Webex デバイス コネクタを使用したハイブリッド コール組織の移行

Webex デバイス(コール コネクタ)顧客の既存のお客様の場合、Webex デバイス(コール コネクタ)向けのソリューションとして、Webex デバイス コネクタを使用して、組織をハイブリッド コールに移行することができます。 このツールには、[移行] ボタンが直接表示されています。このツールは、既存の設定をクラウドに保持します。完了したら、Unified CM 環境に接続して、オンプレミスとクラウド間の同期を完了することができます。 移行によってサービスが中断されることはありません。データは移動され、以前と同じように機能し続けます。

1 

Webex デバイス コネクタで、[クラウドに登録されているデバイスにオンプレミスのコールを追加する] をクリックします。

2

移行通知を一読し、準備ができたら [今すぐ移行] をクリックします。

組織はバックエンドで移行されます。

3 

移行が成功したことを示すメッセージが表示されたら、[Unified CM へ接続] をクリックして、オンプレミス設定と Webex デバイス コネクタの同期を開始します。

サービス カード情報:

  • 2020 年 5 月 4 日より前に作成された米国の顧客組織の場合、これらの組織には、古い「ハイブリッド コール」サービス カードが表示されます。 これには、移行後の情報も含まれます。

  • この日付以降に作成された EU の顧客と組織の場合、これらの組織には、新しい「Webex デバイス用のハイブリッド コール」サービス カードが表示されます。

2020 年 5 月 4 日より前に作成された組織でのデバイス コネクタの設定:

次のいずれかの組織がある場合で、初めてデバイス コネクタ ソリューション を設定する場合は、次の手順を実行します。

  1. (必要に応じて Call Service Connect 接続を有効にする) サービス カードを選択する場合は、Expressway の値を入力する必要があります(任意のアドレスを入力できます。実際の Expressway に解決する必要 はありません)。

  2. 次に、ハイブリッド通話設定に移動して、ハイブリッド コール サービス接続 (Expressway-E に解決する SIP 宛先) を設定します。

  3. 完了したら、デバイスコネクタをダウンロードおよびインストールして組織を移行し 、作業スペースをプロビジョニングできます。

ハイブリッド コール サービス (ユーザーの場合) がサポート状態に終わると、このエクスペリエンスがすべての組織で一貫性あるようになります 。

次の作業

同期の手順については、導入ガイドを参照してください。

既存のハイブリッド コールの設定を保持し、新しいソリューションを使用して、それが正常に動作することを確認することができます。新しいソリューションが動作することを確認した後は、導入ガイドを読むと、コール コネクタをホストしている Expressway などの既存設定をクリーン アップする際の考慮事項を確認することができます。

ワークスペースの Webex デバイスをハイブリッド コール サービスおよびWebex デバイス コネクタ アーキテクチャに移行する際の懸念事項


Webex デバイス用のハイブリッド コール サービスをまだ導入していない場合は、この項を無視し、導入ガイドの残りの部分を使用して、サービスを最初からセットアップすることができます。

ユーザとデバイスの両方のためにハイブリッド コール サービスを導入した場合は、この項の後半で説明するように、 ユーザを Webex(Unified CM)ソリューションに移行 することを推奨します。 代替案として、コール コネクタ アーキテクチャを使用して、ユーザーをハイブリッド コール サービスに保持することもできます。

コントロール ハブで、組織が Webex デバイス ソリューションの新しいハイブリッド コール サービスに移行されているというメッセージが表示される場合があります。

この表では、古いハイブリッド コール サービス(コール コネクタ アーキテクチャ)ソリューションから Webex デバイス用の新しいハイブリッド コール サービス(Webex デバイス コネクタ アーキテクチャ)ソリューションに移行する際に考慮する必要があるキーポイントをまとめています。 この表では、Webex デバイスを新しいソリューションに移行するために必要なことと、ハイブリッドコールサービスを使用してクラウドに登録されたビデオデバイスを引き続き使用する場合に必要なものを考慮に入れています。

新しいソリューションでは、設定フローのみを変更するため、Call Connector Expressway を削除し、これを、Webex デバイス コネクタ ソフトウェアを使って置き換えます。 Unified CM および Expressway ペアでは、この設定を変更する必要はありません。また、通話フローおよび Webex デバイスに対する機能の動作も変わりません。 また、移行によってサービスが中断されることはありません。データは移動され、以前と同じように機能し続けます。

移行前 移行後 影響 推奨事項
Webex クラウドに登録されたビデオ デバイス向けの Cisco Spark リモートデバイス(Cisco Spark-RD) Webex クラウドに登録されたビデオ デバイス向けの Cisco Spark-RD

