ベータ免責事項

ハイブリッド サービス コネクタのベータ リリースが、最終的な、一般的にリリースされる製品の性能および互換性レベルに達していません。 ベータ リリースは正しく動作しないため、一般的なリリースの前に大幅な変更が行われる可能性があります。 Cisco に、何らかのベータ バージョンは市販しなくてはならないという義務はありません。1

Webex Hybrid Services については、クラウドへの新しいコネクタ ホスト登録用にサポートされている Expressway のバージョンは、X12.5 以上です。 X8.11 は、クラウドへの既存の登録で必要な最小バージョンです。

8.11-1.0.8097

2021 年 11 月 5 日

  • マイナーなバグ修正と改善

8.11-1.0.8078

2021 年 9 月 29 日

  • マイナーなバグ修正と改善

8.11-1.0.8076

2021 年 9 月 24 日

  • マイナーなバグ修正と改善

8.11-1.0.8002

2021 年 5 月

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.7998

2021 年 5 月 14 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.7989

2021 年 5 月 7 日

  • ミーティング デコレーションのカスタム ヘッダーとフッターのフォーマットを次のように更新しました。

    • フォント スタイルが、ミーティングのその他の詳細と一致するようになりました。

    • 新しい行やタブなど、テンプレートに追加したスペースがデコレーションに表示されるようになりました。

  • オンプレミスの Cisco TMS システムで、@meet というキーワードを使用してスケジュールを設定するとき、オーガナイザーが参加リンクの詳細を取得しない問題を修正しました。

8.11-1.0.7976 - 緊急アップグレード (スケジュールされた時刻の 24 時間以内に自動的にアップグレード)

2021 年 4 月 21 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.7949

2021 年 4 月 2 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.7942

2021 年 3 月 26 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.7925

2021 年 3 月 19 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.7915

2021 年 3 月 12 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.7912

2021 年 3 月 5 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.7889

2021 年 2 月 26 日

  • @meet ミーティング招待状で Webex Teams を Webex アプリにリブランドしました。

  • @meet および @webex ミーティング テンプレートの著作権日付を 2020 年から 2021 年に更新しました。

8.11-1.0.7864

2021 年 2 月 12 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.7849 - 緊急アップグレード(スケジュールされた時刻の 24 時間以内に自動的にアップグレード)

2021 年 2 月 9 日

  • @webex ミーティング招待状のミーティングの場所フィールドとミーティングの説明にパーソナル会議室の参加 URL が追加されました。

8.11-1.0.7807

2021 年 1 月 29 日

  • ミーティング情報の読み込み失敗時に、断続的に OBTP 通知が欠落する問題を修正しました。 前回のミーティング情報が使用されるようになります。

8.11-1.0.7797

2021 年 1 月 14 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.7783

2021/01/08

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.7753

2020年12月11日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.7737

2020/11/23

  • クラウドのサービスがタイムアウトするため、会議室デバイスがミーティング情報を表示しない断続的な問題を修正しました。

8.11-1.0.7735

2020年11月20日水曜日

  • @meet または @webex のミーティング参加情報が間違った言語で表示される断続的な問題を修正しました。

8.11-1.0.7723

2020年11月13日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.7716

2020年11月6日水曜日

  • ミーティングのオーガナイザーがミーティングの本文からリンクを削除した場合に、@webex ミーティング参加リンクがミーティングの招待に再度追加されない問題を修正しました。

8.11-1.0.7713

2020 年 11 月 4 日

  • プロキシ認証の失敗を引き起こす可能性がある別の問題を修正しました。

8.11-1.0.7711 - 緊急アップグレード (スケジュールされた時刻の 24 時間以内に自動的にアップグレード)

2020年11月2日水曜日

  • Null ロケーション ミーティングのミーティング処理で見られた内部 Null ポインターの例外を修正しました。

8.11-1.0.7708

2020年10月30日水曜日

  • Microsoft Exchange 自動検出プロセス中に相対リダイレクトを処理する際の問題を修正しました。

8.11-1.0.7705 - 緊急アップグレード (スケジュールされた時刻の 24 時間以内に自動的にアップグレード)

2020/10/27

  • ユーザーが @meet または @webex:space ミーティングの招待に追加されたミーティング参加情報の一部または不正確に断続的に表示する問題を修正しました。

8.11-1.0.7700

2020/10/23

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.7691

2020年10月16日

  • Windows 用の Outlook を Webex 生産性向上ツール プラグインと共に使用したミーティングの場合、ミーティングの出席者がメール受信箱に 2 つのミーティング招待状を受け取る問題を修正しました。 この修正では、ミーティングの出席者は 1 つのミーティング招待状のみを受け取るはずです。

8.11-1.0.7680

2020/10/09

  • Cisco TMS インテグレーションのための Microsoft Teams ベース ミーティングの EXTERNAL_CONFERENCE_DATA と Microsoft Teams の Webex ビデオ インテグレーションを設定します。

8.11-1.0.7675

2020年10月2日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.7666

2020年9月25日水曜日

  • プロキシ認証の失敗を引き起こす可能性がある別の問題を修正しました。

8.11-1.0.7655

2020/09/18

  • ミーティング招待状の処理でループ処理が発生し、ミーティングの処理時間全体が増える問題を修正しました。

8.11-1.0.7652

2020年9月11日水曜日

  • Control Hub のデフォルトの動作設定を変更した後で、@meet または @webexが正常に機能しない問題に対処するために変更します。

8.11-1.0.7626

2020/08/27

  • プロキシ認証の問題が原因で Calendar Connector が登録できない問題を修正しました。

8.11-1.0.7607—Urgent upgrade (will automatically upgrade within 24 hours, at the scheduled time)

2020年8月24日水曜日

  • 今後の出席者ベースの処理サポートを変更します。

8.11-1.0.7589

2020 年 8 月 14 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.7537

2020年7月24日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.7505

2020年7月17日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.7483

2020年7月10日水曜日

  • Webex 生産性向上ツール プラグインと共に使用したミーティングの場合、ミーティングの出席者がメール受信箱に 2 つのミーティング招待状を受け取る問題を修正しました。 この修正では、ミーティングの出席者は 1 つのミーティング招待状のみを受け取るはずです。

8.11-1.0.7453

2020年7月2日水曜日

  • カレンダーに保存される日数を 28 日から今後 31 日に増やしました。

  • 性能の最適化。

8.11-1.0.7379

2020年6月12日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.7339

2020 年 6 月 5 日

  • 過去のミーティングの WebexTeams アプリにミーティング参加リンクが表示されなくなる可能性がある問題を修正しました。

8.11-1.0.7323

2020年5月21日水曜日

  • デバッグ ロギング レベルが有効になっているときに、Calendar Connector が処理を停止する可能性があるデッドロックに対する修正を追加しました。

8.11-1.0.7317

2020年5月13日水曜日

  • フランス語の @webex ミーティング招待状テンプレートで「\」文字を削除しました。

8.11-1.0.7308

2020年5月7日水曜日

  • Cisco TMS インテグレーションの初期化の問題を修正しました。

8.11-1.0.7298

2020 年 5 月 1 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.7285

2020 年 4 月 24 日

  • ミーティング招待状の本文に参加 URL がない場合でも参加 URL を使って Webex ミーティングに参加できるようにする変更が含まれます。

    この変更は SIP URI ダイヤルイン番号 (見つかった場合) を使用して、関連する参加 URL を検索し、取得します。 ユーザーが Webex Teams のかかるミーティングに参加しようとするとき、参加 URL は SIP URI ダイヤルイン番号の代わりに、ミーティングに参加するために使用されます。

8.11-1.0.7277 - 緊急アップグレード (スケジュールされた時刻の 24 時間以内に自動的にアップグレード)

2020年4月20日水曜日

  • スケーラビリティの強化が含まれます。

8.11-1.0.7255 - 緊急アップグレード (スケジュールされた時刻の 24 時間以内に自動的にアップグレード)

