ビデオ アドレスを使って参加する

カレンダーの招待またはミーティング情報ページからビデオ アドレスをダイヤルします。e or from the meeting information page.

1

スクリーンキーボードを開くか、またはビデオシステムのリモート操作権限を取得します。

たとえば、[通話] をタップしてから、キーパッドのキーボード ボタンをタップします。

2

次のいずれかの形式でビデオアドレスにダイヤルします:

  • <meeting_number>@webex.com(スケジュールされた Webex ミーティングの場合)
  • <Personal_Room_ID>.<site_name>@webex.com(インスタントまたはスケジュールされた Webex パーソナル会議のミーティングの場合)
  • インスタントまたはスケジュールされた Webex パーソナル会議室のミーティングの IP アドレス、またはスケジュールされた Webex ミーティングの IP アドレス。 指示メッセージが表示されたら、ミーティング番号を入力してください。

     
    FedRAMP 認証された Webex では IP ダイヤルは利用できません。
3

求められたら数字のミーティングパスワードを入力します。

数字のミーティング パスワードはスケジュールされた Webex ミーティングでのみ必要で、Webex パーソナル会議室のミーティングでは必要ありません。

4

求められたら次のことを実行します。

  • あなたが主催者の場合、主催者キーと主催者 PIN をそれぞれ入力し、最後に # を押してミーティングを開始します。
  • あなたが主催者ではない場合、# を押してミーティングに参加します。

ミーティング番号およびショートカットにダイヤルして参加する (クラウド登録 Webex ビデオ デバイスのみ)

カレンダー招待からのミーティング番号をダイヤルします。

1

仮想キーボードを開くか、クラウド登録 Webex 会議室またはデスク デバイスのリモート コントロールを取得します。

たとえば、[通話] をタップしてから、キーパッドのキーボード ボタンをタップします。

2

ミーティング番号にプレフィックスまたはサフィックス、あるいはその両方を加えて入力します。 ラップトップまたはモバイル デバイスがすでにビデオ デバイスに接続されている場合、そのデバイスもまた、ミーティングに参加します。

管理者はこの機能を有効にし、プレフィックス、サフィックスまたは両方に必要な文字を定義するオプションがあるため、以下の例で示されているとおり、ビデオ アドレスの代わりにミーティング番号をダイヤルできます。

  • ミーティング番号が 987654321 で、管理者がプレフィックス *77* を設定した場合、*77*987654321 をダイヤルすることでミーティングに参加できます。

    図 1. 通話
  • ミーティング番号が 987654321 で、管理者がサフィックス # を指定した場合、987654321# をダイヤルすることでミーティングに参加できます。

[参加] ボタンをタップすることで参加する

お使いの Webex サイトとアカウントが Cisco Webex ビデオ システムからのミーティングへの参加に対応している場合、One Button to Push (OBTP) を使うことができます。

OBTP を有効にするためには、サイトは Cisco TelePresence Management Suite および TelePresence 管理スイート拡張機能をもっていなければなりません。

TelePresence 会議室が会議室リソースとして追加されたら、デバイス上で直接、[ミーティングに参加] をタップします。

主催者がまだ参加していない場合にあなたが参加しようとすると、主催者 PIN と # の入力が求められる場合があります。 主催者がすでに参加している状態で参加のためのパスワード番号が必要な場合、このパスワードを入力し、次に # を入力する必要があります。

ビデオ デバイスの [Webex に参加] ボタンを使用して参加します。

ミーティング主催者が遅れている場合、または出席できない場合は、ビデオ デバイスからミーティングに参加して主催することができます。 詳細については、「ビデオ デバイスから Cisco Webex Meeting に参加する」を参照にしてください。