ハイブリッド コールまたはデバイスの取り外しのために有効にする新しいデバイスについては、Cisco Unified CM Administration を使用して Cisco Spark-RD を手動で作成または削除する必要があります。

ガイダンスについては、展開に関する章を参照してください。

キャパシティ Unified CMデバイスの容量使用率を確認する。必要に応じて追加の容量(より大きなOVAまたはより多くのサーバ)を導入する
ビデオ デバイスのハイブリッド コール サービスに必要なコール コネクタ ビデオ デバイスに必要な Webex デバイス コネクタ コール コネクタ キャパシティは不要

Webex デバイスの既存のハイブリッド コールに変更を加える必要がある場合は、Webex デバイス コネクタ ソフトウェアを実行して、設定を同期する必要があります。

移行後に、コール コネクタの Expressway キャパシティを削除し、(カレンダー、メッセージング、有用性などの)他のコネクタにキャパシティを再割り当てします。

コントロール ハブから Webex デバイス コネクタをダウンロードしてインストールします。詳細については、このガイドの導入情報を参照してください。

コール コネクタによって、既存のビデオ デバイスの自動 Cisco Spark-RD が作成されました。

管理者は、新しいビデオ デバイス用に Cisco Spark-RD を手動で作成する必要があります。

コール コネクタ Expressway の削除は、自動作成された Cisco Spark-RD には影響しません。

ハイブリッド コール サービスまたはデバイスの削除を有効にする新しいデバイスについては、Cisco Unified CM Administration を使用して、Cisco Spark-RD を手動で作成または削除する必要があります。

ガイダンスについては、展開に関する章を参照してください。

コール コネクタは、Unified CM データをクラウドに自動的に同期します。

Webex デバイス コネクタは、必要に応じて Unified CM データをクラウドに同期します (ソフトウェアから同期手順を実行する場合)。

Webex デバイスに対するハイブリッド コールにはこれ以上コール コネクタは必要ありません。

Webex デバイスの既存のハイブリッド コール サービスに変更を加える必要がある場合は、Webex デバイス コネクタ ソフトウェアを実行する必要があります。

コール コネクタの Expressway キャパシティを削除し、(カレンダー、メッセージング、有用性などの)他のコネクタにキャパシティを再割り当てします。

コントロール ハブから Webex デバイス コネクタをダウンロードしてインストールします。詳細については、このガイドの導入情報を参照してください。

ワークスペースの Webex デバイスの設定の保持

新規ソリューションを移行する前に、ハイブリッド コールに対して有効にしたワークスペースにある Webex デバイスに対して次の設定が保持されていることを確認します(Webex デバイス コネクタ アーキテクチャを使用したハイブリッド コール)。

1 

設定を、Expressway-C とExpressway-Eのペアから削除しないでください。

ワークスペース内の Webex デバイスと企業間の通話は、 ハイブリッド コールの Expressway ペアで安全にルーティングされます。

2

SIP 宛先を削除しないでください。

Control Hub内の SIP 宛先アドレスは、ハイブリッド コール サービスのための呼び出しトラバーサル内の Expressway-E に解決される。 すべてのハイブリッド コール トラフィックは、このアドレスを通過する。このエントリは通常、複数の Expressway-Es に解決できるDNS-SRV レコードです。

3 

組織のハイブリッド コール サービスの接続を非アクティブにしないでください。

この設定はControl Hubに存在し、組織全体に設定される。有効にすると、ハイブリッド コール サービスはアクティブで使用可能になり、Webex に登録されたデバイスに割り当てることができます。

4

ワークスペース内の Webex デバイスに関連付けられている Cisco Spark-RD またはエンド ユーザ アカウントは削除しないでください。

Cisco Spark-RD は、エンドユーザアカウントの作業番号に関連付けられた仮想デバイスであり、Cisco Webex アカウントの SIP アイデンティティを企業 SIP ID にリンクするため、Unified CM 側または Cisco Webex のクラウド側に対するアンカーの発信ができます。 その裏では、Cisco Spark-RD は、クラウド内のコール アクティビティを結び付け、プレミスとエンド ユーザ アカウントは、ワークスペースにある Webex デバイスに関連付けられます。

5 

ハイブリッド コール サービスの Cisco Unified Communications Managerの設定を削除しない。

Cisco Unified Communications Manager は、Expressway-C から通話を受信します。この設定により、クラウドとオンプレミス 企業間の URI ルートが有効化されます。 企業パラメータで指定されたクラスタFQDNは、SIPルーティングの決定に使用され、これは、複数のクラスタを識別して、それらの間で呼び出しを発生させるのに役立つ。