2020年4月14日水曜日

  • [ミーティング処理キューの制限に達しました] アラームの修正が含まれています。

  • スケーラビリティの強化が含まれます。

8.11-1.0.7238 - 緊急アップグレード (スケジュールされた時刻の 24 時間以内に自動的にアップグレード)

2020 年 4 月 6 日

  • COVID-19 の拡張性の変更が含まれます。

8.11-1.0.7213

2020 年 3 月 27 日

  • ユーザーが一連の定期的ミーティングを単一インスタンスのミーティングに変換する場合に適切に取り扱うように変更します。

  • 主催者がコネクタをサブスクライブしていないときにミーティングがキャンセルされた場合、Webex Teams ミーティング リストからミーティングを適切に削除するように変更します。

8.11-1.0.7179

2020 年 3 月 6 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.7166

2020 年 2 月 28 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.7162

2020 年 2 月 21 日

  • 一連の定期的なミーティングが削除された場合に、Webex Teams ミーティングの一覧から、一部の定期的なミーティングのインスタンスが削除される問題を修正しました。 この問題はベータ リリース 1.0.7079 で導入されましたが、STABLE チャンネルにはリリースされていません。

8.11-1.0.7100

2020年2月6日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.7079

2020年1月25日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.7057

2020/01/10

  • Expressway 管理インターフェイスにログインしようとすると、「ログインが期限切れになりました: 無効なクッキーです」」と表示される問題を修正しました。これは、tmp フォルダーが GSSAPIBindRequest-JAAS-Config 設定ファイルを作成して、ディスクをいっぱいにしてしまうために起こりました。 これらのファイルを削除する方法を改善しました。

  • @meet および @webex ミーティング テンプレートの著作権日付を 2019 年から 2020 年に更新しました。

8.11-1.0.7046

2019 年 12 月 20 日

  • アップデートされたハートビート メカニズム カレンダー コネクタはクラウドとの接続性を確認するために使用します。

8.11-1.0.7035

2019 年 12 月 13 日

  • 開催者が既存の Webex Teams スペース ([スケジュール] ボタンから、またはスペース情報をコピーしてミーティングの招待状に貼り付けます) からミーティングを作成し、Webex Teams ユーザー カレンダー サービスではない出席者を追加すると、その出席者をスペースに追加できなかったことを示すエラー メールが管理者に送信されることはなくなります。

8.11-1.0.7022

2019年12月6日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.6252

2019 年 11 月 14 日

  • 内部メトリックス プロセスによってトリガーされたカレンダーの接続のクラッシュを修正しました。

8.11-1.0.6231

2019 年 11 月 8 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.6185

2019 年 10 月 26 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.6170

2019 年 10 月 18 日

  • ロケーション フィールドに @meet のミーティング招待状が複数行のテキスト「時刻になったら Webex Teams ミーティングに参加します。」がミーティングの本文に表示される問題を修正しました。

  • 「ミーティング処理が長すぎます」というアラームが繰り返し発生し低下する問題を修正しました。

8.11-1.0.6162

2019年10月11日水曜日

  • @meet および @webex ミーティング招待状のコールイン番号国ラベルに使用されるテキストフォントを更新しました。

8.11-1.0.6155

2019 年 9 月 27 日

  • ハイブリッド カレンダー サービスは、site.webex.com/meet/<userid> (https://プレフィックスは不要です) のような形式でパーソナル会議室のリンク Cisco Webex を解析できるようになりました。 サービスはミーティング招待状の場所または本文からリンクを解析し、それを使用して参加通知 (One Button to Push) を提供することができます。

  • Calendar Connector がプロキシ エラーに遭遇し、再起動後に初期化できないという TMS のインテグレーションの問題を修正しました。 これが発生すると、管理者には「会議コネクタの初期化に失敗しました」という警告が表示されます。

8.11-1.0.6114

2019 年 9 月 13 日

  • Expressway の [Calendar Connector 管理] ページで、冗長な「Cisco Webex Meetings サイトの構成」リンクを [関連タスク] セクションから削除しました。

8.11-1.0.6104

2019年9月6日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.6078

2019年8月30日水曜日

  • サブスクリプション エラーの取り扱いを改善しました。 ユーザーのサブスクリプション プロセス中に外部サービス URL が失敗した場合、内部サービス URL が再試行されます。

8.11-1.0.6075

2019年8月23日水曜日

  • メールボックスのないユーザーに多数の自動検出が試行される問題を修正しました。

  • [アプリケーション] > [ハイブリッド サービス] > [カレンダー サービス] > [Cisco Webex Meetings サイト設定] メニュー オプションを Cisco Expressway コネクタ ホストの [Cisco Conferencing Servoce 設定] メニュー オプションと組み合わせました。

8.10-1.0.5848

2019年8月1日水曜日

  • @meet および @webex のミーティングのテンプレートをバージョン 2.2.0.0 に更新しました。

8.10-1.0.5829

2019年7月19日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.5817

2019 年 7 月 12 日水曜日

  • @Webex ミーティング テンプレートを更新して、電話によるコールイン番号を正しい順番で表示します。

8.10-1.0.5798 - 緊急アップグレード (スケジュールされた時刻の 24 時間以内に自動的にアップグレード)

2019年6月25日水曜日

  • 8.10-1.0.5783の問題、会議室システムでスケジュールされたミーティングが表示されない、を修正しました。

8.10-1.0.5783 - 緊急アップグレード (スケジュールされた時刻の 24 時間以内に自動的にアップグレード)

2019/06/19

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.5744

2019年5月21日水曜日

  • @webex キーワードが [ミーティングの場所] フィールドから削除され、ミーティングの本文から参加リンクが削除された後でも、参加通知が Webex Teams にまだ表示される問題を修正しました。

8.10-1.0.5720

2019年5月10日水曜日

  • 出席者がミーティングの招待を承諾または拒否するたびに、ミーティングの出席者が受信箱に複数のミーティングの更新を受け取る問題を修正しました。

8.10-1.0.5713

2019年5月3日水曜日

  • 性能の最適化。

8.10-1.0.5685

2019 年 4 月 26 日水曜日

  • 性能の最適化。

8.10-1.0.5680

2019/04/19

8.10-1.0.5666

2019年4月12日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.5647

2019 年 4 月 5 日

  • 2 つの電話による参加のトール番号をサポートするために、@meet 参加の詳細を更新しました。 Webex で 2 つのトール番号が設定されている場合、両方とも @meet 招待状に表示されます。

8.10-1.0.5609

2019 年 3 月 22 日

  • 参加のリンクを含む @meet の招待を、招待状の本文にコピー アンド ペーストすると、既存のスペースを再使用するのではなく新しいスペースが作成されてしまうという問題に対応しました。

  • XML の解析エラーのために、ユーザー アカウントがアクティベーション保留ステータスでスタックしてしまう問題に対応しました。

  • ミーティング招待の参加リンクで、「sip:sip:」のように重複している 形式が検出された場合のサポートも、(単一の「sip:」形式に加えて) 追加しました。

  • 一部の 1:1 スペース ミーティングで、参加の通知が行われない (OBTP なしの) 結果になる問題に対応しました。

  • @meet および @webex ミーティング テンプレートの著作権日付を 2019 年に更新しました。

8.10-1.0.5545

2019年2月8日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.5533

2019 年 1 月 18 日

  • CSCvo03678、redirectURL でのアカウント自動検出の失敗を修正しました。

  • Cisco TMS/TMSXE 統合のための、12 月から行われていた OBTP 参加通知の変更を取り消しました。 この変更のため、TMS でスケジュールが設定されていたミーティングのためのブリッジが、ハイブリッド カレンダー サービスで処理された後に削除されていました。

8.10-1.0.5513

2018年12月14日水曜日

  • Microsoft Exchange の構成ページの [検出] セクションに、SCP レコードルックアップの有効化オプションが追加されました。 これをオフにすると、カレンダー コネクタは、自動検出プロセス中に Active Directory での SCP ルックアップを行わなくなります。

