デバイス Webex Assistant を使用すると, ボード デバイス, デスク デバイス, および Room シリーズ デバイスをハンズフリーで使用できます。 タッチ コントローラを探す必要なく、音声を使用してタスクを開始します。

デバイスに Webex Assistant 使用するには、デバイス管理者が組織で有効にする必要があります。 セットアップと要件の詳細については、デバイスの有効化(Enable Webex Assistant 参照してください



Webex Assistant は、次の言語で使用できます。

  • 英語

  • フランス語 

  • スペイン語

  • ドイツ語

  • 日本語 

この Webex Assistant は、デバイスで選択されている言語によって異なります。 デバイスが上記の一覧以外の言語に設定されている場合は、Webex 応答が英語で応答します。

あなたはウェイクワード 「OK Webex」などとコマンドを言うことによって Webex Assistant を使い始めることができます。 Webex Assistant を閉じるには、「解除」と言います。


デバイスがミュートされていると Webex Assistant が応答しません。 引き続き使用するには、タッチ コントローラまたは統合タッチスクリーンからデバイスのミュートを解除します。

デバイスのインストールに Webex Assistant 操作

予約とルーム情報

会議の開始

ミーティングの管理

詳細の表示

ルーム名チェック

プロアクティブな参加: スケジュールされた会議に参加するプロンプトを取得する

ワイヤード (有線) 画面の共有の開始と停止

Webex Assistant でできることを確認する

その日のルーム カレンダーを表示する

名前で呼ぶ

記録を開始または停止

シスコへのフィードバックの送信

その日の空室状況を確認する

番号で呼び出す

ボリューム: 音量の調整、デフォルトレベルの設定、マイクのミュート

時間チェック

会議室の予約

スケジュールされたミーティングに参加

自画面のオン/オフを切り替える

日付チェック

会議室の予約を延長する

パーソナル ルームへの参加

スピーカートラッキングのオン/オフ

[応答不可(Do Not Disturb)] モードのオン/オフ

他の人のパーソナルルームに参加する

コールまたは会議を終了する

着信に応対するまたは拒否する

以下は Webex Assistant の使用例です。 Webex Assistant のすべての音声コマンドは、この項目に記載されている例と同じように動作します。

1

デバイスの Webex Assistant を確認するには,「OK Webex, 何ができる?

項目をスクロールするには、タッチ コントローラまたは統合タッチ画面をデバイス上でスワイプします。

2

目的のタスクが見つかったら、「OK Webex...」と音声コマンドを開始します。

[ヘルプ] メニューを閉じる場合は、「ディスミス」と言います。

1

コマンドを開始するには、"OK Webex"というウェイクアップワードを使用してください。 名前で誰かに電話をかけたい場合は、「OK Webex、Barbara に電話してください」と言います。


 

番号を使用して、または名前の綴りを使用して通話することもできます。 「OK Webex、B-A-R-B-A-R-A に電話してください」と言います。

ローカルの電話番号にのみ発信できます。 内線番号およびその他の内部番号はサポートされていません。

2

Webex Assistant には、ディレクトリからのオプションが表示されます。 「もっと表示する」と言って候補をスクロールするか、オプションを選択して「オプション 1」と言ってください。

3

オプションを選択すると、[デバイス(Webex Assistant デバイス( Webex Assistant その人に対するコールが開始されます。


組織内のユーザのパーソナル会議室にのみ参加できます。

1

「OK Webex」と言い、パーソナル会議室に参加します。

2

Webex Assistant は、使用した名前に基づいてオプションを提供します。 参加する会議室を検索し「オプション 1」と言います。

Webex Assistant はパーソナル ルームに参加します。

3

ホストが Yes かいいえかを尋ねらされます。「いいえ」と言う事も、タッチ コントローラやデバイスの統合タッチスクリーン上で使用して適切なオプションを選択することもできます。

パーソナル ルーム ミーティング(PMR)に参加するには、Webex アプリでデバイスに接続するか、登録されているデバイスを使用する必要があります。

1

「OK Webex、パーソナル会議室に参加します」と言います。

2

Webex Assistant では、この会議室に参加するかどうかを確認するよう求められます。 「はい」と言います。

Webex Assistant がパーソナル会議室に参加します。

3

ホストが Yes かいいえかを尋ねらされます。「はい」と言う事も、タッチ コントローラまたはデバイスの統合タッチスクリーン上で使用して適切なオプションを選択することもできます。 タッチ コントローラまたは統合タッチスクリーン上で、ピン コードを入力します。 ミーティングが開始されます。

会議のスケジュールが設定されているルームに入室する場合は、会議のプロアクティブな参加の 5 分前に参加を求めるメッセージが表示されます。 [はい] にすれば、デバイスがミーティングに接続されます。

