Webex Control Hub 内でユーザーを作成する場合、組織間ドメイン共有の制限が課されます。 しかし、Webex ワークスペースを作成する場合には、一連の同じ制限が課されていないことがわかりました。 そのため Webex では、ワークスペースの作成時にカレンダー メール アドレスの検証を開始しました。 別の組織によってすでに要求されているドメインがメールに含まれている場合、登録は拒否されます。

この変更の理由は次のとおりです。

  • ADまたは同期された組織リソースとワークスペース間の同期をより厳格に行う機能の追加が今後予定されており、Webex ワークスペースの管理に大きな利点となること。

  • 悪質な組織からの悪意あるカレンダーをブロックできること。

この回避方法は次の 3 つのステップで行われています。

  1. 影響を受けていないすべての組織に、ドメインを要求したメールを登録しないよう、すでに制限をかけています。これにより、このドキュメントを知ったうえで悪意のある活動を行うことができないようになっています。

  2. 現在この機能を利用している組織は、2022 年 4 月 1 日から、所定のメール構造で新規デバイスを追加することができないようになります。

  3. ドメイン要求ポリシーに違反するメール登録を却下する新しい規則を採用します。 これは 2022 年 6 月 1 日に予定されています。

この変更の準備をするために、組織内のすべてのワークスペースが、組織の要求したドメインを使用するカレンダー メールによって設定されていることを確認してください。 これが該当しない場合、運用上の強制メカニズムの影響を受けるおそれがあります。 ドメインを要求する方法の詳細については、「ドメインを管理」を参照してください。


一部の組織では、ユーザーのメールでドメイン検証を要求するように構成されています。 この構成された要件は、Workspaces のメールにも適用されます。