  • Microsoft Exchange の構成ページで、[サービス アカウントのパスワード] フィールドの最大長が 120 文字から 128 文字に変更されました。

  • Cisco TMS/TMSXE システムは、ミーティング招待の場所フィールドに Cisco 以外の SIP URI が設定されていると、OBTP の参加通知を送信するようになりました。

  • 「ミーティングの処理時間が長すぎます」というアラームの原因となり得るシナリオの 1 つを修正しました。

8.10-1.0.5475

2018/11/30

  • @meet および @webex のミーティング招待のテンプレートをバージョン 2.1.0.0 に更新しました。 変更点には、[ミーティング番号] フィールドをテンプレート上部に追加したこと、国際コールイン番号のリンクを一貫して配置するようにしたこと、フォントサイズの書式を一貫したものにしたことが含まれています。

  • ミーティングの主催者が、Webex Teams のユーザーではない出席者を、場所フィールドに @meet を指定してミーティングに招待した場合でも、ハイブリッド カレンダー サービスが、そのユーザーのアカウントを作成したり、Teams スペースに追加したりすることがなくなりました。 代わりに、ミーティングの主催者に対し、出席者をスペースに追加することができなかったとのメールの通知が送られるようになりました。

  • ハイブリッド カレンダー サービスは、One Button to Push (OBTP) 参加通知に対応する、*@meetup.webex.com という形式の参加リンクを検出するようになりました。

  • 以前は、カレンダー コネクタは、一時フォルダに GSSAPIBindRequest-JAAS-Config 設定ファイルを作成して、ディスクをいっぱいにしてしまうことがありました。 ディスク スペースを使い果たすことがないよう、これらのファイルは作成後の適切な時点で削除されるようになりました。

  • 以前は、Exchange 環境が無効な URL (たとえば、autodiscover.example.com/autodiscover/autodiscover.xml など) のために汎用のリダイレクトを使用し、そのリダイレクトによってブラウザーにデータが返された場合、ハイブリッド カレンダー サービスは自動検出のステップ 2 でリトライをし続けるようになっていました。 これは、Web サーバーに過度のリクエストが送られる原因になりました。 現在では、ハイブリッド カレンダー サービスは、データを認識できない場合、リダイレクトが無効であるとマークするようになりました。

  • ミーティングの招待のミーティング本体部分で Webex Teams スペース ミーティングへのリンク URL が検出された場合、TMS/XE システムが OBTP 参加通知を送信しないという問題を修正しました。

8.10-1.0.5328 - 緊急アップグレード (スケジュールされた時刻の 24 時間以内に自動的にアップグレード)

2018年10月10日水曜日

8.10-1.0.5282

2018 年 9 月 14 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.5279

2018 年 9 月 7 日

  • 管理者が自動検出リダイレクト URL を許可またはブロックできる Expressway 構成ページを追加しました。 自動検出のテストを実行すると自動的に URL が保留状態のリストに追加されるか、管理者がリストに手動で追加できます。 保留中の URL は管理者が許可しない限りブロックされます。

8.10-1.0.5260

2018年8月31日水曜日

  • 8.8.-1.0.xxxx から 8.10-1.0.xxxxx までのカレンダー コネクタ バージョン番号の更新

  • ミーティング ロケーション フィールドの @spark およびミーティング本体の Webex 生産性向上ツールの両方でミーティングの参加通知 (One Button to Push または OBTP と呼ばれる) が、サポートされているすべての Webex Teams プラットフォームに表示されない問題を修正しました。

  • Webex サイトがコントロール ハブにリンクされていない、またはパーソナル会議室設定が Webex Teams アプリのユーザー向けに構成されていない場合、Skype for Business の参加リンクが @webex ミーティング招待状に表示されない問題を修正しました。(この問題はクラウドで修正され、カレンダー コネクタのアップグレードは必要がありません。)

8.8-1.0.5234

2018 年 8 月 17 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.8-1.0.5219

2018年8月10日水曜日

  • hybridservices.c_cal logging レベルが DEBUG に設定されている場合、カレンダー コネクタが動作を停止するカレンダー コネクタ ビルド 5201 の問題を修正しました。

  • FedRAMP、テレフォニー サービス プロバイダー (TSP)、または CMR Hybrid Webex サイトで @webex を使用しているとき、参加通知 (One Button to Push、OBTP とも呼ばれる) が動作しない問題を修正しました。 (この問題はクラウドで修正され、カレンダー コネクタ アップグレードは必要がありません。)

8.8-1.0.5201

2018/08/03

  • 新しいキーワードとして @meet と、この新しいキーワード修正語句として :space and :myroom を導入し、@meet および @webex キーワードの動作を制御します。

    キーワード @meet および複合キーワード @meet:space または @webex:space はすべて、Webex アプリにスペースを作成します。

    混合キーワード @meet:myroom および @webex:myroom@webex と同じく動作し、ユーザーの Cisco Webex パーソナル会議室を使用します。 各オプションでは、ミーティング招待状の本文に適切な参加の詳細を追加します。

    複数の Cisco Webex サイトを持つユーザーは @webex を引き続き使用できます。<site> 当分の間ですが、Cisco Webex Teams アプリのパーソナル会議室設定を構成し、どのサイト @webex を使用するか指定することを強くお勧めします。 またこの設定は、ユーザーのパーソナル会議室ロビーに参加者入室したかについて、どのサイトをアプリが監視するか示します。

    @spark キーワードはしばらくの間引き続き動作します。 しかし、組織が現在 @spark を使用している場合、@webex:space または @meet を代わりに使用することを推奨します。@spark はこの先使用率が落ちた際に最終的に削除されるためです。

8.8-1.0.5194

2018年7月27日水曜日

  • 「sip%3A」および「sip:」の両方を使用するとミーティング招待状から SIP URI 参加リンクの構文解析が可能になるように問題を修正しました。 変換可能です。 以前、「sip%3A」が認識されず、Webex Teams アプリに参加通知が表示されませんでした。

  • 一部のケースで @spark または @webex ミーティングが誤って二重の sip:sip: となる問題を修正しました。<URI> SIP URI 参加可能リンク内。 これらのミーティングに参加しようとすると障害が発生します。 この問題に対応するには、sip: を追加しないでください。 すでにしている場合。

8.8-1.0.5158

2018年7月17日水曜日

  • 2 つの問題が発生した Expressway X8.11 でカレンダー コネクタを構成する際に発生するトップ プライオリティの問題を修正しました。

    • Microsoft Exchange 構成ページの [検出] セクションにメール アドレスを入力すると構成に失敗します。 この問題を修正するまで、新しいカレンダー コネクタを構成するか、Exchange 構成を変更する唯一の方法は、[メール アドレス] フィールドを空のまますることであり、これは保存して構成をテストできないことを意味します。 回避策として、「Microsoft Exchange 自動検出と偽装のテスト」の手順を使用して、Expressway-C とできるだけ同じネットワーク条件のマシンから、テストをシミュレーションできます。

    • Webex 構成ページで [テスト接続] ボタンを使用すると同じ障害が発生します。 回避策はテストをせずに [保存] をクリックすることです。

8.8-1.0.5144

2018年7月11日水曜日

  • ユーザーへのメール通知テンプレートの再ブランディング更新。

  • ミーティング招待状の「Microsoft Skype for Business を使用して参加」テキストにドイツ語の翻訳を追加しました。

8.8-1.0.5100

2018年6月22日水曜日

  • TMS/XE と @spark ミーティングの連携を追加しました (sip: プロトコル プレフィックスを SIP URI に追加しました)。

8.8-1.0.5091

2018 年 6 月 15 日

  • 場合によりキャンセルされたミーティングが Webex Teams ミーティング リストからすぐに削除されない問題を修正しました。

  • 再試行ロジックを追加し、他のバックエンド サービスがビジー状態の場合ミーティング参加通知が表示されるようにします。

8.8-1.0.5077

2018 年 6 月 8 日

  • ミーティング本文に Webex パーソナル会議室 URL のみを含むミーティング招待状については (SIP URI なし)、Webex Teams アプリの参加通知 (OBTP) をクリックすると、Webex Teams アプリを通してミーティングに参加できるようになっています。以前は、これらのミーティングの参加通知をクリックすると Webex ブラウザー ウィンドウでミーティングがクロスローンチしていました。