プロアクティブな参加では、デバイスがすでに収集しているデータを使用します。 このデバイスは、ルーム内のユーザが存在し、ミーティングを開始する準備ができている場合に認識します。 デバイスは、ユーザ、接続されているデバイス、およびスケジュールされたミーティングがあるかどうかをチェックします。

サポートが有効なデバイスを使用して会議室のスケジュールを設定する場合、プロアクティブな参加 Webex Assistant 参加できます。 会議の招待の場所に、個人ルームミーティング用に、ルームと @webex:my room、または @webex:my room、または @meet:my room の両方を追加します。 会議のスケジュールを設定する Webex、場所フィールドにルームと @meet、@webex:スペース、または @meet:スペースを追加します。 詳細については、予定表からWebex ミーティングをスケジュールするを参照してください。 ハイブリット予定表は、デバイスに対して有効にする必要があります。

プロアクティブな参加を使用するには、ミーティングにワンボタン機能を有効にするのと同じ方法で、ミーティングルームを招待に追加する必要があります。 予定表から Webex ミーティングをスケジュールする方法はこちらでお読みください。

1

ミーティング用に会議室が予約されている場合、Webex Assistant で、参加するかどうかを尋ねるプロンプトが表示されます。

ミーティングへの参加を求めるプロンプトは、会議が開始される 30 秒前に表示されるようになります。 これは、スケジュールされた開始時間の 5 分後に消えます。

2

会議に参加するには、[はい (Yes)] または [参加 (Join)] と発声し、デバイスがミーティングに参加します。 参加する意思がない場合は "消去 (Dismiss)" と言ってください。

組織内 Webex Assistant デバイスの同期が有効になっている場合、個々のデバイスでのプロアクティブな参加のオンとオフを切り替えられます。

組織内 Webex Assistant が有効になっている場合、プロアクティブな参加はサポートされているすべてのデバイスでデフォルトで [オン(On] になっています)。

デバイスで、[設定(Settings] に移動 します詳細設定で、Webex アシスタントをタップします。 その後、プロアクティブな参加をオンまたはオフに切り替えます。

ボード、デスク、および Room のシリーズ: [設定(Settings) ] メニューを開するには、タッチ コントローラまたは統合タッチ画面でデバイス名をタップします。 次に、[設定(Settings) を選択 します

Board Pro と Desk Mini: [設定(Settings] メニューを開く場合は、画面の右側からスワイプし、[デバイスの設定(Device settings] ) を タップします

会議室内の予約では、予約を拡張したり、自発的なミーティング向けに会議室を予約したりできます。 会議室が利用可能な場合、Webex Assistant が予約を行います。

Webex Assistant を使用すると、会議室を予約するか、会議室が利用可能な場合、5 分から最大 2 時間まで予約を延長できます。 予約はリクエスト時に開始します。 それ以降の予約はできません。

会議を予約または拡張すると、その予約が会議室のカレンダーに表示されます。 これは、予約を行った人ではなく、会議室スケジューラによってまとめられた方法で表示されます。

その日の会議室が予約された時間を確認するには、「OK Webex、今日の会議を表示して」 と言います。

会議の予約

会議を予約するには、「OK Webex、このルームを 30分間予約する」または「OK Webex、このルームを 10.40 まで予約する」などとします。 会議室が利用可能な場合、Webex Assistant が予約を確認します。

会議の拡張

会議室の予約は、会議中いつでも延長できます。 会議の予約が終了する 5 分前に、会議室が利用可能な場合は延長可能のお知らせが画面に表示されます。

予約を延長するには、「OK Webex、会議を 15 分間延長して」「OK Webex、会議を2時30分まで延長して」などと言います。 会議室が利用可能な場合、Webex Assistant が予約を確認します。

組織内 Webex Assistant デバイスの接続が有効になっている場合、個々のデバイス Webex Assistant のオン/オフを切り替えられます。 Webex Assistant がオンになっていると、音声コマンドを使用してデバイスを制御できます。

組織内 Webex Assistant デバイスの接続が有効になっている場合、サポートされているすべてのデバイスでデフォルトでオンになります。

デバイスで、[設定(Settings] に移動 します詳細設定で、Webex アシスタントをタップします。 次に、Webex Assistant のオン/オフを切り替えます。

ボード、デスク、および Room のシリーズ: [設定(Settings) ] メニューを開するには、タッチ コントローラまたは統合タッチ画面でデバイス名をタップします。 次に、[設定(Settings) を選択 します

Board Pro と Desk Mini: [設定(Settings] メニューを開く場合は、画面の右側からスワイプし、[デバイスの設定(Device settings] ) を タップします