はじめに

Partner Connect - ピアリングのアンケート (PQ) は、Webex Calling 専用インスタンスとのパートナー ピアリングを有効にするために Cisco が使用するものです。 このアンケートはワークブックの形式で提供され、Cisco とパートナー間で技術的な詳細を交換するツールとして使用されます。 PQ は地理的なエリア (AMER、EMEA、APAC、AUS) ごとに必要です。 Cisco はパートナーと協力してアンケートを完成させます。

ピアリングのオプションには、次のものがあります。

  • Partner Connect ピアリング (パートナー集約型の顧客向けピアリング)

  • Direct Connect による Partner Connect

  • Equinix Cloud Exchange (ECX) による Partner Connect

  • Direct Connect と ECX による Partner Connect

パートナー ピアリングに関する詳細については、「専用インスタンス ピアリング - Partner Connect」ガイドを参照してください。

ワークブック全体の概要

PQ プロセスでは以下を完了する必要があります。

1

[一般連絡先] シートを完成させます。

2

[パートナー準備日程] シートを完成させます。

3

接続タイプが Direct ピアリング、Cloud Exchange (ECX) ピアリング、または両方の組み合わせであるかどうかに応じて、[パートナー ピアリング ワークシート] を完成させます。

4

Cisco に完成した PQ を提出します。

ワークシートの手順

以下の手順を完了して、接続を作成します。

1

[パートナー ピアリング] ワークシートに情報を入力し、接続タイプで Direct、ECX、または両方の組み合わせを選択します。

2

Direct Connect ピアリングでは、Cisco は地域のデータ センターごとに 2 つの回線に認証書 (LOA) を提供します。

3

すべてのピアリングのリクエストは、Cisco 内部でレビューされてから承認されます。

4

パートナー:

  • Equinix と協力し、LOA に従って配線を完了します。

  • 相互接続完了の確認を Cisco にメールで送信します (Direct の場合)。

  • それぞれの仮想接続やVRF で BGP やルーティングの設定を完了し、Cisco に通知します。

5

Cisco は BGP 設定をプロビジョニングし、エンドツーエンド検証を実行するためのパートナー向けピアリング検証ガイドを提供します。

6

成功した場合、パートナーはピアリング接続の状態がアクティブであるという通知を受け取ります。

7

新しいピアリング経由のトラフィックが許可されるようになります。