XML API 39 および XML API 11 の詳細については、「Cisco Webex Meetings XML API の更新概要 (XML API 39 以前)」を参照してください。

XML API 40 の詳細については、「Cisco Webex Meetings XML API の更新概要(XML API 40 以降)」を参照してください。

XML API 41 の詳細については、「Cisco Webex Meetings API の更新概要 (API 41)」を参照してください。

XML API 11 SP9 以前の更新については、「Cisco DevNet」に移動してください。

API 42.1.0 更新

XML API 42.1.0 更新

こちらをクリックして、XML API 42.1.0 スキーマをダウンロードします

次の両方の XML API でビジネス ロジックが変更されました: LstSummarySession および GetSessionInfo 、次の応答要素: enableEvent および enableWebniar

影響を受ける API とスキーマの変更

XML API: LstSummarySession および GetSessionInfo(次の応答要素: enableEvent および enableWebniarについて) では、ビジネス ロジックが次のように変更されました。

  • もし enableEvent が true の場合、ミーティングは Webex ウェビナーであり、false の場合は Webex ウェビナーではありません。

  • もし enableEvent が true で、 enableWebniar が true または false の場合、true はウェビナーの出席者が表示のみの権限を持つことを意味し、false はウェビナーの出席者が表示のみの権限に制限されないことを意味します。

  • もし enableEvent が false の場合、 enableWebniarの応答には意味がありません。

スキーマの変更

スキーマは変更されません。

影響を与える API:

  • LstSummarySession

  • GetSessionInfo

次の XML API で、1 回の API コールで登録できる上限を追加します: CreateMeetingAttendeeRegisterMeetingAttendee

影響を受ける API

次の両方の API で、1 回の API コールで登録できる上限を 50 にしました: CreateMeetingAttendee および RegisterMeetingAttendee.

出席者数を登録するクライアントの 1 回の API コールが 50 を超える場合、次の API 応答エラー コードとメッセージが表示されます。

「040015 1 回の API コールで制限を超える出席者数を登録しました」

API のスキーマ変更

スキーマは変更されません。

API リクエストと応答の例

CreateMeetingAttendee および RegisterMeetingAttendee API リクエストと応答 次への応答: CreateMeetingAttendee

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<serv:message
    xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
    xmlns:serv="http://www.webex.com/schemas/2002/06/service"
   xsi:schemaLocation="http://www.webex.com/schemas/2002/06/service
   http://www.webex.com/schemas/2002/06/service/service.xsd">
    <header>
        <securityContext>
            <webExID>host1</webExID>
            <password>xxxxxx</password>
            <siteName>testsite</siteName>
        </securityContext>
    </header>
    <body>
        <bodyContent xsi:type="java:com.webex.service.binding.attendee.CreateMeetingAttendee">
            <person>
                <name>test001</name>
                <email>test001@test.com</email>
            </person>
            <sessionKey>987654321</sessionKey>
            <attendees>
                <person>
                    <name>test002</name>
                    <email>test002@test.com</email>
                </person>
                <sessionKey>987654321</sessionKey>
            </attendees>
            ...
            ..
            <attendees>
                <person>
                    <name>test051</name>
                    <email>test051@test.com</email>
                </person>
                <sessionKey>987654321</sessionKey>
            </attendees>
        </bodyContent>
    </body>
</serv:message>

次への応答: CreateMeetingAttendee

<serv:message xmlns:serv="http://www.webex.com/schemas/2002/06/service"
              xmlns:com="http://www.webex.com/schemas/2002/06/common"
              xmlns:att="http://www.webex.com/schemas/2002/06/service/attendee">
    <serv:header>
        <serv:response>
            <serv:result>FAILURE</serv:result>
            <serv:reason>Register attendee number over limit in one API call: 50</serv:reason>
            <serv:gsbStatus>PRIMARY</serv:gsbStatus>
            <serv:exceptionID>040015</serv:exceptionID>
            <serv:value>50</serv:value>
        </serv:response>
    </serv:header>
    <serv:body>
        <serv:bodyContent/>
    </serv:body>
</serv:message>