Cisco Webex アドインをインストール

必要なもの

  • システム要件

    • Mac — MacOS 10.10 以降

    • Windows PC — Windows 10 以降

  • Webex アカウント - 詳細については、「https://www.webex.com/products/teams/index.html」を参照してください。

  • Microsoft Office 365 のサブスクリプション

  • サポートされる Microsoft のバージョン:

    • Microsoft Excel、Word、または PowerPoint デスクトップ バージョン 16.0.6868 以降

    • Microsoft Excel、Word または PowerPoint Online

Webex アドインの詳細については、「Microsoft AppSource の Webex」 を参照してください。

Microsoft Excel、Word、PowerPoint を使用して Webex アドインを一度インストールすると、他の Microsoft Office アプリケーションでも使用できるようになります。 以下の手順は、Microsoft Word に適用され、Microsoft Excel または PowerPoint にも適用できます。

1

Microsoft Word ドキュメントを開き、[挿入] をクリックし、[アドイン] の隣の矢印をクリックして、[アドインの取得] をクリックします。

2

[ストア] タブを選択し、Webex と入力して、[検索] をクリックします。

検索結果に Webex が表示されない場合は、アクセスについて IT 管理者にお問い合わせください。

3

Webex[今すぐ取得] をクリックし、指示に従ってアドインをインストールします。

4

Microsoft Word で、[ホーム] をクリックして、リボンメニューの [Webex] をクリックします。

5

Webex の資格情報でサインインします。

Webex には、自分がメンバーになっているスペースが表示されます。

Webex では以下を行うことができます。

  • Webex の最新のスペースを表示する

  • [検索] をクリックし、スペース名を入力して、既存の Webex スペースを検索します。

  • 新しいスペースを作成し、 をクリックし、スペースに名前を入力し、ユーザーを追加します。

  • Webex はドキュメントの操作中に使用していたスペースを記憶しており、次にこの Microsoft Word ドキュメントを開いて、Webex アドインを開くと、Webex は再びそのスペースを自動的に開きます。

  • Webex からサインアウトし、プロファイル画像をクリックして、[サインアウト] をクリックします。

Microsoft Office 365 用 Webex アドインの使用に関するヒント

  • 自分が参加者であるスペースのメッセージのみが表示されます。

  • Excel、Word および PowerPoint など、サポートされている Microsoft Office 365 アプリケーションにのみアドインを実行できます。

  • アドインは、最新バージョンの Microsoft Office 365 でうまく機能します。 更新を確認するには、[ヘルプ] > [更新の確認] をクリックします。

  • スペースに 1 回に 1 人ずつユーザーを追加し、メール アドレスを追加した後で、必ず Enter をクリックしてください。 それらが追加された後で、プロファイル画像を確認できます。

  • 管理者または IT 部門は、Microsoft Office 365 組織に対して、サイレントに、および一元的にアドインを展開することができます。 詳細については、「アドインの展開の集中管理が組織に適しているかどうかを確認する」を参照してください。