  • Webex Teams 再ブランディングのメール通知のテキスト文字列の更新。

  • Webex Teams 再ブランディングの Expressway ユーザー インターフェイスのテキスト文字列の更新。

8.8-1.0.5045

2018 年 6 月 1 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.8-1.0.5037

2018 年 5 月 24 日

  • 「Webex Teams ミーティングの参加」から「Cisco Webex Teams ミーティングの参加」まで @spark ミーティング招待の参加リンク テキストを更新しました。

  • Hybrid Calendar Service を有効にしていないユーザーがミーティング参加通知 (OBTP) を受信できない問題を修正しました。

8.8-1.0.5012

2018 年 5 月 18 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.8-1.0.5008

2018 年 5 月 11 日

  • 大量の出席者の応答を処理するため、時折トリガーされる「ミーティングの処理時間が長すぎます」アラームの原因の 1 つを修正しました。

  • ミーティングを拒否した出席者が最大出席者数制限にカウントされるシナリオを修正しました。 このシナリオのため、一部の出席者はミーティング参加通知 (OBTP) を受信しません。

8.8-1.0.4985

2018 年 5 月 4 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.8-1.0.4979

2018年4月27日水曜日

  • @webex ミーティング招待状への「Microsoft Skype for Business を使用して参加」リンクに、ローカライズされたテキスト翻訳を追加しました。

  • TLS 構成が Microsoft Exchange 自動検出プロセスに適用される方法について修正しました。 Calendar Connector Exchange 構成では、安全な接続を確立する時、証明書の検証が実行されるか決定できる 2 つの異なる設定があります。 これらの設定にはそれぞれ [オン] または [オフ] のオプションがあります。 [オン] に設定する場合、証明書の検証が実行されます。 [オフ] に設定する場合、証明書の検証が実行されません。 設定とその意図する範囲は次のとおりです。

    1. TLS 検証モード:この設定は Exchange への接続を確立する時に使用されます。

    2. LDAP TLS 検証モード:この設定は LDAP サーバーへの接続を確立し、Exchange Autodiscover SCP 録画を検索する時に使用されます。

    修正前、LDAP TLS 検証モードは、LDAP クエリや Exchange リクエストの実行中か否かに関係なく、Exchange Autodiscover プロセス中のすべての接続に使用されました。 そのため、LDAP TLS 検証モード[オン]TLS 検証モード[オフ] の場合、Autodiscover 中に Exchange へ接続しているとき証明書の検証は常に実行されました。 逆に、LDAP TLS 検証モード[オフ]TLS 検証モード[オン] の場合、Autodiscover 中に Exchange へ接続しているとき証明書の検証は実行されませんでした。

    修正後、LDAP TLS 検証モードは Autodiscover 中に LDAP サーバーに接続する時にのみ使用され、TLS 検証モードは Autodiscover プロセスに含まれるその他すべての接続に使用されます。

  • SCP ポインターのカレンダー コネクタ検索の方法を修正しました。

    Autodiscover フローの手順は https://msdn.microsoft.com/en-us/library/office/ee332364%28v=exchg.140%29.aspx?f=255&MSPPError=-2147217396 で説明されています。

    手順 1 (SCP 検索) について、詳細は https://msdn.microsoft.com/en-us/library/office/dn467395(v=exchg.150).aspx にあります。

    2 個目のリンクでは、Exchange 提供の Autodiscover の SCP オブジェクト 2 種類の違いを説明しています。

    • SCP ポインター:これらのオブジェクトは、ユーザーのドメインの Autodiscover SCP オブジェクトを検索するために使用される特定の LDAP サーバーを示す情報を含みます。 SCP ポインターは次の GUID で示されています。 67661d7F-8FC4-4fa7-BFAC-E1D7794C1F68.

    • SCP URL:これらのオブジェクトは、Autodiscover エンドポイントの URL を含みます。 SCP URL は次の GUID で示されています。 77378F46-2C66-4aa9-A6A6-3E7A48B19596.

    修正前、SCP ポインターのカレンダー コネクタ検索は適切に動作していませんでした。 しかし、SCP URL の検索は最初から適切に動作しており、SCP URL は正常な Autodiscover に必要な共通のタイプでした。 SCP ポインターの検索に失敗したためにカレンダー コネクタの Autodiscover が失敗したというレポートはなく、問題はコード レビューの手法でのみ見つかっています。 この修正により、SCP ポインターのカレンダー コネクタ検索は正常に動作するようになりました。

8.8-1.0.4963

2018 年 4 月 20 日

  • @webex ミーティング招待状への「Microsoft Skype for Business を使用して参加」リンクを追加しました。 このテキストは現在のところ、英語でのみ表示されます。 他の言語へのサポートはまもなくリリースされます。

8.8-1.0.4945

2018年4月13日水曜日

  • ユーザーのメール ドメインの自動検出 URL がアクティブ ディレクトリの SCP 検索で見つからず、Exchange からの最初の自動検出応答で RedirectTarget アドレスが返される場合、カレンダー コネクタは RedirectTarget アドレスに基づく新しい URL ではなく、SCP 経由で取得された元の自動検出 URL を再使用します。 これは、実際のユーザー設定が取得されておらず、ユーザーがカレンダー コネクタに割り当てられていないか、アクティブではないフローループを引き起こします。 RedirectTarget アドレスのメール ドメインがフローの次の自動検出 URL を取得するために常に使用されるように、これは現在修正されています。

8.8-1.0.4942

2018年4月6日水曜日

  • 大文字 と 小文字 を混ぜたメール アドレスのユーザーが、Outlook カレンダー ミーティングの更新を検出しない期間を経験する問題を修正しました。

  • 一部のキャンセルされたミーティングが Webex Teams ミーティング リストに表示される問題を修正しました。

  • Webex Teams スペースから作成された 1-1 ミーティングが、ミーティングが作成されたスペースではなく、常にプライベート 1-1 スペースに追加される問題を修正しました。

  • ユーザーが参加リンクの後にキャリッジ リターンを入力しなかった場合、一部のミーティング参加リンクが適切に解析されない問題を修正しました。

  • コピーされ貼り付けられた Webex Teams スペース URL が Outlook ミーティング ロケーション フィールドで検出されない問題を修正しました。

  • @spark および @webex テンプレートの著作年を 2018 に更新しました。

8.8-1.0.4896

2018 年 3 月 23 日

  • ロギングの消去

  • ミーティングが生産性向上ツールおよび @webex.でスケジュールされているとき、ミーティングの発生が分割される可能性に対処して修正しました。

  • メール アドレスが引用符で囲まれている参加を一部修正しました。 @spark 招待について、カレンダー サービスはこれらの参加者を Webex Teams スペースに追加します。 しかし当社は、これらの参加者のミーティング招待状に参加の詳細を記載して更新できるよう Microsoft の修正を待っています。

  • 「Cisco Collaboration Meeting Rooms (CMR) サービス到達不可またはアクセス拒否」のアラームが間違って表示されないように修正しました。

8.8-1.0.4811

2018年2月16日水曜日

  • Cisco Collaboration Cloud にアクセスする際のネットワーク遅延により、ユーザーのアクティベーション状況が保留の状態で止まるというカスタマーの 1 人で発生した問題に対処しました。 ユーザーがアクティベーションできるようにタイムアウトまでの時間を延長しました。

8.8-1.0.4786

2018年2月9日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.8-1.0.4747

2018 年 2 月 2 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.8-1.0.4724

2018年1月26日水曜日

  • プロキシを構成している場合、Expressway のカレンダー サービス > Cisco Webex 構成ページは、DNS 解決を強制しなくなりました。

  • アラームに対応するため修正しました。 「ミーティングの処理時間が長すぎます。カレンダー サービス ミーティングの処理時間が少なくとも 1 名のユーザーでしきい値の 5 分を超えています。」

