• Cisco Webex Meetings 主催者ライセンスなどの有償版のミーティング プランが Webex Teams アカウントに含まれている場合、Webex チーム ミーティングには有償版のミーティング機能があります。

  • Webex Teams アカウントが無料アカウント、メッセージ専用プラン(M1)、または基本的なミーティング プラン(M2)の場合、Webex チーム ミーティングではミーティング機能が限定されます。

スペース内の [スケジュール] をクリックすることで、Webex チーム ミーティングのミーティング機能を確認できます。

次の表は有料ミーティング機能をもつ Webex チーム ミーティングと制限付きミーティング機能をもつ Webex チーム ミーティングの違いを要約しています。

有料ミーティング機能をもつ Webex チーム ミーティング

制限付きのミーティング機能をもつ Webex チーム ミーティング

スペースを作成した人物のアカウント タイプ

Webex Meetings 主催者アカウントまたは Webex Teams 有料ミーティング プラン

無料、M1、または M2 Webex Teams プラン

ミーティング スポンサー

ミーティング サイズ

ミーティング スポンサーのアカウントによる

スペース メンバーのアカウントによる

電話音声オプション

ゲスト ミーティング アクセス

[録画]

スペースのミーティングのためのミーティング リンクとビデオ アドレス

webex.com

ciscospark.com

有料ミーティング機能をもつ Webex チーム ミーティング

Webex Teams アカウントに有料ミーティング プラン (Webex Meetings 主催者ライセンスなど) が含まれる場合、スペースが他の 1 人の相手とのスペースであるか、3 人以上のスペースであるかにかかわらず、作成する各スペースに対するミーティング スポンサーになります。

3 人以上の人がいるスペースでは、スペースのどのメンバーがミーティングをスケジュールするかに関わらず、またはミーティング スポンサーがミーティングに参加するかに関わらず、ミーティング スポンサーのアカウントにより、スペース内のミーティングすべてが同じミーティング機能を持てるようになります。 2 人しかいないスペースの場合、1 人のみが有料のミーティング アカウントをもつ場合、アカウントはスペースのミーティング機能を決めます。 しかし、両方のシナリオでは、スペースが次の機能をもつ Webex チーム ミーティングをもつことができるようにします。

  • ミーティング サイズ—ミーティングに参加できる人数。 スペース内の [スケジュール] をクリックすると、そのスペースの何名がミーティングに参加できるかを示すメッセージが表示されます。 ミーティング サイズは、スペースの人数と常に同じというわけではありません。 詳細については、「Cisco Webex Teams のミーティングに参加できる人数」を参照してください。

  • 録画—お客様がミーティングを録画できるか、またお客様のアカウントまたは Webex サイトでどの程度の録画ストレージが利用可能かを示します。 録画オプションが利用可能な場合、スペースにいる誰かがミーティングを録画する際には、ミーティングが終了した後 Webex Teams スペースに録画用のリンクが自動的に表示されます。 詳しい情報については、[Cisco Webex Teams でのミーティングの録画] をご覧ください。

  • 電話音声のオプション—電話音声のオプションが利用可能かどうか、またどの電話オプション (例えば、コールインとコールバック オプション) が利用できるかを示します。 詳しい情報については、[電話を使用して Cisco Webex Teams のミーティングに参加する] をご覧ください。

  • ゲスト ミーティング アクセス—Webex Teams アカウントを持たないゲストがミーティングに参加できるかを示します。 相手が 1 人であっても、スケジュールしたミーティングにゲストを招待することができます。 詳しい情報については、「Cisco Webex チーム ミーティングへのゲスト アクセス」 をご覧ください。

  • ミーティング スポンサー

    Windows および Mac 用の Webex Teams では、情報アイコン に進み、[ミーティング機能] を選択すれば、そのスペースのミーティング スポンサーが誰なのかを確認できます。 ミーティング スポンサーである人物についての情報を確認します。

    • ミーティング スポンサーが退席

      ミーティング スポンサーが3 人以上がいるスペースを離れる場合、Webex Teams がスペースの別のメンバーにミーティング スポンサーのロールを自動的に割り当てます。 Webex Teams は、同じ組織内にいる誰かを、およびそのスペースを最初に作成した人物と同じ一般アカウント タイプを持つ誰かを、新しいミーティング スポンサーになるように割り当てます。 ミーティング スポンサー ロールへの自動割り当てにより、スペースのメンバーは、スペースからミーティングをスケジュールする際には常に一貫したミーティング エクスペリエンスを得ることができます。

    • ミーティング スポンサーのアップグレード アカウント

      3 人以上いるスペースのミーティング スポンサーが新しいミーティング機能でアカウントを更新した場合、新しい機能は自動的にそのスペースに適用されます。 同じことが、1 人しか相手がいないスペースの有料アカウント所有者にも適用されます。 既存のミーティングは、新機能で更新され、そのスペースからスケジュールされる新しいミーティングすべてに新機能が追加されます。


    モデレーター ロールには、ミーティング スポンサー ロールには接続されていません。 モデレーターがスペースを作成した場合に限り、スペースまたはチームのモデレーターが、ミーティング スポンサーです。

制限付きのミーティング機能をもつ Webex チーム ミーティング

Webex Meetings 主催者アカウントに関連付けられていない、無料、M1、または M2 アカウントをお持ちの場合、お客様が作成したスペースからスケジュールされるミーティングは、新しい Webex Teams ミーティング エクスペリエンスを持たず、ミーティング スポンサーもいません。 これらスペースの1つにある情報メニューに進み、[ミーティング機能] を選択すると、そのスペースにミーティング スポンサーがいないことを示す説明が表示されます。

  • ミーティング サイズ

    Webex Teams の無料アカウントまたはメッセージ専用アカウントを持つユーザーが作成したスペースのミーティング サイズは、スペースのメンバーのアカウント タイプにより決まります。

    • そのスペースの、少なくとも一名のメンバーが Webex Meetings 主催者アカウントまたはベーシック ミーティング (M2) Webex Teams ライセンスを持っている場合、最大で 200 名までの参加者がミーティングに参加できます。

    • そのスペースの全ユーザーが無料またはメッセージ専用の Webex Teams アカウントである場合、ミーティングに参加できるのは 3 名のみとなります。

    スペース内で [スケジュール] をクリックすると、そのスペースの何名がミーティングに参加できるかを示すメッセージが表示されます。

  • スペース作成者が退席

    スペースを最初に作成した人がスペースまたは組織を離れる場合、新しいスペース作成者ロールが自動的に割り当てられます。 そのスペースにおけるミーティング情報および機能は、新しいスペース作成者の持つアカウント タイプに基づき自動的にアップデートされます。

  • スペース作成者アップグレード アカウント

    スペースを最初に作成した人物が無料アカウントから Webex Meetings 主催者アカウントにアップグレードする場合、スペース作成者は、そのスペースのミーティング スポンサーとなり、スペースには新しいミーティング スポンサーのアカウントに基づき自動的にミーティング機能が追加されます。