Reactions_image

12 の絵文字から選択して、インスタント フィードバックを行います。

  • いいね

  • 拍手

  • お祝い

  • スマイル

  • ハハ

  • すごい

  • 悲しい

  • よくないね

  • 遅く

  • 速く

  • ありがとうございます!

  • ファイヤー

この機能は MeetingsWebinars で利用できます。 ウェブキャスト モードのウェビナーでは利用できません。

1

ウィンドウ下部にあるミーティング コントロールまたはウェビナー コントロールで、[反応]reactions_menu_iconをクリックします。

2

絵文字をクリックして、リアクションとして使用します。

ビデオ サムネイルの右下隅にリアクションが表示されます。 他の視聴者があなたのビデオ映像を表示しているときは、あなたのリアクションが視聴者のビデオ表示の右下隅に表示されます。 あなたのビデオが他の参加者のビューに表示されていない場合、たとえば、誰かがコンテンツを共有したり、ミーティングまたはウェビナー の参加者がミーティング ウィンドウに対して多すぎたりする場合には、あなたの反応はミーティングまたはウェビナー ウィンドウの左下隅に表示されます。 主催者は、ミーティングまたはウェビナーの反応に名前を併記するかを選択できます。

主催者は、ミーティングおよびウェビナーでの反応を無効にできます。

Windows の場合、[ミーティング] > [オプション]、または [イベント] > [オプション] を選択して、[反応] のチェックボックスをオフにします。

Mac の場合、[Webex Meetings] > [ミーティング オプション]、または [Webex Meetings] > [イベント オプション] を選択して、[反応] のチェックボックスをオフにします。

ジェスチャ コントロールを使用すると、[反応] メニューから選択する必要なく反応を使用できます。 実際に手を挙げてミーティングまたはウェビナーの主催者の注意を引いたり、いいねの絵文字を送ってスピーカーを応援したりできます。 Webex がジェスチャを認識すると、ミーティングまたはウェビナーの参加者全員と共有されます。

リアクションを作成するために使用できるジェスチャは 3 種類で、 いいね、よくないね、拍手です。 ハンドジェスチャとして認識されるリアクションについては、[リアクション] メニューを参照してください。 ジェスチャで挙手し、主催者やスピーカーの注意を引き付けることもできます。

次の Webex バージョン、オペレーティング システム、コンピューターおよびデバイスは、ハンド ジェスチャの認識に対応しています。 お使いのコンピュータまたはノートパソコンが要件を満たさなかった場合、ハンドジェスチャは認識されません。

Windows

オペレーティング システム:

  • Windows 10 バージョン 10.0.17763 以降

プロセッサ:

  • 4 個以上の物理コア

メモリ

  • 4GB 以上の RAM

Mac

Webex のバージョン:

  • Meetings - WBS41.1 以降のサイト

  • Events - WBS41.6 以降のサイト

オペレーティングシステム

  • macOS High Sierra(バージョン 10.13)以降

プロセッサ:

  • Intel Core i5 6000 シリーズ デュアルコア プロセッサ以降

  • Intel Core i7 5000 シリーズ デュアルコアまたはそれ以上のプロセッサ

  • Intel Core i7 クアッドコアプロセッサ以降

  • Intel Core i9 デュアルコアプロセッサ以降

  • Intel Xeon デュアルコア プロセッサ以降

  • Intel Core m3 7000 シリーズ デュアルコア プロセッサ以降

  • その他の Intel プロセッサ: 6 コア以上

  • インテル以外のプロセッサ: 8 コア以上***

1

ミーティングまたはウェビナー中に [リアクション] に移動します。

2

[ジェスチャを認識] の横にあるスライダをクリックして、オン/オフを切り替えます。

スライダが青のとき、ハンドジェスチャ認識は有効になっています。

1

ハンド ジェスチャを使って反応を送るには、Webex がジェスチャを認識するまで、カメラの前でジェスチャをします。

2

画面に青い円が描かれ、リアクションのアニメーションが再生されるまで、ジェスチャを続けます。 アニメーションが再生されないうちにジェスチャを止めた場合、そのジェスチャは共有されません。

