ブレイクアウトセッション

ブレイクアウト セッションは、WBS40.9 以降のサイトで利用できます。 ブレイクアウト セッションを使用するには、WBS41.9 および Room OS 10 がデバイスに必要です。 使用している Meetings のバージョンを確認するには、「お使いの Webex Meetings バージョン番号を確認する」を参照してください。

ブレイクアウト セッションは、メインのミーティングを小さなグループに分けたものです。 ブレークアウト セッションでは、ミーティング参加者が小グループで音声とビデオを介して共同作業を行い、アイデアを共有できます。 ブレイクアウト セッションを使用するメイン ミーティングの外で、少数の参加者とプライベートに話したいときに、ワークショップ、教室、またはのために適しています。

既知の問題および限定事項

Meetings のブレイクアウト セッションの既知の問題と制限」を参照してください。

ブレイクアウト セッションのロール

主催者と共同主催者がブレイクアウト セッションを作成し、参加者を割り当て、参加者の準備ができたらセッションを開始します。

出席者はコンテンツを共有し、チャットなどのコラボレーション ツールを使用して、小規模なディスカッション グループで集中的にコラボレーションできます。 「ブレイクアウトセッションに参加するためのベストプラクティス」を参照してください。

ブレイクアウト セッションの音声とビデオ

各ブレイクアウト セッションは独立した音声会議およびビデオ会議です。 ミーティング参加時に音声に接続していた場合は、ブレイクアウト セッションに参加すると自動的に切り替わります。 メイン セッションと同様に、ブレイクアウト セッション中の任意の時点で音声のミュートまたはミュート解除およびビデオの開始または停止ができます。

すべてのブレイクアウト セッションが終了すると、音声は自動的にメインのミーティングに切り替わります。 ブレイクアウト セッション中にビデオがオンだった場合、すべてのブレイクアウト セッションが終了した際もオンのまま、メインのミーティングに戻ります。

ブレイクアウト セッションで使用可能なミーティング機能

ブレイクアウトセッションの管理

機能

ミーティング主催者

共同主催者

出席者

参加者をブレイクアウト セッションに事前割り当てする

全員にブレイクアウト セッションへの参加を許可する

ブレイクアウト セッションを作成および開始する

  • ミーティングあたりのブレイクアウト セッションの最大数: 100

  • ブレイクアウト セッションの参加者数は、プランのミーティング最大参加者数によって制限されます。 たとえば、1,000 人が参加できるプランの場合、各セッションの定員が 10 人なら 100 セッション、各セッションの定員が 50 人なら 20 セッションになります。

  • 参加者を自動または手動で割り当てる場合に選択します。

  • 参加者がメイン ミーティングに戻る方法と時間を制御します。

ブレイクアウト セッションを追加、名前変更、または削除する

ブレイクアウト セッションで出席者を移動または交換する

ブレイクアウト セッションから参加者を退席させる

すべての参加者にメインのミーティングに戻るように依頼する


 

ブレイクアウト セッションが終了していない場合、出席者の音声はメインのミーティングに戻る際にミュートされます。 出席者がミーティングで発言する場合は、自分でミュート解除をする必要があります。

すべてのブレイクアウトセッションを終了

参加者の手を下げる

ブレイクアウト セッションに参加する

機能

ミーティング主催者

共同主催者

出席者

コンピューター、モバイル デバイス、ビデオ デバイスからブレイクアウト セッションに参加する、または退出する

ブレイクアウト セッション中にビデオを開始または停止する

ブレイクアウト セッション中に音声をミュートまたはミュート解除する

ブレイクアウト セッション中にコンテンツを共有する

チャットを使用して同じブレイクアウト セッションにいる他のユーザーにメッセージを送信する

ブレイクアウト セッション中にヘルプを要求する

ブレイクアウト セッション中のヘルプの要求に応答する

ブレイクアウト セッションでメッセージをブロードキャストする

ブレイクアウト セッション中に挙手する
挙手で並べ替え