8.8-1.0.4704

2018 年 1 月 20 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.8-1.0.4703

2018 年 1 月 12 日

  • Expressway カレンダー コネクタ ユーザーのサブスクリプション ステータス ページを修正しました。 サブスクリプションの再試行を待機しているサブスクリプションがないユーザーは、失敗したサブスクリプション合計にカウントされています。

8.8-1.0.4696

2018 年 1 月 5 日

  • ハイブリッド Exchange On-Premise / Office365 導入について、NTLM および基本認証タイプの選択を許可することで、Calendar Connector - Microsoft Exchange Configuration ページの構成オプションを改善しました。 1 つの機能に不具合が発生した場合、他の方法を試行します。

  • ミーティングの調整者がミーティングのロケーションのフィールドに、Webex パーソナル会議室のリンクを貼った場合、ミーティングの Webex Teams デスクトップ参加通知を有効にしました。

8.8-1.0.4670

2017年12月14日水曜日

  • 「暗号サービスからキーを取得できませんでした」アラームが発生する数を減らすように変更しました。

  • クラウドへの接続が中断された後 (Expressway では「mercury error」としてレポートされます)、カレンダー コネクタが操作状態に戻れるように修正しました。

8.8-1.0.4646

2017 年 11 月 24 日

  • @spark 1-1 ミーティング招待内の「Webex Teams ミーティングに参加」URL を更新しました。 新しい参加 URL は、Webex Teams Web クライアントを起動する代わりに、Webex Teams アプリを起動します。

  • 拒否されたいくつかのミーティングに関して修正されたシナリオは、Cisco Spark デスクトップ アプリのミーティング リストに表示されたままでした。 ユーザーが一連のミーティングをすべて拒否する場合、ミーティングのすべてのインスタンスをミーティング リストから削除する必要があります。

8.8-1.0.4636

2017年11月17日水曜日

  • Exchange 構成テストが失敗したが、変更が保存され、「成功」と報告された問題を修正しました。

  • Webex Teams アプリ デスクトップ参加通知に関して、sip:jdoe@company.com または 18005251234@example.com など新しいパターンを検出するため、SIP URI 構文解析アルゴリズムを強化しました。

  • PSTN 電話番号を含めるため、@spark グループ ミーティングの招待を強化しました。

  • 「Cisco Collaboration Meeting Rooms (CMR) サービス到達不可またはアクセス拒否」のアラームを 10 分ごとにチェックする機能を削除しました。 アラームの発生が頻繁すぎ、アクション可能ではありませんでした。

8.8-1.0.4596

2017年11月10日水曜日

  • ミーティング ロケーション フィールドの @spark および @webex の両方を使用するためのサポートを削除しました。 @spark および @webex が一緒に使用されない場合、@spark が無視され、@webex のみが処理されます。 Webex Teams スペースが作成されません。

  • Webex ユーザー アカウントのエラーが Webex Teams コントロール ハブ ユーザー ステータスで報告されない問題を修正しました。

  • Hybrid Calendar Service が有効ではないユーザーによって、ミーティング スケジュールで OBTP 参加通知が表示されないという問題を修正しました。

  • Web プロキシ構成が Calendar Connector に割り当てられたユーザーを妨害してしまうという問題を修正しました。

  • SIP URI ダイヤル文字列が、OBTP 参加通知のミーティング招待から正常に構文解析されないという問題を修正しました。

8.8-1.0.4535

2017 年 11 月 3 日

  • 特定のユーザーにのみ適用されるアラームが、システムレベルのアラームとして発生しなくなります (ユーザー サブスクリプション エラーや Webex ユーザー アカウント問題など)。 これらのユーザー特有の条件は、ユーザー ステータスのユーザー エラーとしてレポートされます。

  • Webex を連動する代わりに、Webex Teams アプリを通して、ミーティングに接続する特定の OBTP 参加通知を許可するように改善しました。

8.8-1.0.4521

2017年10月27日水曜日

  • サービス ユーザーの受信箱に対して試行するとき、CAS プロキシによって発生した ErrorTokenSerializationDenied エラーに対処しました。

  • パフォーマンスの最適化: Microsoft Exchange とのカレンダー同期アクティビティを削除しました。

  • パフォーマンスの最適化: Webex Teams 会話サービスへのカレンダー リクエストを削除しました。

8.8-1.0.4486 - 緊急アップグレード (スケジュールされた時間に 24 時間以内に自動的にアップグレード)

2017年10月16日水曜日

8.8-1.0.4467

2017 年 10 月 13 日

  • 参加通知 (OBTP) が転送されたミーティングまたは受信者が追加されたミーティングに表示されないという問題を修正しました。

  • 追加の参加通知 (OBTP) が進捗中にミーティングに表示されるという問題を修正しました。

  • Webex Teams データ センター スイッチがある場合、一部の Calendar Connectors が古いデータ センターと引き続き通信しているという問題を修正しました。

8.8-1.0.4456

2017 年 10 月 6 日

  • ログおよびパフォーマンスの最適化。

8.8-1.0.4429

2017 年 9 月 29 日

  • カレンダー サブスクリプション エラーの取り扱いを改善しました。

  • Expressway のコネクタ ロギングの量を減らしました。

  • 性能の最適化。

8.8-1.0.4414

2017年9月22日水曜日

  • 定期的なミーティングの開始時間を変更した後に発生する OBTP の問題を修正しました。 この修正の前、OBTP 参加ボタンが元のミーティング開始時間の直前に表示される場合があります。 新しいミーティング開始時間の前にのみ参加ボタンが表示されるようになりました。

8.8-1.0.4408

2017年9月13日水曜日

  • Webex 生産性向上ツールを使用してスケジュールされたミーティングについては、OBTPの 参加ボタンにより Webex ブラウザ クライアントでなく Cisco Webex アプリのミーティングに参加するようになりました。

8.8-1.0.4402

2017年9月5日水曜日

  • Calendar Connector の損傷に対する修正を追加しました。

  • Calendar Connector のデッドロックに対する修正を追加しました。

  • サービス アカウント UPN を使用している Office 365 Exchange 構成レコード保存テストが、有効なテストではなかった問題を修正しました。

  • FQDN dot のため、SRV 記録の検索を経由した自動検出が失敗する問題を修正しました。

8.8-1.0.4363

2017年8月8日水曜日

  • カレンダー サービスがメンテナンス モードのとき、状態を初期化している際にスタックするのを回避するために修正しました。

  • 性能の最適化。

8.8-1.0.4358

2017年8月4日水曜日

  • カレンダー コネクタのメモリ不足によるクラッシュに対する修正を追加しました。

8.8-1.0.4354

2017年7月27日水曜日

  • ミーティングの開始 5 分いないにキャンセルされるミーティングの OBTP を削除するように修正します。

8.8-1.0.4341

2017年7月21日水曜日

  • Cisco Spark ミーティング リストと One Button To Push (OBTP) トライアル サイトの機能強化と修正を行いました。

8.8-1.0.4331

2017年7月14日水曜日

  • Microsoft Exchange 構成ウィンドウの Active Directory 使用状況検出のデフォルトの設定を変更しました。

  • Cisco Spark ミーティング リストと One Button To Push (OBTP) トライアル サイトの機能強化と修正を行いました。

  • ミーティングの開催者がミーティングの招待に配布リストを含めるときに送信される E メールの量を減らしました。 ミーティングの開催者が Cisco Spark ミーティング リストと OBTP トライアルに対して有効に設定されている場合にのみ、この E メールが送信されます。

