複数の異なるファイル タイプをアップロードして注釈を付けたり、マークアップしたりすることができます。 参加者はホワイトボードの上部中央にあるドロップダウン矢印をクリックして、ホワイトボードまたはドキュメントを選択することで、共有されているすべてのホワイトボードとドキュメントを切り替えることができます。


 

ビデオ システムまたはビデオ会議アプリケーションからミーティングに参加する参加者は、共有コンテンツを表示または注釈することができません。 主催者は共有コンテンツを確認するために、ビデオ システム参加者の画面を共有する必要があります。

主催者がビデオ システムから参加している場合、ホワイトボードを共有することはできますが、他のビデオ システムの参加者だけが注釈できます。 詳細については、「パーソナル モード Desk シリーズ デバイスのホワイトボード」を参照してください。

プレゼンターがMeetingsiOS および Android 用の アプリはホワイトボードを共有し、ビデオ システム参加者に表示されます。

1

次のいずれかを選択します。

  • ホワイトボードを共有する—[コンテンツの共有] をクリックして、[新規ホワイトボード]. を選択します。

    ホワイトボードにページを追加するには、 [編集] > [ページの追加] をクリックします。

  • ドキュメントを共有する - [ファイル] > [開いて共有] をクリックし、ファイルの場所に移動し、そのファイルを選択して [開く] をクリックします。
2

表示中のページを変更するには:

  • ページのサムネイルをクリックすることで、表示したいページを選択します。

  • ページのサムネイルを選択し、キーボードの上下矢印を使用します。

  • 左側にあるコントロール パネルから、現在のページ番号の上または下の矢印をクリックします。

  • 左側にあるコントロール パネルのページ番号をクリックして、希望するページを入力します。

3

共有を停止するには、ホワイトボード名の隣にある下向き矢印をクリックして、[X] をクリックします。 複数のホワイトボードを共有している場合、それぞれに対してこれを行う必要があります。

次の手順に従ってコンテンツを保存します。

 

すべての未保存のドキュメントおよびホワイトボードは、ミーティングまたはイベントが終了すると失われます。

1

リストから保存するホワイトボードまたはドキュメントを選択します。

2

左側の注釈ツールバーにある [保存] ボタンをクリックします。

3

ファイルを保存する場所に移動します。

4

ファイルに名前を付け、移植可能なドキュメント形式 (*.pdf) を選択します

5

[保存] をクリックします。

注釈ツールを使用して、共有コンテンツに注釈を付します。 注釈は、すべての参加者に対して有効にすることも、指定した参加者にのみ有効にすることもできます。 次の表には、注釈ツール バーのすべてのツールとそのオプションが示されています。 ミーティングやイベントでの注釈についてはこちらを参照してください。

ツール

説明

クリックして、すべての参加者に対し注釈を有効または無効にします。

画像の隣の矢印をクリックし、参加者の名前を選択して、特定の出席者に注釈を付けられるようにします。

ポインターを使えば画面上の目立たせたい箇所に注意を引くことができます。

矢印ポインターには自分の名前が含まれます

矢印をクリックしてレーザー ポインターを選択します。

Mac ユーザーの場合 矢印を 1 ~ 2 秒間長押しします。

共有コンテンツにテキストを追加します。

テキストカラーは を選択することで変更します。

文章に下線を引いたり、注意を引くために直線を描いたりします。 マウスをドラッグして線を引きます。

矢印をクリックして、一重または二重の矢印を選択します。

Mac ユーザーの場合 矢印を 1 ~ 2 秒間長押しします。

線カラーは を選択することで変更します。

四角を描きます。

矢印をクリックして、楕円形、チェックマーク、または × 印を描画します。

Mac ユーザーの場合 矢印を 1 ~ 2 秒間長押しします。

を選択することで色を変更します。

ペンを使って自由な図を描きます。

矢印をクリックして鉛筆で描画します。

Mac ユーザーの場合 矢印を 1 ~ 2 秒間長押しします。

を選択することで色を変更します。

テキスト、線、シェープ、太ペン、細ペンの色を変更します。

矢印をクリックし、色を選択します。

消しゴムを選択して注釈を選択し、注釈を消去します。

右矢印をクリックすると、すべての注釈または特定の人の注釈だけを消去できます。

Mac ユーザーの場合 矢印を 1 ~ 2 秒間長押しします。

注釈を保存します。


 

ミーティングを終了する前にホワイトボードとドキュメントを保存する必要があります。そうしないと、それらは失われてしまいます。