Webex生産性向上ツールの最終リリース

Windows 版生産性向上ツールのリリースは、6 月 (42.6) が最後となります。 Mac 版生産性向上ツールの最終リリースは 41.5 でした。 Microsoftは Mac では追加ベースのプラグインをブロックしましたを選択します。

Microsoft Outlook から Webex ミーティングをスケジュールする場合、Microsoft Outlook の顧客は Webex スケジューラ アドインに移動します。

Webex Meetings デスクトップ アプリと Webex 生産性向上ツールには 2 つの個別のパッケージがあります。 デスクトップアプリの詳細については、次を参照してくださいWebex Meetingsデスクトップ アプリ

生産性向上ツールでは 41.2 以降、IBM Lotus Notes、IBM Sametime、Microsoft Lync、Internet Explorer、Skype for Business との連携はサポートされなくなりました。

Webexと Windows 版 Outlook の連携

Webexと Windows 版 Outlook の連携

Windows 版 Webex 生産性向上ツールのインストールと設定

Webex Meetingsデスクトップアプリと生産性向上ツールを更新する

Windows 版 Microsoft Outlook からミーティングをスケジュールする

代理主催者が Microsoft Outlook からミーティングをスケジュールすることを許可する

Windows 版Microsoft Outlookからミーティングを開始する

Webex ミーティングに参加する

Windows 版Webex生産性向上ツールのバージョンを確認する

Windows 版Webex生産性向上ツールのアップデートの確認

Webex 生産性向上ツールのアンインストール

アップデート、サポート、および既知の問題と制限

Webex Meetingsの最新の更新の概要

Webex生産性向上ツールおよびデスクトップアプリ サポート

Webex 生産性向上ツールの既知の問題と制限

管理

Webex生産性向上ツールの大量展開のための IT 管理者ガイド

Webex Meetingsデスクトップアプリと生産性向上ツールのインストール マトリックス

生産性向上ツールのサポート ポリシー