  • Calendar Connector の損傷に対する修正を追加しました。

  • エンド ユーザーの E メール通知で余分な技術的詳細を削除しました。

  • @spark または @webex からミーティングのロケーションを変更するときのフォーマットの問題を修正しました。

8.8-1.0.4256

2017/06/23

  • @spark の 1:1 ミーティングを更新するときのフォーマットの問題を修正しました。

  • ( ) または @ などの文字について、@webex ミーティングの招待でのカスタム テキストのフォーマットの問題を修正しました。

  • Cisco Spark ミーティング リストと One Button To Push (OBTP) トライアル サイトの機能強化と修正を行いました。

  • Cisco Spark ミーティング リスト/OBTP ユーザーの場合、Cisco Spark でミーティング通知を受け取らない配布リストの一部として含まれた出席者を通知するために、@webex または @spark ミーティングの招待の配布リストを含めたミーティング開催者のためのメール通知を追加しました。

  • 「協議事項を更新しました…」テキストが Spark スペースに間違って投稿される問題を修正しました。 このアーティファクトは、Webex Teams スペースにはもはや投稿されません。

8.8-1.0.4160

2017 年 5 月 19 日

  • Calendar Connector の損傷に対する修正を追加しました。

  • @spark ミーティング情報の最初の行を「Webex Teams Meeting への参加」に変更しました。

  • @spark ミーティング情報の「ビデオ アドレス」テキストのローカリゼーション。

8.8-1.0.4080

2017年5月1日水曜日

  • openJDK フレームワークは、今後の署名付きのコネクタ サポートに対して更新されました。 ベータ チャネルの openJDK アップデートが土曜の夜 (5 月 13 日)にスケジュールされました。 calendar connector はこの更新の後で、再起動されることにご注意ください。

8.8-1.0.3994

2017 年 4 月 10 日

  • 2 人のユーザーの間で直接スケジュールされた @spark 招待状に Cisco Spark スペースの URL が追加されるようになりました。

8.8-1.0.3984

2017年4月7日水曜日

  • @spark グループ ミーティング招待状に SIP の URI が追加されるようになりました。 (たとえば、12345678@meet.ciscospark.com)

8.8-1.0.3930

2017年3月22日水曜日

  • Expressway-C の [Calendar Connector] のステータス ページは、構成されたすべての Webex サイトの接続状況を示します。

  • マイナーなバグ修正と機能強化

8.11-1.0.235

2021 年 9 月 29 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.227

2021 年 9 月 15 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.218

2021 年 9 月 1 日

  • Identrust CA 署名済み証明書を既存の信頼済み CA 証明書リストに追加しました。

8.11-1.0.204

2021 年 8 月 11 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.321394

2019年4月9日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.321369

2019年3月25日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.321368

2019年3月7日水曜日

  • Cisco Webex から登録を解除するとき、Expressway から Java をアンインストールことによって生じる問題を回避できるようにしました。

  • (2 回目の試行) Expressway インターフェイスが、ある場合、コネクタ ソフトウェアがインストールされていないと誤って報告する問題を修正しました。

8.11-1.0.321365

2019年2月25日水曜日

  • Expressway インターフェイスが、ある場合、コネクタ ソフトウェアがインストールされていないと誤って報告する問題を修正しました。

8.10-1.0.321364

2019年2月14日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.11-1.0.321362

2019 年 2 月 7 日

  • Cisco Collaboration Cloud のブランディングを Cisco Webex クラウドに更新しました。

  • Expressway の将来のバージョンに関連して、新しい登録フローの準備を行いました。

8.10-1.0.321355

2019年1月14日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.321352

2018年11月16日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.321351

2018年11月12日水曜日

  • 信頼性を向上させました。

8.10-1.0.321350

2018年10月30日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.321349

2018 年 9 月 4 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.321348

2018年8月28日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.321345

2018年7月27日水曜日

  • コネクタ ホストが以前のバージョンの場合、サポートされているバージョンにアップグレードする必要があることを示すアラームが表示されます。Expressway の最小のサポートされているバージョンは新しい登録に対しては X8.11 で、既存の登録に対しては X8.10 です。

8.9-1.0.321344

2018年7月4日水曜日

  • コネクタがクラッシュする状況に対応するための修正を加えました。

  • Cisco Webex クラウドは、一部の構成情報を、それが収集したログとともに取得できるようになりました。 この情報は、お使いのシステムの問題を修正するための助けとしてのみ収集するもので、システムから取得する前に、すべての個人識別可能な情報とパスワードは削除します。

8.9-1.0.321342

2018 年 6 月 1 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.9-1.0.321341

2018/05/29

  • より詳細な情報を提供できるよう、一部のアラームの言葉遣いを修正しました (アクションも含みます)。

8.9-1.0.321340

2018年5月2日水曜日

  • Cisco Spark から Webex Teams にブランドを変更するのにともない、用語を更新しました。

8.9-1.0.321339

2018年5月1日水曜日

  • このメンテナンス リリースのリリース ノートはありません。

8.9-1.0.321338

2018年4月27日水曜日

  • 使用されていない CA 署名証明書を削除しました。

8.9-1.0.321333

2018年3月28日水曜日

  • コネクタ ページで、コネクタがまだ構成されていないとき [保存] ボタンを無効にします。

8.9-1.0.321331

2018年3月9日水曜日

  • ログのスナップショットを作成して Cisco に提出するときに、構成ファイルが含まれるように強化しました。

8.9-1.0.321330

2018年2月22日水曜日

  • xStatus CLI コマンドの新しいコネクタ運用ステータスを追加しました。 operational、impaired、outage です。

8.9-1.0.321322

2018年2月8日水曜日

  • ステータス スピナーのプロンプトは Expressway がクラウドに登録中に表示されます。 Expressway の構成と初回登録か否かによって、登録に最大 5 分かかります。

8.9-1.0.321319

2018年1月2日水曜日

  • このメンテナンス リリースのリリース ノートはありません。

8.9-1.0.321326

2017年11月30日水曜日

  • アラーム テキスト「Cisco Collaboration Cloud 管理者に連絡してください」は「まだエラーが残っている場合、admin.ciscospark.com を使用して、詳細な調査のケースを開きます」に置き換わります。

8.9-1.0.321314

2017 年 11 月 24 日

  • Expressway バージョンは、ハイブリッド サービスがまもなくサポートされなくなり、最新のバージョンに向けてアップグレードされる計画があることを示す新しい通知が追加されました。

8.9-1.0.321310

2017年11月14日水曜日

  • このメンテナンス リリースのリリース ノートはありません。

8.9-1.0.321305

2017年10月24日水曜日

Expressway Connector Host Support 文書へのリンクを追加しました。 バージョン サポートおよび最新の Expressway ソフトウェア構築をダウロードする方法について参照できます。

8.9-1.0.321303

2017年10月10日水曜日

  • このメンテナンス リリースのリリース ノートはありません。

8.9-1.0.321302

2017年10月2日水曜日

  • 最新のハイブリッド サービス文書へリダイレクトされるヘルプ リンクを更新しました。

8.9-1.0.321299

2017年9月21日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.9-1.0.321292

2017年8月10日水曜日

  • 前のコネクタのリリースにロールバックするときの確認ダイアログ ボックスを追加しました。

8.9-1.0.321288

2017年7月31日水曜日

  • マイナーなバグ修正と機能強化

8.9-1.0.321284

2017年7月20日水曜日

  • ハイブリッド サービス リソースからノードを削除する前に、ローカルに登録解除を確認する機能を追加しました。

  • バグフィックス

8.8-1.0.321279

2017年7月7日水曜日

  • メンテナンス モードがクラウドから有効に設定され、ノードが Expressway クラスターから削除されるときに、クラスターからノードの登録を解除するためのボタンを追加しました。

