組織レベルでの電話設定の編集

組織レベルで設定を変更すると、すべての場所に適用されます。

1 

https://admin.webex.com のカスタマービューから、[サービス(Services)] > [通話(Calling)] > [サービス設定(Service Settings)] に移動します。

2

[電話(Phone)] セクションで、[デフォルトの電話設定項目の設定(Configure Default Phone Settings)] をクリックします。

3 

[表示設定(Display Settings)] で、ドロップダウンの次のオプションからバックグラウンドイメージを選択します。


 

これらのオプションは、800 * 480 の画面サイズの電話機でのみ機能します。

  • None

  • ダークブルー

  • シスコのダークブルー

  • Webex のダークブルー

4

電話機のディスプレイに表示される表示名は、ドロップダウンの次のオプションから選択します。

  • [ユーザの電話番号/位置番号(User Phone Number/Location Number)]:ユーザの電話番号が表示され、ユーザに電話番号がない場合は、位置番号が表示されます。

  • ユーザ名(名/姓)

  • ユーザ名(姓/名)

5 

ラインキーの横に表示される形式を定義する、[ラインキーラベル(Line Key Label)] ドロップダウンで、次のオプションから選択します。

  • [ユーザの内線番号/電話番号(User Extension/Phone Number)]:ユーザの内線番号が表示され、ユーザに内線番号がない場合は、電話番号が表示されます。

  • ユーザ名(名/姓)

  • ユーザ名(姓/名)

6 

MPP フォンのラインキーの点灯スキーム を定義する、[ラインキー LED パターン(Line Key LED Pattern)] ドロップダウンには、次のオプションから選択します。

  • デフォルト

  • プリセット 1


 

MPP ファームウェア 11.3.2 以前では、LED パターンを変更すると、元に戻すことはできません。これは MPP ファームウェア 11.3.3(2021 年 2 月提供)で解決されます。

7 

[ダイヤル オプション(Dialing Options)] の、[桁間ショートタイマー (Interdigit Short Timer)] ドロップダウンで、ユーザが次の数字を入力するまで電話機が待機する時間(秒)を選択します。


 

時間の値を小さくすると、すばやく数字をダイヤルする必要があります。

8 

[桁間ロングタイマー(Interdigit Long Timer)]には、電話機が番号をダイヤルする前に、桁パターンが一致しない場合に電話機が待機する時間(秒)をドロップダウンで 選択します。


 

時間の値を小さくすると、ダイヤルされた一致していない数字がすぐにダイヤルされます。

9 

[設定の監査(Review Settings)] をクリック します。

10

設定が完了したら、[処理の開始(Start Processing)] をクリックします 。

次の作業

  • https://admin.webex.com のカスタマービューで、[概要(Overview)] > [すべてのタスクの表示(View All Tasks)] に移動して、更新された設定の進行状況を表示します。

  • この手順を使用して組織内の電話機を Control Hub から再同期するか、この手順を使用してユーザが電話機を再起動して、設定を有効にします。

位置レベルでの電話設定の編集

位置ごとに異なる電話機の設定項目を設定する場合は、次の手順を実行します。

1 

https://admin.webex.com のカスタマービューから、[サービス(Services)] > [通話(Calling)] > [位置(Locations)] に移動します。

2

電話機の設定を変更する位置を選択し、サイド パネルで [電話機の設定(Phone Settings)] をクリックします 。

3 

[カスタム電話設定の定義(Define custom phone settings)] ボタンを選択します。

4

[表示設定(Display Settings)] で、ドロップダウンの次のオプションからバックグラウンドイメージを選択します。


 

これらのオプションは、800 * 480 の画面サイズの電話機でのみ機能します。

  • None

  • ダークブルー

  • シスコのダークブルー

  • Webex のダークブルー

5 

電話機のディスプレイに表示される表示名は、ドロップダウンの次のオプションから選択します。

  • [ユーザの電話番号/位置番号(User Phone Number/Location Number)]:ユーザの電話番号が表示され、ユーザに電話番号がない場合は、位置番号が表示されます。

  • ユーザ名(名/姓)

  • ユーザ名(姓/名)

6 

ラインキーの横に表示される形式を定義する、[ラインキーラベル(Line Key Label)] ドロップダウンで、次のオプションから選択します。

  • [ユーザの内線番号/電話番号(User Extension/Phone Number)]:ユーザの内線番号が表示され、ユーザに内線番号がない場合は、電話番号が表示されます。

  • ユーザ名(名/姓)

  • ユーザ名(姓/名)

7 

MPP フォンのラインキーの点灯スキーム を定義する、[ラインキー LED パターン(Line Key LED Pattern)] ドロップダウンには、次のオプションから選択します。

  • デフォルト

  • プリセット 1


 

MPP ファームウェア 11.3.2 以前では、LED パターンを変更すると、元に戻すことはできません。これは MPP ファームウェア 11.3.3(2021 年 2 月提供)で解決されます。

8 

[ダイヤル オプション(Dialing Options)] の、[桁間ショートタイマー (Interdigit Short Timer)] ドロップダウンで、ユーザが次の数字を入力するまで電話機が待機する時間(秒)を選択します。


 

時間の値を小さくすると、すばやく数字をダイヤルする必要があります。

9 

[桁間ロングタイマー(Interdigit Long Timer)]には、電話機が番号をダイヤルする前に、桁パターンが一致しない場合に電話機が待機する時間(秒)をドロップダウンで 選択します。


 

時間の値を小さくすると、ダイヤルされた一致していない数字がすぐにダイヤルされます。

10

[設定の監査(Review Settings)] をクリック します。

11

設定が完了したら、[処理の開始(Start Processing)] をクリックします 。

次の作業

  • https://admin.webex.com のカスタマービューで、[概要(Overview)] > [すべてのタスクの表示(View All Tasks)] に移動して、更新された設定の進行状況を表示します。

  • この手順を使用して組織内の電話機を Control Hub から再同期するか、この手順を使用してユーザが電話機を再起動して、設定を有効にします。