サイトの管理者がサイトでのローカル録画を許可している場合、ミーティングの主催者、共同開催者またはプレエンターは、自分のコンピューターにミーティングを録画することができます。

デフォルトでは、録画には参加者の音声、ビデオ、およびミーティング中に共有されたすべてのものが含まれます。 録画の画面レイアウトは、ミーティングまたはイベントの形式と内容に合わせて選択することができます


電話でミーティングを開始した場合、録画することはできません。

共同主催者は、自らミーティングに参加している場合、ミーティングの録画を開始できます。

コンピューター上の録画は現在、デスクトップ アプリでのみ利用できます。Chromebook などで、Web アプリを使用してデバイスからミーティングを開始した場合、録画することはできません。

ステージを全員と同期させた場合、アクティブな発言者ではなく、ステージに追加した最初の人物がミーティングまたはイベントの録画に表示されます。 ステージに追加した最初の人物ではなく、アクティブな発言者を録画する場合は、サポートに連絡してください。

コンテンツを共有する際に、プレゼンテーションの前にカメラを表示した場合、ミーティングまたはイベントの録画にカメラのビデオは表示されません。

記録形式

MP4 形式でコンピューターに録画を保存できます。


[チャット] パネルや [参加者パネル] などのパネル、および [ファイルの共有] を使用して共有したファイルは、録画に含まれません。

録画の場所

コンピューターにミーティングを録画するときには、保存する場所を選択すること、またはデフォルトのパスに保存することができます。

  • Windows の場合: ミーティング内から開始された録画は、[マイ コンピュータ] の [ドキュメント] フォルダーからアクセスできます。

  • Mac の場合: ミーティング内から開始された録画には、[セレクタ] の ホーム フォルダーからアクセスできます。

プレゼンタのロールを持つユーザーが録画を行うことを許可する (Webex Training)

サイト管理者がトレーニングで WRF 形式 (Windows のみ) での録画を許可している場合、参加者をプレゼンタに指名することでトレーニング セッションを録画させることができます。 参加者をプレゼンターに指名すると、[レコーダー] アイコンがセッション操作パネルに表示されます。 主催者として、自分を再びプレゼンターに指定するまで、コンピューターで新しい録画を開始することはできません。 クラウドで引き続き録画することはできます。 すでにコンピューターで録画を開始している場合は、他のユーザーをプレゼンターに指名すると、新しいプレゼンターは自分の番組を停止することなく録画を開始することができます。

ミーティングを録画する

  1. [録画] をクリックして、使用しているコンピューターに応じたオプションを選択します。


    Webex アプリの場合は [オプション] ドロップダウンに移動し、使用しているコンピューターに応じたオプションを選択します。


    コンピューターのオプションが表示されない場合 オプションが無効になっている可能性があります。 Webex サイト管理者 に連絡してください。

    サービス プロバイダーから Webex をサブスクライブする場合、プロバイダーのカスタマー サポート チームにこの機能について直接質問してください。


    録画に音声を含めるには、[コンピュータを使ってコール] 音声オプションを選択する必要があります。 別のオプションを使用して音声に接続している場合は、警告が表示されますが、音声なしでも録画できます。

  2. [録画] をクリックします。

ミーティングまたはイベントが終了すると、自分のコンピュータに記録が保存されます。

録画の一時停止と停止

必要な場合には、[録画] をクリックし、次のいずれかを実行します。
  • 1 つの録画を維持するには、[一時停止][再開] を選択します。

  • [停止] をクリックして現在の録画を終了します。


    何時間ものミーティングまたはイベントの場合には、管理しやすいファイル サイズにとどめるため、複数の録画を作成することをお勧めします。