Webex のボット

ボットは、Webex の機能を拡張してサードパーティのアプリを包含するのに役立ちます。Webex スペースにボットを追加し、スペースからサードパーティのアプリと直接対話できます。 ボットをスペースに追加すると、ヘルプ メッセージをボットに送信することができ、応答にはボットがサポートするコマンドが含まれます。

任意のタイプのスペースにボットを追加することができます。 他のユーザーとプロジェクトスペースにボットを追加し、スペースのサードパーティのアプリと直接対話することができます。 または、自分とボットのスペースを作成して、サードパーティのアプリと対話できるようにすることもできます。

Cisco Webex App Hub には、Cisco およびサードパーティの開発者によって開発されたボットとアプリのカタログがあります。

Aha! Bot を追加

まず Webex の新規または既存のスペースに Aha! ボットを追加し、次にボットを Aha! アカウントにリンクする必要があります。

1

[ 検索] バーに、「Aha.bot@webex.bot」と入力します。

2

Aha! ボット スペースで [アカウントをリンク] をクリックすると、Web ページが開きます。 Aha! アカウントの URL を入力します。

例:

アカウント URL が https://example.aha.io の場合、ドメイン名に「example.aha.io」と入力します。
3

[承認] をクリックしてあなたの Aha! アカウントへのアクセスを許可します。

Aha! 通知を追加

アカウントをリンクした後で、簡単な通知を選択したり、Webex アプリから Aha! ダッシュボードを起動したりできます。

1

[通知を管理] をクリックするか、「help」と入力してメッセージを送信します。

2

通知を受け取るイベントを選択して、関連付けるワークスペースを選択します。

すべての通知をカスタマイズするには、[ダッシュボード] をクリックします。
3

[保存] をクリックして選択したイベントを追加します。

通知の管理

[ダッシュボード] でカスタム通知を作成したり、既存の通知を編集したりできます。

1

[通知を管理] > [ダッシュボード] に移動します。

Webex がダッシュボードへの安全なリンクを返します。
2

[ここをクリック] を選択して [Aha! ボット管理] を起動します。