始める前に

USクラスター、この機能は 2019 年 10 月 2 日までに、Webex サイトで入手できます。

この機能は、WBS 39.5 およびそれ以降のサイトで MP4 形式で主催し、クラウドに記録されているミーティングとイベントで利用できます。 ビデオ中心の録画の詳細については、「Webex Meetings および Webex Events でビデオ中心のネットワーク MP4 録画を有効または無効にする」を参照してください。

この機能は、TSP 音声サイト、FedRAMP サイト、またはビデオ プラットフォーム バージョン1.0 サイトでは利用できません。 ブラウザの要件については、 「ビデオ中心のネットワークベースの MP4 録画に対するブラウザー サポート」を参照してください。

1

モダン ビューで、Webex サイト にサイン インし、[ 録画] に移動します。 クラシック ビューで、Webex サイトにサインインし、[マイ Webex] > [マイ録画]に移動します。

2

編集する録画を探し、その名前を選択します。

3

[設定] > [再生範囲の編集] を選択します。

4

録画の先頭をトリミングするには、[再生範囲のプレビュー] [再生範囲のプレビュー] を選択して、録画の再生を開始します。 録画を開始する場所を決定する際には、[一時停止] [一時停止] を選択し、[再生開始コントロール] をそこにドラッグします。

再生開始コントロールのドラッグ
5

録画の終了をトリミングするには、[再生範囲のプレビュー] [再生範囲のプレビュー] を選択して、録画の再生を開始します。 Seekbar をドラッグして、録画を終了させる場所を決めます。 終了点が見つかったら、[一時停止] [一時停止] を選択し、[再生終了コントロール] をそこにドラッグします。

6

[再生範囲の保存] [再生範囲の保存]を選択します。

7

録画を再生して、期待通りの場所で開始し、終了することを確認します。

行った変更を元に戻すには、 [再生範囲の編集] [再生範囲の編集]を選択し、[元の再生範囲の復元] [元の再生範囲の復元]を選択し、ステップ 3 ~ 7 を繰り返します。