6

ハイブリッドWebexデバイスまたはそれらを管理しているユーザに使用されている確認済みドメインを削除しないでください。

ドメインの検証は、組織のセキュリティと完全性にとって不可欠です。確立された検証により、特定のドメインを所有しており、このサービスが機能するために必要であることが証明される。 ハイブリッド コール サービスの場合、検証済みドメインは、Webexデバイスとデバイスを管理するすべてのユーザに関連付けられたオンプレミスのディレクトリURIsにあるドメインである。

次の作業

次のタスクを実行して、Webex デバイス コネクタにアクセスし、ソフトウェアをインストールし、それを使用して、Unified CM と Webex クラウドに登録されているデバイス間の設定を同期します。

ユーザを移行する方法により、次のいずれかの移行タスクを選択します。

ユーザーの Webex (Unified CM) への移行および Expressway コネクタ ホストの削除

ハイブリッド コールは、コントロールハブ内の場所にある会議室、デスク、またはBoard デバイスにサービスを追加した場合でも必要です。ハイブリッド コールを使用して有効になっているルーム、デスク、およびボードデバイスに必要なものを削除することはできません。

Calling in Webex (Unified CM) にユーザーをに移行するには、新規ソリューションを展開する前に該当するユーザのハイブリッド コールを削除する必要があります。ユーザーのハイブリッド コールを無効にし、Unified CM から関連する設定をすべて削除するには、次の手順を使用します。


ハイブリッドコールのユーザにパーソナルモードデバイスが設定されている場合でも、これらのデバイスはハイブリッドコールをサポートします 。ただし、パーソナルモードデバイスは、Webex デバイスコネクタソリューションに移行した後、ハイブリッドコールで再び有効にする必要があります。

1 

Cisco Webex Control Hubでユーザーアカウントから[Call Service Aware] および[Call Service Connect]を削除するためには、https://admin.webex.com でカスタマービューにサインインします。その後、次のいずれかの方法を使用できる。

表 1コントロールハブの Webex ユーザアカウントからサービスを削除するオプション

ユーザ設定方法

ハイブリッド コール サービスを無効にする手順

個人ユーザ

[管理] > [ユーザー] に移動し、リストでユーザ名をクリックして 概要ペインを開き、[コールサービス ] をクリックしてから [ 接続] をクリックし、 設定をオフに切り替えます。次に戻り、 [認識] 設定をオフに切り替えます。

CSV テンプレートを使用するバルクユーザアカウント

[管理] > [ユーザー] に移動し、[ユーザーの管理] > [ユーザーリストのエクスポート] をクリックし、[Call Service Aware] と [Call Service Connect] 列中に [FALSE] を 入力し、 ファイルを保存して、https://admin.webex.com に戻って [インポート] をクリックし、 更新したファイルを選択します。[サービスの 追加と削除]を選択して、 [送信] をクリックします。

ディレクトリ同期されたユーザアカウント (シスコ ディレクトリコネクタ経由)

[管理] > [ユーザー] に移動し、[ユーザーの管理] をクリックして、 [すべての同期ユーザーの編集] を選択してから、[ 次へ] をクリックします。プロンプトをクリックすると、 同期ステータス (Sync Status) 画面が表示されます。[更新] 矢印をクリックし、 [次へ] をクリックしてから、ユーザーから [Call Service Aware] および [Call Service Connect] を 削除します。

この手順は、ユーザのみに対して ハイブリッド コール を完全に無効化しますが、組織レベルでは設定されたままとなります( ハイブリッド コールは、クラウドに登録されているワークスペースの会議室、デスクおよび Board デバイスに必要です)。 次に、ハイブリッド コールを使用したユーザーの Cisco Spark リモート デバイス (Cisco Spark-RD) を削除する必要があります 。コールコネクタで自動作成オプションを選択したか、または手動でユニファイド CM で作成されたかにかかわらず、次のステップで手動で削除する必要があります。

2

ユーザーに関連付けられていたCisco Spark-RD を削除するには、[Cisco Unified CM Administration] に移動し、次の手順を実行します。

  1. [デバイス] > [電話] をクリックします。

  2. [Find phone where]ドロップダウンで [デバイスの種類] を選択し、 [アイテムの選択] または [検索ワードを入力] ドロップダウンで [Cisco Spark リモートデバイス] を選択します。[検索] をクリックします。

  3. 削除するデバイスのいずれかをオンにして、[選択項目の削除] をクリックします。プロンプトを読んで、確認が終わったら、[OK] をクリックします。

    この手順により、 選択されたすべてのCisco Spark-RDとユーザーのリモート接続先が削除されます


     

