Webex スケジューラをインストールすると、Webex スケジューラが読み取り/書き込み権限のメールボックスを使用しているというメモが表示されます。 Webex スケジューラはこの権限を使用して、Exchange Web Services API 通話を行います。

Microsoft AppSource から Webex スケジューラをインストールする

Microsoft AppSource を使用して Webex スケジューラをインストールし、展開することをお勧めします。 これにより、Webex スケジューラの更新を自動的に取得します。

 

Microsoft AppSource を使用して Microsoft Exchange 用の Webex スケジューラをインストールして展開することはできません。

1

Microsoft AppSource に移動します。

2

Cisco Webex Meetings スケジューラ アプリを検索する。

3

[今すぐ取得] を選択して画面上の手順に従います。

各 XSP サービスにWebex表形式のファイルからのスケジューラ

Microsoft AppSource にアクセスできない場合は、Webex表形式のファイルからスケジューラに保存します。


 

インストールWebex仮想ファイルのスケジューラは、静的バージョンを展開します。Webexスケジューラ。 を再インストールし、再展開する必要があります。Webex今後の更新を取得するために、表ファイルからスケジューラ。

1

Microsoft 365 管理者ポータルにログインします。

2

[設定] > [アプリの統合] に移動し、[カスタムアプリのアップロード] > [マニフェストファイルのリンクを指定] を選択します。

3

次を入力します: https://meetings-api.webex.com/wbxaddin/normal/manifest_official.xml[検証] を クリックします


 
次を含める必要があります https:// URL に入力します。
4

ユーザー割り当ておよび展開方法を選択し、[展開] を 選択します

割り当てられたユーザーは、Outlook アプリを開き、イベントを作成するときに、Webex スケジューラ アドインを取得します。
Exchange 2019 については、URL から直接アドインをインストールできます。

始める前に

Exchange 2013 または 2016 を使用している場合、開始する前に、既存のアプリケーションのローカル コピーを保存する必要があります。 から取得します https://meetings-api.webex.com/wbxaddin/normal/manifest_official.xml
1

Exchange 管理センターにサインインします。

2

[組織および 組織>] に移動し、次 のいずれかを選択します。

  • (Exchange 2019 の場合): [新規 ] + [URL から > 追加] をクリックします。 次を入力します: https://meetings-api.webex.com/wbxaddin/normal/manifest_official.xml[インストール] を クリックします
  • (Exchange 2013 または 2016 の場合): [新規 ] + [ > 追加] をクリックし、ダウンロードした製品名のファイルを選択し、[インストール] をクリック します。