DX70 または DX80 を Cisco Webexに登録するには, それが CE8.2 以降を実行していなければなりません。Cisco Webexに登録する最初の手順として, Android ベースのソフトウェアから CE に変換します。これは, Cisco TelePresence SX と MX シリーズ、および Webex Room シリーズ上で実行されているのと同じソフトウェアです。

変換後、新しいデバイスをセットアップするのと同じ方法で、DX70 または DX80 を Cisco Webex に登録できます。

CE ソフトウェアに変換する前に, 変換要件や Android ベースのソフトウェアと比較しての機能の変更を考慮することが重要です。

次の機能は現在サポートされていません。

  • サードパーティ製アプリケーション

  • キーボード制御, キーボード, およびマウスのリダイレクト

  • Voice mail

  • エクステンションモビリティ

  • コールの転送

  • コール転送

  • 共有回線

  • インテリジェント オーディオ (オーディオ コーン)

  • 標準の Android アクセシビリティ機能

  • 自動応答

  • 着信音と壁紙のオプション

  • OSD のミュート インジケータ

  • 非 QWERTY キーボード言語のローカリゼーション

Cisco Webex に登録した場合および CE ソフトウェア上で利用できる機能:

  • シスコ プロキシミティ設定

  • 使いやすい管理者ポータル

  • ClearPath レジリエンス

  • H263/H264

  • LED 不在着信インジケータ

  • HDMI-in 音声

  • 「カメラ クローズ」インジケータ

詳細については, DX70 および DX80 のデータ シートを参照してください。

変換

Android ベースのソフトウェアから CE ソフトウェアに変換する方法についての詳細は, CE と Android ベースのソフトウェア間での Cisco DX70 および DX80 の変換ガイドで参照できます。

Android ベースの DX70 または DX80 を CE に変換する場合は, 次の手順に従います。

  • Cisco UCM を準備します。

  • 最初の CE ソフトウェア イメージをインストールします。

  • DX デバイスのアップグレードを確認します。

  • Cisco UCM に改めて DX デバイスを登録します。複数のデバイスを登録する場合は, MigrationDX ツールを使用できます。

  • DX 上でセットアップ ウィザードを実行します。

DX デバイスを移行する際に Cisco UCM を使用しない場合は, Cloud Upgrader ツールを使用できます。