選択します。

  • [自分] を選択し、自分自身のみ特定の参加者のメイン ビデオをロックします。
  • [全員] を選択し、特定の参加者のメイン ビデオをミーティング内の全員に対してロックします。
3

ビデオをロックする参加者を選択します。 次のいずれかを選択します。

  • 探している参加者の名前がわかるのであれば、[名前で検索] テキスト ボックスに入力します。
  • 探している参加者の名前がわからない場合は、[参加者] リストをスクロールして見つけます。
4

ウィンドウのロックを解除するには、[ビデオフォーカスのロック解除] をクリックしてアクティブなスピーカーに戻るか、[...] をクリックしてウィンドウを別の参加者にロックします。

1

参加者をロックしたいサムネイルまたはグリッドビデオにカーソルを持って行き、[その他のオプション] をクリックし、[このロケーションに参加者をロックする] を選択します。

2

その場所にロックする参加者の名前が分かっている場合は、検索バーに入力するか、参加者リストから選択します。

最初に 6 個のサムネイル ビデオにフォーカスをロックすることできます。


 

メインのビデオウィンドウが特定の参加者で固定されている場合、主催者およびプレゼンタは別の参加者にシームレスに切り替えることができます。ビデオをいったん解除する必要はありません。

1

画面の上部で、[特定の参加者のこのビデオをロックする] を選択します。

主催者が参加者のビデオをすでにロックしている場合、 を選択できません。 代わりに、ビデオがロックされているユーザーの名前の隣にピンが表示されます。

2

参加者の場合、手順 3 に進みます。 主催者の場合、以下のうち 1 つから選択します。

  • [自分] を選択し、自分自身のみ特定の参加者のメイン ビデオをロックします。
  • [全員] を選択し、特定の参加者のメイン ビデオをミーティング内の全員に対してロックします。
3

ビデオをロックする参加者を選択します。 次のいずれかを選択します。

  • 探している参加者の名前がわかるのであれば、[名前で検索] テキスト ボックスに入力します。
  • 探している参加者の名前がわからないのであれば、[参加者] リストをスクロールして見つけます。
4

ウィンドウのロックを解除するには、をクリックしてアクティブなスピーカーに戻るか、[...] をクリックしてウィンドウを別の参加者に固定します。

参加者をロックしたいサムネイルビデオにカーソルを持って行き、[ビデオオプション] 詳細 をクリックし、[このビデオを参加者にロックする] を選択します。

サムネイルオプション

最初に 6 個のサムネイル ビデオにフォーカスをロックすることできます。


 

メインのビデオウィンドウが特定の参加者で固定されている場合、主催者およびプレゼンタは別の参加者にシームレスに切り替えることができます。ビデオをいったん解除する必要はありません。