1

https://admin.webex.com の顧客ビューで、[ワークスペース] に移動して、更新したいワークスペースを選択します。

2

[通話] に移動し、歯車 をクリックします。 次に、ワークスペースのコール サービスを選択し、[保存] をクリックします。

  • 無料通話 (デフォルト)—Cisco Webex Teams アプリと SIP アドレス通話の場合。
  • Cisco Webex Calling— Webex Calling サービスを通じてワークスペースのデバイスに PSTN サービスを追加します—その PSTN サービスは、展開に応じて、オンプレミスのローカル ゲートウェイからのもの、サービス プロバイダーがバンドルした PSTN によるもの、またはクラウド接続 PSTN (CCP) プロバイダーによるものになる可能性があります。ます。 デバイスに電話番号と内線番号を割り当てて、[次へ] をクリックします。

    PSTN オプションの詳細については、データシートの PSTN 接続を参照してください。

  • ハイブリッド通話—オンプレミスの通話コントロールを通して、コール サービス (PSTN アクセスまたは内線アクセス) を使用します。 Unified CM は、その場所にあるデバイスの電話番号または内線番号を管理しています。

    [ハイブリッド コーリング] を選択した場合、以前作成したアカウントに対して、Unified CM メール ID を入力します。 Device Connector をダウンロードし、する Unified CM 設定をクラウドに同期させます。 [次へ] をクリックします。

    詳細については、Cisco Webex デバイス向けのハイブリッド通話展開ガイドを参照してください。

3

(オプショナル)[カレンダー] に移動し、[カレンダーの追加] をクリックして、ユーザーが Cisco Webex デバイスから One Button to Push (OBTP) を使用することができるようにします。 次に、ドロップダウンメニューから [カレンダーサービス] を選択し、[リソース グループ] を選択し てメール アドレスを追加します。 [保存] をクリックします。

会議室デバイスのメール アドレスを入力するか、貼り付けます。 これはミーティングをスケジュールするために使用されるメール アドレスになります。

  • Google Calendar でスケジュール設定されるデバイスについては、G Suites ([カレンダー] > [リソース]) から Google リソース メール アドレスを入力してください。 詳細については「カレンダー リソースについて (会議室など)」を参照してください。

  • Microsoft Exchange または Office 365 でスケジュール設定されるデバイスについては、会議室のメールボックスのメール アドレスを入力してください。 詳細については、「会議室のメールボックスの作成と管理」を参照してください。

このオプションにはハイブリッド カレンダー サービスが必要です。 サービスを設定するには、Cisco Spark ハイブリッド カレンダー サービス展開ガイドを参照してください。