デバイスコネクタツールは、ワークスペース、アクティベーションコードを作成し、すべてのデバイスを一度にアクティブ化します。このようにすると、デバイスをアクティブにするために物理的に同じルームに存在する必要はありません。

前提条件
  • CE9.15 以降のソフトウェアバージョン。

  • CE ソフトウェアの暗号化されたバージョン。

  • デバイスまたは組織の管理者としてハブアクセスを制御します。

  • 移行するすべてのデバイスの IP アドレス、ユーザ名、パスワードを指定する必要があります。

  • デバイスコネクタツール用のデバイスへの HTTPS 接続。

1 

https://admin.webex.com の顧客ビューから、[デバイス]に移動し、[リソース]を選択してデバイス コネクタ ツールへのリンクを参照します。このツールの詳細については、Cisco Webex Device コネクタ を参照してください。

2

デバイスコネクタツールをインストールした後で、[複数のデバイスをクラウドに登録する] を選択して [CSV または CiscoTMS を使用したデバイスの登録概要ファイルのエクスポート] をクリックします。

3 

使用しているコンピュータ上のファイルを参照して開きます。

TMS からファイルを作成するには、システムの概要レポートをエクスポートし、[ネットワーク設定][ホスト名システムパラメータ] のみを選択します。ユーザ名とパスワードの列を手動で追加します。

CSV ファイルは、アドレスユーザ名、およびパスワードの列を作成する必要があります。


 

このツールは、ワークスペース名として現在のプロビジョニングシステムのシステムユニット名を使用します。使用できない場合は、MAC アドレスが使用されます。名前を変更するには、[名前 (name)] フィールドをクリックします。

4

[すべて登録] をクリックして、リストされたすべてのデバイスをリンクします。個々のデバイスを登録するには、そのデバイスの横にある [登録] ボタンをクリックします。

デバイスコネクタはデバイス情報を Webex 組織に送信し、Webex アイデンティティサービスはすべてのデバイスのアクティベーションコードを作成します。アクティベーションコードは、API を使用してデバイスに送信されます。この機能を使用するには、HTTPS をイネーブルにする必要があります。

デバイスが Cisco Webex クラウドサービスに登録されている場合は、デバイス名をクリックすると、デバイスページがコントロールハブで直接表示されます。

デバイスで登録が保留になっている場合は、まだ登録されていません。設定は、プロビジョニングシステムが更新された設定をデバイスにプッシュするときに適用されます。システムは、アクティベーションコードが期限切れになるまで、デバイスを 7 日間登録しようとします。デバイスがその時利用可能な場合は、そのデバイスを登録します。