    ワークスペースで会議室、ボード、およびデスク デバイス用にハイブリッド コールを設定している場合は、組織内のハイブリッド コールWebex ユーザーに関連付けられている Cisco Spark-RD のみを削除します。次のステップに進まないでください。

  4. [デバイス] > [電話]に戻り、ハイブリッド コールに使用された可能性のある CTI-RD を検索し、[Find phone where]ドロップダウンで、[デバイスの種類]を選択し、[アイテムを選択またはワードの検索]ドロップダウンで、[CTI リモートデバイス] を選択します。[検索] をクリックします。


     

    ハイブリッド コール に使用されていた CTI-RD には、アドレスとして *.call.ciscospark.com または*.calls.webex.com リモート接続先を含みます。

  5. 削除するデバイスのいずれかをオンにして、[選択項目の削除] をクリックします。プロンプトを読んで、確認が終わったら、[OK] をクリックします。

    この手順では、ユーザに対して、選択した CTI-RDs と対応するリモート通知先をすべて削除する。

次の作業

Webex デバイス コネクタを使用してワークスペースをハイブリッド コールに、ユーザーをハイブリッド コールに移行後、クラウドに登録した Expressway リソースからサービスを削除し、次の手順にしたばって、これらリソースの登録を解除することができます。

  1. リソースから Cisco Webex ハイブリッド サービスを削除する

  2. クラウドから Cisco Webex ハイブリッド サービス リソースの登録を解除する

ハイブリッド コール サービス ユーザの保持

Webex デバイスを、(Webex デバイス コネクタを使用して)新しいハイブリッド コール サービス ソリューションに移行した後、ユーザーをハイブリッド コール サービス(社内のコール コネクタ)で保持する必要がある場合は、次の手順を確認して、ユーザーに関連した設定が保持されていることを確認してください。

1 

設定を、Expressway-C とExpressway-Eのペアから削除しないでください。

企業と Webex ユーザ間の通話は、ハイブリッド コールに対する Expressway ペアで安全にルーティングされます。トラバーサル ペアは、Webex デバイスのハイブリッド コール サービスにも使用されます。

2

SIP 宛先を削除しないでください。

Control Hub内の SIP 宛先アドレスは、ハイブリッド コール サービスのための呼び出しトラバーサル内の Expressway-E に解決される。 すべてのハイブリッド コール トラフィック(ユーザおよび Webex デバイスの場合)は、このアドレスを介します。このエントリは通常、複数の Expressway-Esに解決できるDNS-SRV レコードです。

3 

Cisco Webex Control Hub のユーザ アカウントから、Call Service Aware および Call Service Connect を削除しないでください。

Control Hub の両方のサービスは、Webex ユーザがハイブリッド コールを使用するユーザアカウントで有効にしておく必要があります。

4

組織のハイブリッド コール サービスの接続を非アクティブにしないでください。

この設定はControl Hubに存在し、組織全体に設定される。有効にすると、ハイブリッド コール サービスはアクティブで使用可能になり、Webex に登録されたデバイスに割り当てることができます。

5 

ハイブリッド コール サービスを使用して、Webex のユーザアカウントに関連付けられている Cisco Spark-RD またはエンド ユーザ アカウントは削除しないでください。

Cisco Spark-RD は、ユーザーの職場の電話番号 に接続され、Cisco Webex アカウントの SIP アイデンティティをエンタープライズ SIP ID にリンクする仮想デバイスであり、そのため、呼び出しは Unified CM 側でアンカーするか、Cisco Webex クラウド側に分岐します。その裏では、Cisco Spark-RD は、クラウド内のコール アクティビティを結び付け、プレミスとエンド ユーザ アカウントは 、ワークスペースにあるデバイスに関連付けられます。

6

ハイブリッド コール サービスをサポートしているコール コネクタをホストする Expressway-C の登録は解除しないでください。

Cisco Webex Hybrid Services は、Expressway-Cでホストされているソフトウェアコネクタを使用して、Cisco Webex を組織の環境に安全に接続する。 ハイブリッド コール サービスで有効化されているユーザーをサポートする場合は、ハイブリッド サービス用にクラウドに登録されている Expressway-C を維持しておく必要があります。

7 

ユーザーまたはそれらを管理するユーザーのハイブリッド コール サービスに使用されている確認済みドメインんを削除しないでください。

ドメインの検証は、組織のセキュリティと完全性にとって不可欠です。確立された検証により、特定のドメインを所有しており、このサービスが機能するために必要であることが証明される。 ハイブリッド コール サービスの場合、検証済みドメインは、Webexデバイスとデバイスを管理するすべてのユーザに関連付けられたオンプレミスのディレクトリURIsにあるドメインである。