Webex Assistant は Cisco Webex Meetings で利用できます。

41.6 アップデート以降、Webex Events (新) の最大 10,000 ユーザーをサポートするプランではウェビナー モードで、最大 1,000 ユーザーをサポートするプランではアドオンとして Webex Assistant を利用できます。

41.7 の更新では、Webex アプリからフル機能を備えたミーティングではないミーティングを開始または参加する場合に Webex Assistant がサポートされます。。 スペースから開始または参加したミーティングは Webex Assistant をサポートしていません。

この機能には、ビデオシステムから会議に参加できる Cisco Webex ビデオプラットフォームバージョン 2.0 が必要です。 使用しているバージョンを確認するには、「Cisco Webex Meetings のバージョン番号を確認する」を参照してください。

Webex サイトで Webex Assistant が有効になっている場合、ミーティング主催者はミーティング中に Webex Assistant をオンまたはオフにすることができます。 ミーティングの開始時、常に Webex Assistant をオンにする場合は、[スケジュール] 設定の [Webex Assistant] オプションをオンにします

[ハイライト] タブにミーティングのハイライトを表示する
ハイライトを作成すると、[キャプション] タブにテキストが青でハイライトされ、[キャプション & ハイライト] パネルの [ハイライト] タブに表示されます。 ハイライトにはタイム スタンプが付けられ、作成されたハイライトの種類に応じてラベル付けされます。 ラベルには、アクション アイテム、議題、決定、メモ、パーキング ロット、催促の通知、および要約が含まれます。

1

次のいずれかの方法でハイライトを作成します。

  • [キャプション & ハイライト] パネルで、ミーティングのハイライトとして保存するキャプションの上にカーソルを合わせて、[ハイライト] を選択します。

    キャプションの一部のみをハイライトするには、そのテキストを選択し、[ハイライト] を選択します。 間違って何かをハイライト選択している場合は、その上にカーソルを合わせて、[ハイライト解除] を選択します。

  • 音声コマンドを使用してハイライトを作成します。
  • 自然に発言すると、Webex Assistant はキーワードトリガーを監視し、ハイライトをキャプチャします。 キーワードトリガーのリストについては、『Webex のミーティングまたはイベントで音声コマンドを使用する』を参照してください。
2

ハイライトを削除するには、[キャプション & ハイライト] パネルの [ハイライト] タブを選択し、削除するハイライトの隣にある [ハイライトの削除] を選択します。

ハイライトを作成すると、そのテキストは [キャプション] タブでは青でハイライトされ、[キャプションとハイライト] ページの [ハイライト] タブに表示されます。 ハイライトには スタンプが付けられ、作成されたハイライトの種類に応じてラベル付けされます。 ラベルには、アクション アイテム、議題、決定、メモ、パーキング ロット、催促の通知、および要約が含まれます。

1

次のいずれかの方法でハイライトを作成します。

  • [その他のオプション] > [字幕とハイライト] の順にタップし[字幕] タブに移動して、ミーティングのハイライトとして保存する字幕をタップし、長押しします。 [ハイライト] をタップします。

    [キャプション] タブ

  • 音声コマンドを使用してハイライトを作成します。
  • 自然に発言すると、Webex Assistant はキーワードトリガーを監視し、ハイライトをキャプチャします。 キーワードトリガーのリストについては、『Webex のミーティングまたはイベントで音声コマンドを使用する』を参照してください。
2

ハイライトを削除するには、次のいずれかの操作を行います。

  • [その他] > [キャプションとハイライト] をタップし [キャプション] タブに移動して、削除するハイライトをタップします。 [ハイライトから削除] をタップします。

    [キャプション] タブ

  • [その他] > [キャプションとハイライト] をタップし [ハイライト] タブに移動し、削除するハイライトを左にスワイプし、[削除]削除 をタップします。

    [ハイライト] タブ