Cisco Desk Camera アプリで、オンサイト イベントやミーティングのビデオ を録音できます。 記録は、メディア フォルダに AVI ファイルとして保存されます。


 

シャッターを閉じると記録が停止します。

1

Cisco Desk Camera アプリを開きます。

2

画像フレームの上にマウスのカーソルを合わせると、ビデオ録音ボタンが呼び出され、ビデオが録音されます。

  • 詳細を読むには 録音して 録音を開始します。

  • 詳細を読むには 一時停止 して録音を一時停止します。

  • 詳細を読むには 録音を 続行するには、再開します。

  • 詳細を読むには 録音を 停止します。

  • 詳細を読むには [メディア フォルダ] ボタン をクリックすると、メディア フォルダ内の録音ファイルが表示されます。

静的な画像を保存するには、Cisco Desk Camera アプリ のスナップショット機能を使用します。 キャプチャは、メディア フォルダに BMP ファイルとして保存 されます。

1

Cisco Desk Camera アプリを開きます。

2

必要に応じて、設定を調整して画像を最適化します。

3

ビデオ フレームの下にある [ スナップショット ボタン をクリックすると、ライブビデオから写真を撮る

4

詳細を読むには [メディア フォルダ] ボタン をクリックして、スナップショット が保存されている Media フォルダを開きます。

デフォルトでは、カメラのマイクはオンになっています。 音声なしで録音する場合は、マイクをミュートします。

会議アプリケーションでカメラを使用する場合は、会議アプリの設定で、必ずカメラを音声チャネルとして選択してください。 会議アプリを使用すると、会議中に自分のミュートまたはミュートを解除できます。

1

Cisco Desk Camera アプリを開きます。

2

ビデオ フレームの下部にある [ ミュートボタン.

3

音声を再開するには、 ミュート解除ボタン.

ビデオ録音を開始する前に、マイクの音量を調整します。 ミュート時に音量を調整することはできません。

会議でカメラのマイクを使用する場合は、ミーティング アプリの音量機能を使用して音声の音量を調整します。

1

Cisco Desk Camera アプリを開きます。

2

[マイクロフォンの設定( Microphone settings] タブに移動 します。

3

音量 スライダを 左に ドラッグすると音量が下がり、右にドラッグすると音量が上がり、

ローカル ドライブの場所を指定して、写真や録音を保存できます。 デフォルトでは、メディア ファイルはローカル ドライブの [メディア(Media ] フォルダに保存されます)。

フォルダ パスは、オペレーティング システムによって異なります。

  • Windows: C:\Users\<user_ID>\Documents\Cisco Camera\Media
  • Macos: Macintosh HD:/ユーザ/<user_ID>/ドキュメント/シスコ カメラ/メディア
1

Cisco Desk Camera アプリを開きます。

2

[メディア] タブに移動し、[メディア ファイルの場所] の下にある [変更] をクリックします

3

目的のフォルダを選択し、[フォルダの選択(Windows 用)] または [開く(macOS の場合)] をクリックします。