いいねジェスチャの認識

 

ジェスチャで挙手したあと、挙手を取りやめたい場合、[リアクション]をクリックし、[手を下げる] を選択します。

主催者は、反応と一緒に出席者の名前を表示するか非表示にするかを指定できます。

Windows では、[ミーティング] > [オプション]、または[イベント] > [オプション] を選択して、[反応と一緒に名前を表示] のチェックボックスをオン/オフにします。

Mac では、[Webex Meetings] > [ミーティング オプション]、または[Webex Meetings] > [イベント オプション] を選択して、[反応と一緒に表示名を表示] のチェックボックスをオン/オフにします。

ハンド ジェスチャーの反応をカスタマイズすると、人間的なやり取りができます。 41.12 以降のサイトで利用できます。 使用しているバージョンを確認するには、「お使いの Webex Meetings のバージョン番号を確認する」を参照してください。

Windows の場合:

ミーティング中の場合、[ミーティング] > [ミーティングの設定] > [アピアランス] を選択し、好きな外観を選択します。

ウェビナー中の場合、[ウェビナー] > [ウェビナーの設定] > [アピアランス] を選択し、好きな外観を選択します。

Mac の場合:

ミーティング中の場合、[Webex Meetings] > [ミーティングの設定] > [アピアランス] を選択し、好きな外観を選択します。

ウェビナー中の場合、[Webex Meetings] > [ウェビナーの設定] > [アピアランス] を選択し、好きな外観を選択します。

1

[詳細]他のオプション (iOS および Android フォン) または [リアクション] リアクション (iPad および Android タブレット) をタップします。

2

絵文字をタップし、リアクションとして使用します。

ビデオ サムネイルの中心にリアクションが表示されます。 他の視聴者にあなたのビデオ映像が表示されている間、あなたのリアクションはビデオの中央に表示されます。 あなたのビデオが他の参加者のビューに表示されていない場合、例えば、誰かがコンテンツを共有したり、ミーティングまたはウェビナー ウィンドウの参加者が多すぎたりする場合などには、あなたのリアクションはミーティングまたはウェビナー ウィンドウの左下隅に表示され、参加者にあなたがどう感じているかを知らせることができます。 主催者がミーティングまたはイベントをどう設定するかによって、反応と一緒にあなたの名前が表示される場合とされない場合があります。

現在のスピーカーや共有コンテンツに集中するために、現在表示されていない人のリアクションを非表示にできます。

リアクションを非表示にするには、[リアクションを非表示にする] をタップします。

リアクションを非表示にすると、[リアクション] アイコンはグレーに変わりリアクションを表示するます。

主催者は、スピーカーにフォーカスを当てたままにしたい場合、MeetingsEvents (新) のウェビナーで反応を無効にできます。

1

ミーティングまたはウェビナー中に、[詳細]他のオプションをタップします。

2

お使いのデバイスに応じて、以下のいずれかを実行します。

  • iPhone を使用している場合は、[ミーティングの権限] をタップします。
  • Android フォンを使用している場合は、[詳細] > [ミーティングの権限] をタップします。
3

[反応] をオフに切り替えて、スライダをグレーにします。

主催者は、反応と一緒に出席者の名前を表示するか非表示にするかを指定できます。

1

ミーティングまたはウェビナー中に、[詳細]他のオプションをタップします。

2

お使いのデバイスに応じて、以下のいずれかを実行します。

  • iPhone を使用している場合は、[ミーティングの権限] をタップします。
  • Android フォンを使用している場合は、[詳細] > [ミーティングの権限] をタップします。
3

[反応と一緒に表示名を表示] をオンまたはオフに切り替えます。


 

反応と一緒に表示名を表示するオプションは、反応をオンに切り替えると表示されます。

反応に対する既知の問題と制限

  • ミーティングのライブ ストリームを表示中のユーザーに、リアクションは表示されません。

  • リアクションはミーティング録画やウェビナー録画には記録されません。