  • ロールバック機能の確認ステップを追加しました

  • クラウドで登録する前に、管理コネクタの最新バージョンをダウンロードしてインストールする手順を追加しました

8.8-1.0.321275

2017年7月4日水曜日

  • 管理者がパスワード リセット メールを受け取った問題を修正しました。

8.8-1.0.321273

2017/06/28

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.8-1.0.321271

2017年6月21日水曜日

  • マイナーなバグ修正と機能強化

8.8-1.0.321267

2017年6月13日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.8-1.0.321263

2017 年 5 月 24 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.8-1.0.321257

2017年5月18日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.8-1.0.321255

2017年4月26日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.8-1.0.321254

2017年4月24日水曜日

  • ログの送信では常に、ユーザーにエラー メッセージが表示されていたという問題を解決しました。

  • メンテナンス モードのサポート

8.8-1.0.321252

2017年4月20日水曜日

  • バグフィックス

  • アラームのアップグレードに関する言い回しを改善

8.8-1.0.321250

2017年4月7日水曜日

  • クラッシュに関連するアラームは、ハイブリッド サービス コネクタ管理ページのコネクタのステータス表に含まれなくなりました。

8.8-1.0.321248

2017年3月30日水曜日

  • 安定性を改善しました。

8.8-1.0.321245

2017年3月14日水曜日

  • マイナーなバグ修正と機能強化

8.8-1.0.321240

2017年3月8日水曜日

  • 管理対象のハイブリッド サービス証明書に DigiCert 最上位認証局を追加しました。

  • バグ修正と改善

8.8-1.0.321235

2017年3月1日水曜日

  • Expressway は管理コネクタが追加されていることを示す証明書を表示するようになりました。

  • バグ修正と改善

8.10-1.0.8097

2021 年 11 月 5 日

  • マイナーなバグ修正と改善

8.10-1.0.1385

2021 年 10 月 28 日

  • メッセージ コネクタが、Jabber と政府機関の顧客向け Webex の Webex アプリ間の相互運用をサポートするようになりました。

8.10-1.0.1382

2021 年 10 月 20 日

  • IM & Presence でユーザーのメール アドレスが変更されると、メッセージ コネクタによって検出され、Webex サービスに通知してユーザーを再アクティベートできるようになりました。

8.10-1.0.1379

2021 年 9 月 23 日

  • IM & Presence への AXL 接続で顧客により発見された問題を修正しました。

8.10-1.0.1373

2021 年 8 月 3 日

  • CSB を 2.x から 3.x にアップグレードしました。

8.10-1.0.1354

2021 年 7 月 12 日

  • コネクタがアップグレードされ、Jabber ユーザーに @ Webex として Webex アプリ ユーザーの在席状態が表示されるようになりました。

8.10-1.0.1348

2021 年 6 月 23 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.1346

2021 年 6 月 1 日

  • クラウド サービスの中断に対するコネクターの耐障害性を向上させました。

  • ホストの Expressway でメモリ リークの原因となっていたコネクターのスレッド処理の問題を修正しました。

8.10-1.0.1332

2021 年 5 月 11 日

  • コネクタの CPU メトリックスに関する問題を修正しました。

  • Expressway ホストでのメモリ ヒープ ダンプの問題を修正しました。

8.10-1.0.1321

2021 年 4月 19日

  • コネクタのメモリ メトリックスを改善しました。

8.10-1.0.1320

2021/04/12

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.1316

2021 年 3 月 30 日

  • Message Connector と対応する Webex マイクロサービスとの CORS(Cross-Origin Resource Sharing)の互換性を改善しました。

8.10-1.0.1311

2021 年 3 月 9 日

  • メッセージ サービスのトラブルシューティングの詳細情報を拡充しました。

  • ログ記録が改善されました。

  • 最新の会話アクティビティを取得する際の問題を修正しました。

  • Expressway ホストのシャットダウン時に、メッセージ コネクタの正常なシャットダウンが妨げられる問題を修正しました。

8.10-1.0.1300

2021 年 3 月 2 日

  • お客様の問題のトラブルシューティングを改善するためにメトリックを強化しました。

8.10-1.0.1298

2021 年 2 月 15 日

  • Key Management Server ライブラリのキー暗号化の潜在的な問題を修正するために、CSB をアップグレードしました。

8.10-1.0.1292

2021 年 1 月 25 日

  • 設定グループにフェデレーション設定を統合しました。

  • Webex にログインしていないユーザーの在席状態が在席中と表示される問題を修正しました。

8.10-1.0.1286

2021年1月4日水曜日

  • 接続アラームの改善。

  • Java Development Kit (JDK) 11 のサポートを追加しました。

8.10-1.0.1282

2020年12月7日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.1279

2020年11月30日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.1275

2020年11月9日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.1262

2020/10/27

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.1252

2020年10月19日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.1249

2020/10/13

  • XCP セッションの失敗の問題を修正しました。

8.10-1.0.1227

2020年10月5日水曜日

  • マルチサーバー展開の AXL ステータス接続問題を修正しました。

  • 会話の質を向上しました。

  • XCP セッションの新しいメトリクスを追加しました。

8.10-1.0.1214

2020年9月28日水曜日

  • 会話の質を向上しました。

8.10-1.0.1209

2020/09/21

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.1208

2020 年 9 月 14 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.1202

2020年9月3日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.1200

2020年8月31日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

  • IM&Pでの接続の問題を解決しました

8.10-1.0.1197

2020年8月24日水曜日

  • IMP クラスター間でユーザーが移動する際の問題を修正しました。 メッセージ コネクタはこれを検出して、Webex Teams クラウドに更新されたクラスター情報を送信します。

  • ログ記録の強化。

8.10-1.0.1180

2020年8月5日水曜日

  • XCP および JSM セッションのログ記録の強化。

  • 会話の質を向上しました。

8.10-1.0.1164

2020年7月27日水曜日

  • ログ記録の強化。

8.10-1.0.1152

2020/07/20

  • メッセージとプレゼンスのログ記録を改善しました。

8.10-1.0.1137

2020年7月6日水曜日

  • AXL 監査、XCP、および JSM セッションのログ記録の強化。

8.10-1.0.1098

2020年6月11日水曜日

  • AXL 接続がダウンしている場合に AXL 接続の問題を示すメッセージ サービス ステータス情報ページを更新しました。

8.10-1.0.1087

2020 年 6 月 4 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.1080

2020 年 5 月 26 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.1079

2020年5月7日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.1074

2020 年 4 月 30 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.1064

2020年4月16日水曜日

  • メッセージ コネクタの更新後に断続的なクラッシュが発生する顧客の問題を修正しました。

8.10-1.0.1063

2020 年 4 月 7 日

  • メッセージ サービス ステータス情報ページを更新して、72 時間の新しい在席状態の切り替えを表示しました。

8.10-1.0.1062

2020年4月2日水曜日

  • 在席状態の「退席中」から「オフライン」への切り替えが拡張されました。

  • 暗号化のヘルス モニタリングを改善しました。

8.10-1.0.1059

2020年3月26日水曜日

  • 暗号化に関するヘルス モニタリングを改善しました。

8.10-1.0.1057

2020年3月19日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.1055

2020年3月5日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.1050

2020年2月26日水曜日

  • プロキシの後の展開で暗号化キーを取得する際の顧客の問題の修正を改善しました。

8.10-1.0.1048

2020年2月20日水曜日

  • プロキシの後の展開での暗号化キー取得の修正を更新しました。

8.10-1.0.1046

2020年2月12日水曜日

  • プロキシの後の展開での暗号化キー取得の顧客の問題を修正しました。

  • IM&P サーバーのスケジュールされたポーリングを改善しました。

  • メッセージ サービス コネクタのハートビート接続での顧客の問題を修正しました。

8.10-1.0.1033

2020/01/27

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.1029

2020年1月17日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.1017

2019/12/09

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.1016

2019 年 11 月 25 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.1010

2019年11月6日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.951

2019年10月11日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.941

2019年9月10日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.921

2019 年 7 月 23 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.910

2019年7月9日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.884

2019年6月24日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.876

2019年6月6日水曜日

  • Teams から Jabber へのメッセージ送信に失敗した場合の新しいアラーム。

8.10-1.0.862

2019 年 5 月 24 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.860

2019年5月22日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.832

2019年5月3日水曜日

  • Jabber から確認できるように、ハイブリッド メッセージ サービス ユーザーの在籍状態は、ユーザーが「@ Cisco Webex Teams」であり、通常オレンジか緑のドットであることを示します。 在籍状態のオーバーレイが赤 (取り込み中) の場合、追加のテキストは表示されません。

