Webex AssistantMeetings で利用可能です。

41.5 のアップデートから、Events (新)ウェビナー モードが Webex Assistant に対応します。

Meetings および Events (新) に加えて、41.7 のアップデートからは Webex AssistantWebex アプリでも利用できるようになります。 スペースから開始または参加したミーティングでは、Webex Assistant はサポートされていません。

政府版 Webex は Webex Assistant をサポートしていません。

この機能には、ビデオ システムから会議に参加できる Cisco Webex ビデオ プラットフォーム バージョン 2.0 が必要です。 使用しているバージョンを確認するには、「Cisco Webex Meetings のバージョン番号を確認する」を参照してください。

ミーティングの主催者は、ミーティング中に Webex Assistant をオンまたはオフにできます。 ミーティングの開始時、常に Webex Assistant をオンにする場合は、[スケジュール] 設定の [Webex アシスタント] オプションをオンにします

Webex Assistant が有効になっている場合、主催者の画面の左下に表示されます。 Webex Assistant を非表示にすることはできません。

Webex Assistant が左下に表示される

主催者が Webex Assistant をオンにすると、音声のアナウンスを行えるようになり、Webex Assistant は音声ハイライトを保存できるようになります

各参加者には、参加時にミーティング内に Webex Assistant があることが通知されます。 参加者は画面の左下にある Webex Assistant を確認すること、または Webex Assistant は音声のハイライトを保存できるという アナウンスを聞くこと、またはその両方ができます。

1

Webex Assistant をオンにするには、Webex Assistant にカーソルを合わせてWebex Assistant[Webex Assistant をオンにする] を選択します。

2

Webex Assistant をオフにするには、Webex Assistant にカーソルを合わせてWebex Assistant[Webex Assistant をオフにする] を選択します。

3

コンテンツを共有しているときに、画面の上部にあるフローティング バーの Webex Assistant にカーソルを合わせ、[Webex Assistant をオンにする] を選択します。

Webex Assistant をオフにするには、[Webex Assistant をオフにする] を選択します。

1

[他のオプション] > [Webex Assistant] をタップします。

Webex アプリでスペース以外からミーティングを開始またはミーティングに参加した場合、[その他のオプション] > [詳細設定] > [Webex Assistant] をタップします。

41.6 以前のサイトでは、ミーティングやイベントのコントロールで [Webex Assistant] をタップします。

2

[Webex Assistant] をオンまたはオフに切り替えます。