Cisco Desk Camera は、箱から出して機能するように設計されています。 ネットワークまたはビデオ画像の要件を満たして画像設定を調整することもできます。


 

macOS の制限により、カメラ アプリを閉じてカメラを再接続すると、カメラ設定がデフォルトにリセットされます。 カメラアプリを開いた状態でカメラに再接続しても、カスタマイズが継続されます。

表 1 に示します。画像設定のパラメータ

パラメータ

説明 

プリセット

ドロップダウンリストでプリセットを選択するか、設定をカスタマイズします。

プリセットを使用している場合、コントラスト鮮やかの 設定は変更できない。 設定をカスタマイズするには、ドロップダウンリストで [カスタム(Custom ] ) を選択します。

デフォルト: Natural(デフォルト)

オプション: 自然(デフォルト)、鮮やか、カスタム

コントラスト

必要に応じてコントラスト値を調整して、画像の鮮明さを改善します。

スライダーを左にドラッグして画像のコントラストを下げるか、右にドラッグしてコントラストを上げます。

飽和状態

適切な彩度設定をすると、画像が鮮やかになります。

スライダーを左または右にドラッグして希望のトーンを設定します。

オート フォーカス

オートフォーカスを有効または無効にします。

オートフォーカスモードでは、カメラがレンズを調整して、カメラビュー内の対象に焦点を合わせています。

自動焦点モードがオフの場合、手動でフォーカスを調整できます。 スライダーを左にドラッグするとレンズの焦点が近く、右に向いてさらに焦点が合います。

デフォルト: オン

自動ホワイト バランス調整

自動ホワイト バランス調整を有効または無効にします。

自動モードがオンの場合、カメラは点灯状態を調べ、イメージをレンダリングする色を決定します。

自動モードがオフの場合、スライダーを使用してホワイト バランスを手動で調整し、目的のイメージの色を取得できます。

デフォルト: オン

明るさ

画像が露出や露出を超える場合は、明るさの設定を調整します。

スライダーを左にドラッグして明るさを下げるか、右にドラッグして明るさを上げます。

シャープネス:

シャープネスを調整します。 適切なシャープネスレベルは、画像のディテールを明確に表現します。

スライダーを左にドラッグして画像をスムーズに、または右にドラッグして画像をシャープにします。

自動ちらつき

蛍光ライトのような一部の人工ライトは、ビデオ画像で点滅を引き起こします。 デフォルトでは、カメラは環境の光の点滅を自動的に検出し、画質への点滅の影響を最小限に抑えます。

デフォルトの自動モードで点滅が除去できない場合は、スイッチをオフにし、使用可能なオプションを使用して画質を最適化してみてください。

デフォルト: オン

手動モードのオプション: 50 Hz、60 Hz

はじめる前に

  • コンピュータに Cisco Desk Camera アプリ をインストールします。

  • カメラシャッターを開きます。 シャッターを閉じた状態では設定を変更できません。

1

Cisco Desk Camera アプリを開きます。

2

必要に応じて [イメージの設定(Image settings ] タブに移動し、次の設定を構成します。

3

(オプション)[イメージの設定] タブのすべてのカスタマイズをデフォルトにリセットする場合は、[リセット(Reset] をクリックします)。