Webex Assistant for Meetings はどこにありますか?

Webex Assistant は、Meetings のデスクトップ アプリ、モバイル アプリ、Web アプリで利用できます。 41.5 のアップデートから、Events (新)ウェビナー モードが Webex Assistant に対応します。 41.7 の更新で、Webex AssistantWebex アプリでも利用できるようになります。スペースから開始または参加したミーティングでは Webex Assistant はサポートされません。

お使いの Webex サイトとユーザーは、Cisco Webex Control Hub にリンクされているか Control Hub で管理されていて、Cisco Webex ビデオ プラットフォーム バージョン 2.0 を使用している必要があります。その際にビデオ システムからのミーティングが有効になっている必要があります。 使用しているバージョンを確認するには、「お使いの Cisco Webex Meetings のバージョン番号を確認する」を参照してください。

Webex 管理者はいつでも Webex Assistant を有効または無効にすることができます。 Webex Assistant for Meetings はデフォルトで有効になっています。 ミーティングまたはウェビナー中に主催者は Webex Assistant をオンまたはオフにすることができます。

サイトがすべての ミーティング および イベント プランに対して Webex Assistant をサポートしていない場合、Webex 管理者はライセンス割り当てから、Webex Assistant for Meetings を組織、Webex サイト全体、特定のユーザーにプロビジョニングできます。 Webex 管理者はいつでも Webex Assistant を有効または無効にすることができます。 Webex Assistant for Meetings はデフォルトで有効になっています。 ミーティングまたはウェビナー中に主催者は Webex Assistant をオンまたはオフにすることができます。

Webex Assistant はグローバルにご利用いただけます。 Webex Assistant は政府版 Webex では利用できません。

現在 Webex Assistant で正確に書き起こせるのは英語の会話のみです。

プライバシー

Webex Assistant for Meetings を設定する方法

Webex Assistant for Meetings の使い方