Webex Assistant は Cisco Webex Meetings で利用できます。 41.5 の更新から、最大 3000 人のユーザーをサポートするプランおよび最大 1000 人のユーザーをサポートするアドオンとして、Webex Events (新規) ウェビナー モードでも利用できます。

この機能には、ビデオシステムから会議に参加できる Cisco Webex ビデオプラットフォームバージョン 2.0 が必要です。 使用しているバージョンを確認するには、「Cisco Webex Meetings のバージョン番号を確認する」を参照してください。

Webex サイトで Webex Assistant が有効になっている場合、ミーティング主催者はミーティング中に Webex Assistant をオンまたはオフにすることができます。 ミーティングの開始時、常に Webex Assistant をオンにする場合は、[スケジュール] 設定の [Webex Assistant] オプションをオンにします

1

あなたが主催者で、コンテンツが表示されている場合は、「Webex ミーティングのコンテンツが利用可能です」という内容のメールを受け取ります。 メール中の[ミーティング コンテンツの表示] を選択します。

ミーティングのコンテンツはメールで利用できます

主催者がミーティングまたはイベントのコンテンツをあなたと共有している場合、メールには「<Host name> が Webex ミーティングのコンテンツをあなたと共有しました」と書かれています。

Webex サイトの [ミーティングのコンテンツ] ページが開きます。

ミーティング コンテンツ ページ
2

ミーティングまたはウェビナー中にミーティングまたはウェビナーのハイライトが記録されている場合は、[ハイライト] タブからアクセスすることができます。 ミーティングまたはウェビナーが録画された場合は、[議事録] および [録画] タブからミーティングの議事録と録画にそれぞれアクセスすることができます。

ミーティングまたはイベントに参加している人の詳細を確認したい場合は、参加者のリストでそのプロファイル画像を選択して、People Insights プロファイルを表示します。


利用可能になった後で Webex サイトからミーティングまたはウェビナーをコンテンツに直接、移動することもできます。 左ナビゲーションバーの [ミーティング] に移動し、[過去] タブを選択します。

[過去] タブ

ミーティングまたはウェビナーを見つけて選択します。

リストにミーティングまたはウェビナーが表示されない場合、主催者はミーティングまたはウェビナーのコンテンツをあなたと共有していません。

あなたが主催者で、コンテンツが表示されている場合は、「Webex ミーティングのコンテンツが利用可能です」という内容のメールを受け取ります。 Webex サイトおよびモバイル アプリからミーティングまたはウェビナーのコンテンツを表示することができます。

1

モバイル アプリのホーム ページで左にスワイプして、[過去] タブをタップします。

2

ミーティングまたはウェビナーをタップしてミーティングまたはウェビナーの [情報][ハイライト][議事録][録画] を表示します。