  • データ近傍性機能の次の段階の準備を続けます。

8.10-1.0.829

2019 年 4 月 26 日水曜日

  • Jabber から Teams へのメッセージ送信に失敗した場合の新しいアラーム。

  • ユーザー割り当ての改善。

8.10-1.0.824

2019年4月15日水曜日

  • Teams から Jabber への在籍状態のマッピングを延長します。 ユーザーが Teams で「応答不可」に手動で設定する場合、Jabber の在席状態は 10 分以内に自動的に更新されます。

  • Webex Teams データ近傍機能の次の段階に関して、メッセージ コネクタを準備します。

8.10-1.0.815

2019 年 4 月 5 日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.807

2019年3月29日水曜日

  • IM およびプレゼンス サービスのサポート対象外のバージョンが検出された場合には、新しくアラームが出されるようになりました。

  • サービス性が向上しました。

8.10-1.0.793

2019 年 3 月 22 日

  • メッセージ コネクタのロジックに関連した問題を修正しました。

8.10-1.0.781

2019年3月15日水曜日

  • IM および Presence パブリッシャーのユーザーをコネクタが検出するのを妨げる原因となっていた問題を修正しました。 この問題は、以前のメッセージ コネクタのバージョンではアラーム ID 60612 として示されていました。

8.10-1.0.780

2019年3月14日水曜日

  • どのユーザーにもプロビジョニングが行われていないときに、コネクタのステータスが「初期化中」と報告される問題を修正しました。

  • XMPP 接続がドロップすることがあるという問題を修正しました。

8.10-1.0.776

2019年3月12日水曜日

  • プレゼンス変更のロギングを強化しました。

  • セキュリティを向上させました。

8.10-1.0.771

2019年3月7日水曜日

  • まもなく実装される、Cisco Webex Teams のデータ ローカリティ機能の第 1 段階のために、メッセージ コネクタの準備を行いました。

8.10-1.0.751

2019/03/01

  • プレゼンス更新コードのリファクタリングによって、パフォーマンスを改善しました。

  • Webex からの HTTP エラー 503、サービス利用不可に対し、接続を再試行するようになりました。

8.10-1.0.747

2019年2月27日水曜日

  • ホストの Expressway 上でのメッセージ コネクタの診断を支援するために、「hybridservices.messageconnector」というモジュール名でフィルタリングを追加しました。

  • セキュリティを向上させました。

8.10-1.0.743

2019 年 2 月 26 日

  • 一部の会話での、Teams から Jabber へのメッセージに関する潜在的な問題を修正しました。

  • コネクタのスタートアップ時に予想していないロギングが行われる問題を修正しました。

8.10-1.0.739

2019/02/22

  • 初期試験で、JSON 解析レース状態が検出される問題を修正しました。

  • ロギング機能を強化しました。

  • ユーザー割り当てでカスタマーを検出することに関連した問題を修正しました。

  • セキュリティを向上させました。

  • エラー ハンドリングを改善しました。

8.10-1.0.718

2019 年 2 月 15 日

  • コネクタのロギング機能を強化しました。

8.10-1.0.700

2019年2月4日水曜日

  • IM と Presence ノードの接続での AXL 構文エラーに新しいアラームを追加しました。

8.10-1.0.688

2019/01/31

  • 削除された IM と Presence セッションが原因の、Teams から Jabber へのメッセージの問題を修正しました。

8.10-1.0.680

2019年1月23日水曜日

  • Webex Teams からのインバウンド メッセージ リンクにメトリクスを追加しました。

8.10-1.0.667

2019年1月21日水曜日

  • Webex Teams USS クライアント ライブラリを更新しました

  • 接続が中断された後の、Webex Teams への再接続に関連した問題を修正しました。

  • ユーザー監査に対し、ユーザーの XMPP セッションを要求したのに存在しない場合、それを再作成する機能を追加しました。

  • IM および Presence ノード上でのフェイルオーバー/フェイルバック イベント中の AXL ポーリングとユーザー監査を減らすことにより、スケーラビリティを向上させました。

  • 不必要なセッション割り当てを防止することにより、ユーザー監査の速度を向上させました。

  • IM および Presence クラスターで、メール ID が重複している場合に、Control Hub でエラー状態にあるユーザーを表示するようになりました。

8.10-1.0.665

2019 年 1 月 16 日水曜日

  • パフォーマンスを向上させるため、Key Management System (KMS) リクエストの頻度を減らしました。

  • KMS とのコミュニケーションをより強固なものにしました。

  • 解決されていない IM および Presence ホストへの接続試行に対するエラー ハンドリングを改善しました。

  • コネクタのタスクを最適化して、パフォーマンスを向上させ、回復時間を短縮しました。

  • 資格のあるユーザーに対して Control Hub 組織が存在するかどうかをチェックすることにより、品質メトリックを改善しました。

  • ユーザーセッションの作成を改善しました。

8.10-1.0.630

2018年12月11日水曜日

  • このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

8.10-1.0.623

2018/11/30

  • ユーザー検出のスピードを向上させました。

  • ハイブリッド メッセージ コネクタから Unified CM IM および Presence に接続する際に生じていた AXL タイムアウトの問題を修正しました。

  • メッセージ コネクタが Cisco Webex クラウドにヌル クラスターを送信していた問題を修正しました。

8.10-1.0.598

2018/11/14

  • AXL アラームがクリアされても続く、間欠的な問題を修正しました。

  • コネクタが IM および Presence ノードの自動フェイルオーバーに応答できるようにして、メッセージ サービスの高可用性を向上させました。

  • Unified CM IM および Presence への AXL 接続でのタイムアウト時間を短くしました。

8.10-1.0.593

2018 年 11 月 9 日

メッセージ コネクタ - Jabber と Webex Teams の間のメッセージ相互運用を有効にしました。 Webex Teams または Jabber からのインスタント 1-1 メッセージに応答します。

c_serab_8.11-1.626

2019/03/11

このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

c_serab_8.11-1.611

2019 年 2 月 20 日

管理対象デバイスの最大数に関する制限に関する以前の記述を削除しました。 制限は、以前はほぼ 15 台のデバイスでしたが、現在では、Serviceability Connector ごとに最大 150 台の管理対象デバイスをサポートしています。

c_serab_8.11-1.576

2019年1月21日水曜日

このメンテナンス アップデートのリリース ノートはありません。

c_serab_8.11-1.573

2019 年 1 月 16 日水曜日

Serviceability Connector の最初のリリースです。

このコネクタは、Cisco のテクニカル アシスタンス スタッフが、インフラストラクチャに存在する問題の診断を行うスピードを向上させます。 診断ログと情報を見つけ、取得してサービス リクエスト (SR) に保存し、診断署名に基づいて分析をトリガーするタスクを自動化して、TAC がオンプレミス装置に関連した問題を効率的に識別して解決できるようにします。

Serviceability Connector は、ネットワークの Expressway (「コネクタ ホスト」) にホストされる小さなソフトウェアです。 TAC が Cisco Webex を通して開始したリクエストを受信し、オンプレミス装置の API を使用して、リクエストされたデータを収集します。 それから、リクエストされたデータをセキュアに SR ファイル ストアにアップロードします。データはそこでサービス リクエストにアタッチされます。

管理対象デバイス

Serviceability Connector 機能は以下のデバイスで使用可能です。

  • Cisco Unified Communications Manager

  • Cisco Unified CM IM およびプレゼンス サービス

  • Cisco Expressway シリーズ

  • Cisco TelePresence Video Communication Server (VCS)

関連資料

1ベータ リリースは「現状のまま」提供されます。 Cisco は、明示的、暗黙的、あるいは法的のいずれであるかを問わず、ベータ リリースに関連するいかなる保証も行わないものとします。 特に、Cisco は、商品性、非侵害性、および特定目的への適合性の保証、あるいは取引、使用、または商慣行の遂行に起因する損害などについて、いかなる暗黙的な保証も行わないものとします。