タッチリダイレクトは、HDMI ケーブルと USB-C ケーブルを使用して Windows 10 ラップトップを Webex Board または Desk Pro に接続している場合に機能します。この機能は、ドラッグアンドドロップ、描画プログラム、およびマップを含むタスクに最適です。

タッチリダイレクトは、最初に通話中でない場合にのみ使用できます。

この機能は、Windows 10 でテストおよび検証されています。基本機能は、別の OS でも動作する必要があります。


タッチリダイレクトは、Desk Pro、Webex board 55S、webex board 70S および Webex Board 85S でのみ使用できます。

制限

  • タッチをリダイレクトしているときに通話を受け入れると、接続は自動的にオフになります。通話後にタッチリダイレクトを続行するには、もう一度ケーブルを接続する必要があります。

  • タッチリダイレクトを使用する場合、共有している画面上で注釈を使用することはできません。

  • Webex Board の音量コントロールは、タッチリダイレクトを使用している場合は利用できません。ラップトップの音量コントロールを使用します。

  • Webex Board にタッチ 10 コントローラが接続されている場合は、USB-C ケーブルが Board に接続されているときにセルフビュー (self-view) を動かすことはできません。

  • タッチリダイレクトはコンパニオンモードでは使用できません。

ブラウザのドラッグアンドドロップを有効にする

ブラウザでドラッグアンドドロップするためにタッチリダイレクトを使用するには、ブラウザ上でこれを有効にする必要があります。

  • Chrome: chrome://flags/#touch-events に移動し、有効に設定します。

  • Firefox:設定に移動してDom.w3c_touch_events.legacy_apis.enabled = trueを設定します。

  • Edge: フラグに移動します。タッチイベントを有効にする = 常にオンに設定します

1

Windows 10 ラップトップを使用している場合は、ラップトップをタブレットモードに切り替えます。日付と時間の横のタスクバーでアクションセンターを選択し、タブレットモードを選択してオンにします。

2

2. HDMI ケーブルと USB-C ケーブルを使用して、ラップトップを Webex Board または Desk Pro に接続します。Usb-C-USB-C ケーブルまたは USB-C-USB-A ケーブルを使用することができます。

メモ: USB-C-USB-A ケーブルは、より長いケーブルでサポートされています。

3

タッチリダイレクトは、Webex Board または Desk Pro が自動共有用にセットアップされている場合はすぐに使用できます。選択されていない場合は、Board のユーザインターフェイスから共有を選択します。

タッチリダイレクトを使用中に Webex Board の他のアクティビティに切り替える場合は、Board の[ホーム]ボタンを押します。